堀之内のちょんの間で肛門をベロンベロンされた

この体験談は約 3 分で読めます。

俺は学生の頃から風俗が大好きで、結婚した今でもたまに行ってる。
社会人になってからしばらくは週に2回くらいのペースで、ピンサロ・ヘルス・デリヘル・ソープを中心に色々通ってた。

ある時、同期の転勤先である東京に1週間出張することになった。
俺の出張を聞きつけた同期が、『おい、絶対にどっかで1日付き合えよ。すごいところを見つけたから連れてってやるよ』とメールを寄越してきた。

同期が連れて行ってくれたのは川崎堀之内。
いわゆる“ちょんの間”だった。
地元にも有名な飛田新地ってのがあるけど、なんだか恐ろしくて行ったことがなかった。

2人で物色しながら歩いてると、「飛田は日本人も結構多いけど、ここはほとんどが中国が台湾から来た女ばっかりだ」と言ってた。

確かに顔立ちが日本人と若干違ったかな。
あと町並みが異様だった。
一角のほとんどが、ホテルとソープと飲み屋という印象だった。

直に飲み屋だと思ってた建物が、どうやらそのちょんの間だということに気づいた。
ガラス張りの長屋みたいなところで、派手な服装の女がこっちをジロジロ見てた。
俺はそういう異空間というか別世界というか、そういうので興奮するから、歩いてるうちに勃起してきた。
中にはあり得ないくらい太ったオババもいたけど、大体がエロくてそそる顔と体をしていた。

「じゃあ終わったらあそこのコンビニで待ち合わせってことで」

ってことで同期と別れて色々見て回っていると、物凄くエロい体をした女を見つけた。
話してみて分かったが、彼女は中国人だった。

「チンポ欲しい」
「お尻ペロペロ」
「生でいいよ」

などと俺の琴線をくすぐる単語を連発してたから、とりあえず試してみようと建物に入った。
なんか畳張りの部屋に通されて、お茶出された。
すぐに「服を脱げ」と言われたんだけど、そこからが凄かった。

とりあえず下だけ先に脱いだんだけど、迷わず即尺。
仁王立ちフェラ状態で上着脱いでる俺。
ちなみに夏だったんで結構臭かったと思う。
女がめっちゃくちゃ深くストロークするもんで、あっという間にビンビンに。
(すげーな)と思いながら上も裸になったら、「玉は?」って聞いてくる。
当然、お願いした。
床に尻をつき、M字開脚状態で舐められ放題。

俺、玉を舐められるよりも肛門を舐められるほうが好きなんで、ちょっと腰を浮かしてみたら、膝の裏をガッと掴まれて、女が肛門に吸い付いてきた。
これは凄かった。
アナル舐めOKの店でも、やっぱり最初は洗ったり、少なくとも拭くもんだと思う。
でも全く何もしない状態で徹底的に舐め回す。
チンポを吸ったかと思えばアナル舐めをしてきて、まさに舌の休まる暇がない感じ。

俺はSじゃないけど、なんか女を滅茶苦茶に扱ってるという状況に凄く興奮してきた。

(この子は何してもいい子だ)

そう判断した俺は、女を仰向けにすると、ウンコ座りで顔の上に跨がった。
案の定、ベロンベロン舐めてくれた。
最高に気持ちよかった。

この時点で女はまだキャミソールを脱いでなかった。
で、脱がしたら体も最高にエロかった。
胸は服の上から想像してたより遥かにデカくて柔らかい。
そしてウエストも細かった。
佐藤江梨子が脱いだらこんな感じだろうな、みたいな。

とりあえず後ろに回って胸を鷲掴みにして感触を楽しんだ後、いきなり挿入してやった。
もちろん生で。

(誰にでもこんなことやってんだろうなあ。病気がやべーか?)

一応そこまでは考えたけど、欲望には勝てなかった。
相当興奮してたせいもあって、いきなり出そうになる。
この時点ではもう(中に出す!)って勝手に決めてた。

「中に出すよ?」

聞くと女が首を横に振った。

「え、いいよね?」ともう1回聞くと、意味が分かってるのか分かってないのか、今度は首を縦に振った。

その瞬間に中出ししてやった。
たぶん相当出たと思う。
賞味20分くらいだったと思うけど、俺の人生の中で一番気持ちいいセックスだった。

その後、同期と合流して川崎で飲んだんだが、同期はスカったらしい(笑)
結局、俺は翌日も同じ子にケツを舐めてもらって中出しした。

今はあの辺は取締りで潰されたらしいけど、もう一度あの子に会いたいなと思う。

タイトルとURLをコピーしました