ノーブラでの乳首見せは営業努力だったのだろうか?

この体験談は約 3 分で読めます。

俺はGWに博多旅行し、柳川でどんこ舟に乗った。
どんこ舟とは10人乗りくらいの舟で、街の浅い堀を1周するという観光のイベント。
ぽかぽか陽気の中、1時間くらい舟に揺られ、街を巡り、まったりと楽しむ。
どんこ舟の乗客が舟から買えるよう、堀にせり出したデッキのような売店まである。

そこで舟に乗ってたら、堀まで降りる階段のところで、水に足を入れてる女性がいた。
綺麗な水とは思えないが、水に足を入れて涼んでるというか、のほほんとしてた。
裸足で、黒いシンプルなノースリーブのワンピースで、石川梨華みたいなイメージの女性だ。

石川梨華似は黒いワンピースをたくし上げ、太もも丸出しで水をぴちゃぴちゃしてた。
大学生くらいの感じだ。
また妹みたいな感じで、小学校低学年くらいの女子もいて、その子は完全にパンツ丸出しだった。
黒ワンピの石川似は他人の目もはばからず、スカートをかなりたくし上げていた。

俺は親と一緒だったから、本当に目のやり場に困った。
でも幸い、親は石川似を背にして座ってたから、俺は見続けた。
大学生くらいの女性なのに、黒ワンピはかなりたくし上げられ、ついに真っ白なパンツが見えた。
というか、見えるに決ってるだろ。
本人もわかってるはずなのに、他人の目を気にしてない。
ワカメちゃんのように常時パンチラしながら、妹みたいな女の子と水を蹴って笑ってる。

胸チラはこの後。
どんこ舟が終わり、親は著名人の記念館みたいなとこに行ったから、俺は1人で街を歩いた。
さっき石川似がいた辺りを探し、運良く彼女と妹(?)を見つけた。

石川似は、食事処というか、そんな店に入っていった。
俺は何回か店の前を通って覗いていると、しばらくして石川似はエプロンをして店内に立った。
ノースリーブの黒ワンピに、エプロンだ。

俺は店に入り、テーブルにつき、瓶ビールと摘みを頼んだ。
女の店員は2人いて、石川似じゃないほうの店員が注文を取りに来た。
白いリブ素材のタンクトップに大人っぽいスカートで、20代後半くらいの感じ。
綺麗だった。
直感で石川似の姉だと思った。
(ここまで書いてて気付いたが、小学生の女子は妹ではないな。年が離れ過ぎてる。親戚かもしれない)

その白タンクの女性は注文をとるとき、前屈みになった。
ノーブラで汗ばんだ潤いのある白い胸が露わになり、色の薄い乳首が見えた。
白タンクの女性は、俺は遠くから注文したのに、わざわざ俺のテーブルに来て伝票を書いた。
そのときノーブラの真っ白な小さめの胸が見え、さらに乳首が見えた。
瓶ビールを持って来たときは屈まなかったため見えなかったが、追加で注文すると、また前屈みで伝票を書き、そのときは乳首が見えた。

次の瓶ビール追加では、黒ワンピの石川似が来て、また伝票を書くときに乳首が見えた。
これも小ぶりで、瑞々しい感じの色白。
乳首の色はかなり肌色に近い薄桃色だった。
俺は2人が姉妹だと確信した。

スカートをたくし上げ、パンツを見せての水遊び、姉妹揃ってノーブラ&乳首見せ。
これは、この店の営業努力なのか?
俺が乳首を見てることも、絶対にバレてると思う。

俺も田舎者だが、田舎の観光地ならではの、なんかよく分からない妖しい健気さみたいなものを感じた次第。
柳川、また行きたい。

タイトルとURLをコピーしました