お隣の奥さんが上玉すぎて別れられない

この体験談は約 4 分で読めます。

嫁がお父さんの入院の関係で2週間実家へ帰っている最中、結ばれてしまった。
きっかけはこうだった。
仕事が終わり家に帰りスーツを脱いで着替えている時、チャイムが鳴りパンツ一丁で出ると、隣の奥さんだった。

俺「こんな格好ですみません。どうかしました?」

奥さん「夕食を作ったんですけど、旦那が急遽出張になったので食べませんか?奥さんから実家に帰ると聞いていたので・・・不自由かと思い・・・」

俺「いいんですか?喜んで頂きます」

奥さん「じゃあ着替えたら家に来てください」

何も考えずに隣宅へ行った。
すると奥さんはエプロン姿で用意をしていた。
用意が出来て、向かい合わせで食べることに。
最初は奥さん宅で2人っきりでの食事に緊張していた。
料理がすごく美味しい。

俺「すごく美味しいですよ。嫁の料理より。こんな美味しい料理を毎日食べれる旦那さん羨ましいですね」

奥さん「そんなお世辞言わなくても」

俺「お世辞じゃないですよ。旦那さんが羨ましいですよ。美味しい料理は食べれるし、奥さんも綺麗だし」

奥さん「そんなことないですよ。中村さん夫婦(仮名)も仲いいじゃないですか?奥さんが羨ましいですよ。あっちの方もお盛んだし。旦那さんイケメンだし。マンション内でも他の奥さんたちから、『中村さんってかっこいい』って評判ですよ」

俺「お盛んって?」

奥さん「夫婦の裸の営みですよ。奥さんの甲高い声がたまに聞こえますよ。何分も聞こえると、こっちまで興奮します」

俺「聞こえるんですか?嫁が求めてくるので、ついつい(笑)。奥さんも旦那さんとお盛んでしょ?」

奥さん「そんなことないですよ。月に1回、あるかないかです」

お互いビール飲みながら下ネタが続いた。
食卓からソファーに移動してテレビを観ていると、奥さんが隣へ座ってきた。
ドキドキした。
すると奥さんが手を握ってきた。

奥さん「年上の女は嫌い?」

俺「えっ!どういうことですか?」

奥さん「奥さんにしてるように激しく・・・私じゃダメ?」

俺「ダメじゃないけど、本当にいいんですか?」

奥さん「前から中村さんのことが気になって、私も奥さんのように激しく抱いて、私を慰めて」

俺は心の中でガッツポーズした。
背も高く、スタイルも顔もモデル並みに綺麗。
嫁のちょいポチャ&貧乳(Bカップ)に比べてスタイルも抜群。
マンション内でも飛び抜けて綺麗で、今までこんな綺麗な人を抱いたことはなかった。

俺「本当にいいんですね。俺、今までエッチした中で、あなたほど綺麗な女性は初めてですよ」

奥さん「中村さんに抱かれたいの。さっき中村さんの家に行った時から、中村さんのパンツの中身が気になって頭から離れないの」

奥さんは我慢出来ないのか、キスをしてきて舌を絡めてきた。
舌に吸い付いたりと、かなりキスが上手い。
奥さんに服を脱がされ上半身裸になると、乳首を弄られ、長い舌で乳首を舐められた。
乳首を舐められて、こんな気持ち良いのは初めてだった。

思わず、「アーアー気持ちいい」と声が出てしまった。

すると奥さんは、「もっと気持ち良くしてあげる」と言い、ズボンを脱がされた。

すでにパンツの中は奥さんの舌テクでフル勃起。
奥さんはパンツの上から触りながら・・・。

奥さん「すごい、もうこんなに大きくなってる」

俺「奥さんの舌が気持ち良くて」

奥さん「じゃあもっと気持ち良くしてあげる」

パンツを脱がされた。
すでにギンギンでガマン汁も出ている。

奥さん「思ってたより大きくて太い。だから奥さんがあんなに喜ぶのね」

そう言って舐めてきた。
フェラもかなり上手く、舐めながら上目遣いで顔を見てくる。
舐め方も丁寧でじっくり舐めてくる。
カリ首→竿→キンタマ→ケツの穴まで音を出して舐めながら、唾液をチンポに垂らして手コキされた。
こんな気持ちいい責めは初めてだった。
すぐにイキそうになる。
本当にヤバくなったので攻守交替。

今度は俺が奥さんの服を脱がす。
赤のお揃いの下着で、パンティは紐パンで前部は透けている。
負けじと時間をかけてゆっくりと愛撫した。
ブラの上から優しく揉みながらブラを取ろうとすると・・・。

奥さん「恥ずかしいから電気消そう」

俺「奥さんのすべてが見たいから明るいままで」

奥さん「恥ずかしいけど、中村さんがそう言うなら好きにして」

キスをしながらブラを外し、タグを確認する。
『Fの65』だった。
しかも32歳なのに垂れてなくて、乳首も綺麗。
乳首を触りながら耳元で、「嫁よりおっきくて乳首も綺麗だよ」と囁くと・・・。

奥さん「今は奥さんのことを考えないで。怜子だけを見て」

このとき奥さんの名前が怜子だと初めて知った。
上半身を舐め回し、ついにパンティを脱がすと、奥さんは目を閉じて恥ずかしそうに・・・。

奥さん「中村さんのことも下の名前で呼んでもいい?」

俺「いいよ」

奥さん「キヨシ、むちゃくちゃにして」

ついに奥さんのオマンコを拝見。
グッチョリしていて、ビラもクリトリスも大きめ。
色も濃いめ。
ビラとクリの周辺を舐め、肝心なところは焦らして舐めない。

奥さん「焦らさないで。クリちゃん舐めながら指を入れて」

クリを剥き吸いながら舐め、指2本射れて手マンすると・・・。

奥さん「イャーンイャーンイイッイイッ、イッちゃう。キヨシ、イクイクッ」

奥さんは潮吹きしながらイッた。
ソファーは洪水状態になり、また手マンするとすぐにイキ、もう大洪水。
かなりの乱れようだ。
目をトローンして・・・。

奥さん「もうキヨシのオチンチン入れて。我慢出来ないよぉ。ベッド行こう」

ベッドに行き、挿入。

俺「生で抱くよ」

奥さん「いいわ、来て!」

ゆっくりと正常位で挿入してピストンすると、奥まで当たる。
奥さんのエロい喘ぎ声も堪らない。

奥さん「キヨシのオチンチン気持ちいいよぉ」

俺「俺も気持ちいいよ。怜子のオマンコ気持ちいい」

抱き寄せて体位を騎乗位にすると、乳の揺れ方がすごい。
自分で乳を揉んで喘いでいる。

奥さん「イキそう。キヨシも一緒にイこう」

体位を正常位にして激しくピストン!

奥さん「イイッイイッイイッ、イクイク、キヨシ、イクッ」

俺も我慢出来なくなり、お腹の上に出した。
怜子は終わった後も甘えてくる。

俺「怜子と出来て良かったよ。すごい気持ち良かったし」

奥さん「私も気持ち良かったよ。3回もイカされたし。ねぇ・・・もう1回抱いて」

お風呂に入り、またもやベッドで愛し合い、中に出させてもらった。
次の日の夕方まで抱き、お互い離れられない関係になった。
それからは週1ペースで・・・。
こんな上玉な人妻は滅多にいないと思う。

タイトルとURLをコピーしました