無邪気なJS3人組が妖精に見えてしまった

この体験談は約 2 分で読めます。

何年か前の夏のこと。
キャンプで山の中にテントを張って、じゃんけんで負けた僕は沢を下った所にある雑貨屋へと買い出しに出かけた。

「ちぇっ、ついてないの」

などと独り言を言いながら歩いていると、前方から女の子の声が聞こえてきた。
足早に近づいていってみると、そこにはなんと丸裸のままで歩いている小学校中学年くらいの女の子3人。
可愛いお尻を3つ並べて、川沿いを歩きながら遊んでいるようだった。

僕の足音が聞こえたらしく、女の子たちは後ろを振り向いた。
近づいていく僕に女の子たちは元気に、「こんにちわ~」と声を掛けてきたのだった。
完全にすっぽんぽんで、身に着けているものといえば、手首のミサンガと足下のスニーカーだけだった。
3人ともまだオッパイと呼べるような膨らみもなく、同年代の男の子たちと変わらない体格だった。

「何してるの?」

僕がそう話しかけると女の子たちはクスクスと笑って、「遊んでるに決まってるよね~」と言ってお互いの顔を見て笑っていた。

「お兄ちゃんはどこに行くの?」

反対に聞かれたので、「雑貨屋まで買い物に」と答えた。

「ああ、◯◯ちゃんのとこだ」

その店を女の子たちは知っているようだった。

「君たち、ここいらの子?」
「そうだよ」

「いつも裸で遊んでるの?」
「夏休みだけだよね」

またお互いの顔を見て笑っていた。
僕に見られていても恥ずかしそうでもなんでもなかったから、「裸で恥ずかしくはないの?」とは聞かなかった。

そのまま女の子たちと沢を一緒に下って行った。
時々女の子たちは沢の中に入っては、石をどけては、「いないね~」などと言っていた。

「サワガニ?」と聞くと、「そうだよ」と言った。

石をどけようとするたびに、女の子たちはこっちにお尻を向けては大股開きになっていた。
ひどくエッチな格好に何度もKOされそうになりながら、やっと雑貨屋まで辿り着いた。

「じゃあね~」

女の子たちは僕に手を振って、また別の茂みの中に入って走って行ってしまった。
空気のきれいな山の中で出会った裸の女の子たちが、なんだか妖精のように見えた。
都会とは違って田舎の子供たちってピュアなんだなと感じ、じゃんけんで負けたことに感謝してしまった日だった。

タイトルとURLをコピーしました