『尻見オナニー』させてくれた大学時代の女友達

この体験談は約 3 分で読めます。

大学生の頃、ユカという女と2人でユカの家で宅飲みしていた。
ユカのスキニーデニムの尻を見て興奮した俺は・・・。

「ユカの尻って良いよねー!セクシーだよねー!高校の頃はバレーボールで鍛えていたんでしょ?」

とか言っておだてていた。
最初は「自分のお尻って、デカいから嫌ー(笑)」とか言っていたけれど、そのうちにベロンベロン酔っ払ってきて、俺のおだてに乗ってきた。
そのうち、「イエィ!」とか言いながら尻をこっちに向けながらピースして来たり、モデルみたいにポーズを取ってきたりした。

「もう我慢できねー!お前の尻を見ながらオナニーするわ!」

って、俺は仁王立ちでユカの尻を見ながら勃起したチンコを擦りだした。
ユカはなぜか大爆笑。
ゲラゲラ笑いながら、「男のチンコ見るの2回目ー(笑)」とか言いながら、マジマジと俺のチンコを見てくる。

このままフェラでもしてもらいたいと思ったが、ユカのスキニーデニム尻を見ながらイキたかった俺は、ユカにモデルみたいにポーズを取らせたり、見返りピースさせたりさせた。
そして俺は、「ユカー!イクイクッ、イグッ!」とか叫びながら、ユカの尻を見ながら射精した。
ユカは無邪気に、「イグッイグッ!」って俺の真似をしてた。
フローリングに精子が落ちたけど、そんなのも気にしてなかったな。

俺はその夜、ユカに3回デニムパンツを着替えさせ、ポーズを取らせ、ユカ尻を見ながらコキまくった。
ユカは、「本当にあんたって馬鹿だよねー!」とか言いながらも終始大爆笑でポーズを取っていた。
俺の姿がなぜか笑えたらしい。
結局、チンコが立たなくなるまでユカの前でオナニーした俺は、倒れるように寝た。

その後、ユカに彼氏ができるまでの約1年間、ユカに頼んで尻を見ながらオナニーさせてもらった。
初めてユカの前でオナニーしてから1年以上、好みのジーンズなどを買ってやり、それらを装着させ、ポーズを取らせて『尻見オナニー』を楽しんだ。
俺のバイト代の3分の1はユカのジーンズ代に消えた。

学校が終わってからとか休日とか、毎日のようなユカの家に行ってさせてもらっていた。
ユカのミニスカハイソックス姿とかも見ながらオナニーした。
通算で200発くらいユカの前で射精したかな。
ユカは、「牛みたいによく出すねぇ」とか笑ってた。

もちろん、当然のようにセックスとフェラも要求したさ。
ただ、それは拒否された。
彼女は俺に対して恋愛感情がなかったらしい。
かく言う俺も彼女に対しては性的な感情はあったけど、恋愛感情まではなかったからね。
ユカも俺に尻見オナニーさせるまでの男性経験は1人だけだったから、男の身体に興味があったのは確かだったみたい。

ただ、尻は触らせてくれた。
片手でチンコ扱きながら普通に揉んだり、ジーンズの尻ポッケに手を突っ込んで揉みまくったり、尻の割れ目に手を突っ込んだりもした。

「ユカ、これはパンツの線?」と聞くと、「違うー、これはお尻のラインー」とか「今日はTバック」とか教えてくれる。
日によっては、「正解ー、パンツのラインでしたぁ」って感じになる。
すると俺は大興奮で、ユカのパン線を指でなぞりながらチンコを扱き、「うぉー!ユカのパン線ゲットだぜー!」とか言いながら射精してた。

中でも一番印象に残ってるのが、2人で宅飲みした後、いつもみたいにユカにポーズを取らせながらユカのジーンズ尻でオナニーしていると、ブリッて音がした。

ユカ「ヤベェ(笑)出ちゃった(笑)」

俺は大興奮でユカの尻に鼻を近付けて、直に臭いを嗅いだ。
酒の摘みにキムチを食べていたから半端なく臭かったけど、俺は「ユカの屁だー!たまんねー!」って叫びながらユカの尻を揉みまくり、臭いを嗅ぎながら射精した。