ガリガリ貧乳妻の猛アピールに負けて

この体験談は約 5 分で読めます。

俺はフリーターになり、遊び金欲しさにアルバイトをすることにした。
物心がついた頃からゲームが好きでゲームショップで働こうと思った。
面接は俺にとっては苦痛じゃなかった。
本当に好きなものなので志望動機も質疑応答も簡単だった。
和気藹々と面接が進み、面接したその場で内定をいただけた。

アルバイト初日である。
さすがに緊張する。
販売カウンターに案内され、他のアルバイトの人を紹介される。
俺の教育係となる人が今回の話のパートナーだ。

干支が1周ほど離れてる年上だった。
顔はピンクレディーのミーを軽くシャクレさせたような感じ。
なので今回は、『ミイ』と呼ぼう。

俺「今日から働くことになった◯◯です。よろしくお願いします」

ミイ「よろしくね!ミイだよ」

ミイは明るく愛嬌があり、人当たりが良い。
しかしバイトの年上女、それも人妻には全く興味がなかった。
変な感情を持つことなく、俺はミイに色々と仕事を教わった。

しばらくして俺は仕事に慣れた。
ミイも俺も遅番で一緒に仕事することが多かった。
暇なときはずっと雑談していた。
ミイはよく喋る。

ミイ「保護者会ってのが面倒なのよ、誰も立候補しないし」

ミイには小学生の子供がいる。
子供を産んでる割にはガリガリな体型だった。
胸はまな板で腕はポキッと折れそうである。
身長は170センチくらいだった。
子供がいるだけあって面倒見が良い。
俺のことを気に入ってくれているのが態度に表れていたので、俺は面倒な仕事をお願いしたりして甘えていた。

ミイ「そういえば◯◯はいつまで敬語なの?」

俺「え?ずっと敬語で話しますよ」

ミイ「なんか仲良くないみたいじゃん」

俺「そんなことないですよ。年上なんですから敬語で話しますよ」

ミイ「それは言わないの!年上の命令です?敬語はやめなさい」

俺「わかりました」

ミイ「敬語じゃん」

ボスっとお腹を殴られる。

俺「りょ、了解・・・」

敬語を止めてからしばらく経った。

ミイ「ダーツってやったことある?」

俺「あるよ?形から入ろうと思って家にダーツ板もある」

ミイ「ビリヤードならやったことあるんだけど、ダーツはやったことないんだよね」

俺「俺もビリヤードの方が得意、ダーツも面白いけどね」

ミイ「ダーツ、やりに行こうよ」

俺「いいけど、いつ?」

ミイ「今日!バイトが終わったら」

俺「まさかの今日かー。ま、特に用事もないからいいけどさ」

ミイ「じぁあ駐車場に車を置いて車1台で行こうよ。私が出す?」

俺「どっちでもいいけど、出してくれるなら任せる」

バイトが終わった。
駐車場でミイの車に乗り込み、24時間営業の漫画喫茶に向かった。
ここには、ダーツ、ビリヤード、卓球が併設されている。
俺はダーツをやったことはあるが、知ってるルールはカウントアップ、クリケット、カウントダウンのみの初心者だ。
ミイは初めてにしては筋が良くて、たまに負ける。

ミイ「ダーツって面白いね、爽快感は少ないけど」

俺「まぁね、じゃあビリヤードもやる?」

ミイ「やるやる!ねぇ、周りから見たらカップルみたいに見られてるのかな?」

俺「ないんじゃね?干支が一回り離れてるし(笑)」

ミイ「まだ言うか!じゃあビリヤードで勝負して私が勝ったら、◯◯は私にメロメロなカップルを演じなさい」

俺「俺が勝ったら?」

ミイ「オレンジジュース買ったげる」

俺「ドリンクバーでただじゃねぇか!俺に何もメリットがない」

ミイ「とりあえずやろうじゃないか」

俺「勝手に進めるのか」

ビリヤードには自信があったため、難なく勝った。

俺「よし、とりあえずオレンジジュースを持ってこーい!」

ミイ「いや、今のは練習だし」

俺「オレンジジュースくらい取ってこようよ」

その後も勝ち続ける。

俺「いつになったら終わるの、これ?」

ミイ「勝つまで練習!」

俺「おかしくね?」

結局、ミイが9番ボールを落とすまで8ゲーム近くかかった。

ミイ「見た!?見た!?」

俺「見たよ、もう終わらないかと思ってたから安心したわ」

ミイ「ほれ!ほれ!」

ミイが腕を出してくる。

俺「?」

ミイ「カップルっぽくしがみつきなさい」

俺「卑怯すぎるだろ」

ミイ「ほれ!」

俺「わかったよ、これでいいか」

ミイ「満足だ!帰ろう!」

俺の車が停めてある駐車場まで送ってもらった。

俺「ありがとう。明日は出勤だっけ?」

ミイ「うん」

俺「おう、じゃあまた明日」

ミイ「もうちょっと話していかない?」

俺「いいけど、もう夜中だぞ。子供の準備とかあるんだろ?」

ミイ「用事があって旦那と子供は実家に帰ってる」

(まさか誘ってる?それはないか・・・)

俺「ならいいけどさ」

ミイ「次は◯◯の車に移らない?乗ったことないし」

俺「別にいいけど」

2人で俺の車に乗り込む。

ミイ「あー、後ろの後部座席が噂のラブホベッドか。てか箱ティッシュとコンドーム、買い貯めし過ぎでしょ(笑)」

俺「安いときにまとめ買いするからな」

ミイ「後ろに行っていい?」

俺「どーぞ」

ミイが後部座席に移動して、色々漁ってる。

ミイ「ねー、ゴミ箱の中にティッシュが入ってるんですけど、これはいつヤったやつ?」

俺「昨日だな、そのままバイト来たから捨ててないだけだ」

ミイ「エッチィな~・・・ねぇ?」

俺「ん?」

ミイ「◯◯もこっち来て?」

なんか行ったらヤることになりそうな気配がプンプンした。

俺「え、どうした?」

俺は「ハイ」とも「イイエ」とも言えなかったので、逆に聞き返した。

ミイ「いいから来て」

俺「あ、はい」

後部座席に移動すると、膝に手を乗せられてキスされそうになった。

俺「ちょちょちょ待って、ダメでしょ」

ミイ「いいの!」

俺「良くないだろ、結婚してるし。バイト先でギクシャクするし」

ミイ「結婚は気にしなくていいの!ギクシャクはしなければいい、逆に断られたらギクシャクする」

まぁ断ったらギクシャクするだろうな。
仕事もやりづらくなるし・・・。
タイプじゃないけど、ここは割り切ってヤるのが正解か?

俺が答えを出す前にキスをされた。
もうやっちまうかと腹を括った。
キスをしながら服を脱がせるとガリガリだった。
胸はまな板に乳首が乗ってる感じで、鎖骨どころか胸骨が浮き彫りだ。
含んでみても、触ってみても楽しみがない。
・・・とりあえず早く終わらせよう。

全裸になり、フェラさせようとしたが拒否された。
旦那のもフェラしたことないみたいだ。
軽い潔癖症だったのは知っていた。

が、「フェラしないならやらない」と宣言し、無理やりやらせた。

しかし、歯が当たって痛い。
これはもうダメだと思って早々に挿入した。
ガリガリだから骨が当たって痛い。
こりゃあ楽しめないなって思って、ひたすら射精するまで腰を振った。

ミイ「早く、イッて」

サービス地雷もいいとこだろ・・・。
とりあえず射精して別れた。

次の日から問題が発生した。
客が来ない時やカウンター裏で、ミイが頻繁にキスを求めるようになってきた。
もうコリゴリだった俺はバイトを辞めようと思った。
しかし、仲の良い社員に辞める意思を伝えたら引き止められた。

社員「どうした?いきなり」

俺「ちょっとミイさんと上手くやっていけなくて」

社員「俺がなんとかするから辞めないでくれ」

数日後、「人が足りないから早番に移ってくれ」と社員がミイに頼み込んだ。

ミイは渋々オッケーした。

タイトルとURLをコピーしました