期待を超える汚れ方だった母の下着・後編

この体験談は約 4 分で読めます。

今回は、僕が母の下着に興味を持つきっかけになった出来事を書いてみます。
小さい頃のことで記憶が曖昧な部分もありますがご容赦ください。

父母と妹と僕の家族4人で遠出して潮干狩りに出かけた時のことです。
場所は確か四国の徳島あたりでした。
今でも若く見られる母ですが、僕が小学に上がったばかりの頃だったので当時は30歳くらいでした。
雰囲気は女優の米倉涼子さんに似ています。

潮干狩りと言っても、父と母はなかなかの本格派で、水着になって腰辺りまで海に入っての貝掘りです。
早々に退屈になった僕と妹は浜辺で遊んで過ごした記憶があります。
潮も満ちて来てうちに帰ることになり、父が運転で、僕たち3人は母を真ん中にして後部座席に座っていました。
ここまでは特に変わったことはなかったのですが、途中で母が、「トイレに行きたいからどこかに寄って」と言い始めたんです。
しかし、何もない海岸線の道です。
コンビニや休憩所なども見つからず、車はそのまま走り続けました。

「ねえまだ?車の中で漏らしちゃうよ(笑)」

最初の頃は母も余裕でしたが、あまりにも何もないのでだんだんと口数も少なくなり、外を見ながらそわそわし始めました。

父が冗談交じりに、「仕方ないからどこかで野ションでもするか」と言うと、「え~無理無理」と母。
ワンピースの裾を引っ張ったり、脚を擦り合わせたり、前に乗り出したかと思うと深く掛け直したりと落ち着きません。
海に入って身体が冷えてしまったせいだったと思います。
親がオシッコを我慢する姿なんか見たこともなかったので鮮明に覚えています。

「もうダメかも・・・ちょっとどこかで止めて」

両手で股間を押さえて前に乗り出した母の姿から、今にもオシッコが漏れそうな切迫感が伝わってきます。
しばらくしてようやく道端に茂みがある場所で車が止まると、母は内股で股間を押さえながら車から降り、茂みを掻き分けて海の方に向かいました。
とっさに「僕も行く」と言いましたが、「ダメ!車にいなさい!」と怒られてしまいました。
車で待っている間も僕は、母がオシッコに間に合ったのか心配でたまりませんでした。
しばらくすると母はスッキリした笑顔で、「お待たせ~」と車に戻ってきました。

「間に合った?もしかして漏らしちゃったんじゃない?」

父の冗談っぽい問いにも、「なんとかギリギリセーフ。でもティッシュを忘れたから、拭かずにそのまま穿いちゃった」と笑顔で返す母。
両親にとっては何気ないやり取りだったのかもしれませんが、マセガキだった僕にはそれはそれは刺激的な会話で、横で聞き耳を立てながら股間をピンピンにしていました。

そんなハプニングがありながらのロングドライブ、途中で夕食を済ませて家に帰り着いたのは夜も遅くでした。
家に帰り着いても僕の頭の中はオシッコが付いてるかもしれない母のパンツのことでいっぱいです。
いつものように父が一番風呂に入った後、母は僕と妹を連れて一緒にお風呂に入りました。
のぼせてバスタブに腰掛けた母の黒々と陰毛に覆われた股間に僕の視線は集中していました。

お風呂から上がり、母と妹が先に脱衣所からいなくなると急にドキドキしてきました。
汚れ物でいっぱいの洗濯カゴが、まるで宝の山のように見えたのを覚えています。

さっき使ったバスタオルを退けると、母が着ていたワンピースが畳むように置かれています。
そのワンピースを手に取ると内側にベージュのブラジャーがありましたが、お目当てのパンツが見当たりません。
慌てて僕と妹の服を掻き分けて探すと、やっと隅の方に丸められた母のパンツを見つけました。
洗濯カゴの隅にパンツを丸めて押し込むのは母の癖で、今でも変わりません。
ツルツルのベージュのパンツを手に取ってまず驚いたのは、その大きさでした。

(お母さん、あんなに大きなお尻をしてて、こんなに小さいのが穿けるの?)

そしていよいよ、大事なことを確認する時が来ました。
パンツの股の部分を見ると予想通り、表側からも分かる楕円形のシミがありました。

(やっぱりお母さん、オシッコを拭かなかったから汚れてる!)

小躍りしそうになりながらパンツを裏返してみて、またびっくり。
アソコの当たる部分が、糊が乾いたように黄色くバリバリに固まっていたからです。
アソコに食い込んだままの形で真ん中が盛り上がって固まってしまっていて、半乾きの糊のような縦線状のシミは中央部分がまだ濡れていました。
オシッコで少し濡れてるかもしれないと思っていた僕はショックを受けました。
オシッコやウンチとも違うし、なぜパンツの内側がこんなことになるのか不思議に思いながら、本能的にそのシミに鼻を近づけると匂いを嗅いでみました。

「うっ・・・くっさ~」

その時の素直な感想です。
鼻を突くような、今までに嗅いだことのない濃厚な匂い。
でも不思議と嫌な匂いじゃなくて、何度も嗅ぎたくなるような官能的な癖になる匂いです。
痛いくらいにピンピンに立ったチンチンがムズムズするけど、まだオナニーを知らなかった僕にはどうしていいかも分かりません。
ただ何度も母の秘密の匂いを嗅ぎ直しては身悶えする当時の僕でした。

タイトルとURLをコピーしました