期待を超える汚れ方だった母の下着・中編

この体験談は約 6 分で読めます。

以前、高知によさこいを見に行った時に、見知らぬ男性に母が盗撮されたことを報告した者です。

改めて母を紹介します。
僕の母は学生時代はバレー部出身で、今でもママさんバレーをやっています。
背が高くて美脚なので、息子の僕から見てもスタイルはかなりイケてると思います。
芸能人で言うと米倉涼子さんに雰囲気が似ています。

母が盗撮されているところを目撃してからというもの、色々な場面で母がエロの対象として見られていることに気付きました。
中には結構露骨に舐め回すように見ている人もいます。
そんな男の人からのエロな視線には当然、母本人も気付いていると思いますが、母の美学なのか、嫌な顔ひとつせず、気付いてないような振る舞いをしています。

その日、母は同窓会で、父も仕事関係の飲み会が入ったので、僕と妹は母が用意してくれた晩ごはんを食べて留守番をしていました。
9時頃には父が先に帰って来ましたが、うちで飲むことになったみたいで、職場の男の人を2人連れて来てリビングで飲み始めました。

僕と妹はその横でテレビを観ながら母の帰りを待っていましたが、結局、母が帰って来たのは10時前くらいでした。
リビングに入ってきた母は頬っぺたが赤くなっていて、結構飲んで来たようでした。
いつもジーンズかジャージ姿の母が、この日は同窓会とあって、ベージュのタイトスカートにナチュラルカラーのストッキング姿でした。

母はリビングに来て父の職場の人に挨拶すると、父に一緒に飲むように言われ、母はそのままの格好で飲むことになりました。
膝上のタイトスカートなので、座った母は太ももが半分くらい出た状態です。
最初は正座していた母ですが、しばらくすると近くにあったクッションを膝に置くと脚を横に崩しました。
母がたまに膝を崩し直すときに、男の人たちの視線が母の太ももに行っているのがわかります。

(あのクッションがなくなったら、母はこの男の人たちに下着を見られてしまう・・・)

悪戯心が湧いてきました。
父の部下たちに、もっとエロい目で母を見て欲しいのと、僕自身が母のパンチラを見たい気持ちもあって、母がトイレに行った隙に、置いていったクッションを取って来ると速攻で枕にしました。
戻って来た母は、さっきまで使っていたクッションを僕が枕にしているのを見つけて、「そのクッション、返して」と言ってきました。

「枕にしたいから貸してよ」と言うと、意外とあっさり諦めてくれて、そのまま元の場所に座りました。

男の人たちの視線が母の太ももに集中したのは言うまでもありません。

それからしばらく正座で頑張っていた母ですが、さすがにずっとそのままでいるわけにもいかず脚を崩しました。
最初は膝に手を置いてガードしていましたが、お客さんにビールを注がれたとき、両手でグラスを持つタイミングで初めてノーガードになって、寝ている僕からはスカートの奥の下着が見えました。
男の人たちもこのチャンスを逃さずに目線を母のスカートの奥に向けていたので、角度的にも下着が見えているはずです。
母も見られたことに気付いていると思いますが、指摘したら失礼にあたると考えているのか、露骨にスカートの裾を引っ張ったり隠したりすることはせず、普通に振る舞っています。
父はというと全く気にしている様子もなく、母の魅力を自慢するようにこの状況を楽しんでいるようです。
それをいいことに男の人たちは、母の太ももの奥にギラギラした視線を、それこそお構いなしに向けています。

最初は平気そうにしていた母ですが、さすがに至近距離で遠慮なくパンチラを見られ続けているという普段では有り得ない状態に頬っぺたから耳まで真っ赤になってきました。
見れば目は潤んできて、恥ずかしそうにしていると言うよりも、少し興奮しているように僕には見えました。

スカートの奥の逆三角形地帯は真ん中にストッキングの線が食い込んで、ムチっとしている質感と、白いパンティのレース模様までわかるような状態です。
そのうち特にエロい目で母を舐めるように見ていた男の人はいつの間にか寝てしまって、そろそろお開きにして帰ろうと、もう1人の人が起こそうとしても起きない状態になってしまいました。
結局、寝てしまった男の人を置いて1人は帰ることになり、その人は家に泊めてあげることになりました。

リビングで寝ている男の人に毛布を掛けてあげて、父と母が続いてシャワーを浴びました。
僕も部屋に戻りましたが、母がパンチラを見られて興奮していたエロい光景を思い出されると眠れるはずもありません。
両親とも寝室に入って静かになったのを見計らって、母の下着をおかずにしようと、いつものようにお風呂場に行きました。
静かに階段を下りて行くと、いつも開いているお風呂場の扉が閉まっていて、隙間から灯りが漏れていました。
父か母がいるのなら出直そうと思いましたが、もしやと思い扉の隙間から中を覗くと、泊まっている男の人が洗濯カゴを物色していました。

男の人は母が穿いていたスカートを洗濯機の上に広げていて、丸まったストッキングを手に取っているところでした。
股の部分を確認して鼻に近づけると、匂いを嗅ぎ分けるように何度も嗅いでいます。
そしてストッキングをスカートの上に置くと、再び洗濯カゴを物色し始めました。
今まで妄想していた母の下着が、誰かにおかずにされてしまうという状況が目の前に。
今日1日穿いていたパンティはたぶん母にとっては絶対に見られたくない恥ずかしい物のはずです。

しかし男の人はすぐに、洗濯カゴの隅の奥に隠すように押し込んであった丸まったパンティを見つけてしまいました。
男の人はパンティを両手で広げて、前と後ろのデザインを確認するように眺めると、目を凝らすように股の部分の表側を見ています。
レースの刺繍がある下腹部とあそこに当たる二重になった部分は、さっきスカートから見えていたパンチラの、まさにその部分です。
ゆっくり鼻に近づけて、表から匂いを嗅いではまた眺めてを繰り返しつつ、ポケットに手を突っ込んでチンポを擦っています。

そして、母のあそこに当たっていた部分を裏返してじっと見つめると、マスクみたいに鼻に押し当てて、もう堪らんとばかりにファスナーを下ろすと、勃起したチンポを出して自慰を始めました。
最初はシュッシュッシュという音がしていましたが、すぐに我慢汁でクチュクチュという卑猥な音に変わってきました。

男の人はパンティを鼻から離してシミを眺めると、シミの前から後ろまで、母のエッチな匂いを嗅ぎ分けるようにクンクンと嗅いでいます。
目の前で母が犯されているような錯覚と、初めて見る他人の、しかも大人の男性の自慰に興奮して、僕もいつの間にか勃起していました。

男の人がチンポを擦るスピードがだんだんと速くなってきて、「はぁはぁ・・・」と息遣いが荒くなり、射精が近付いてきたのがわかります。
一段と速く擦って昇り詰めると、男の人はビクンッビクンッと激しく腰を痙攣させてイッてしまいました。
イク瞬間、近くにあったティッシュで精液を受けようとしましたが、受けきれずにボタボタと床に滴り落ちました。

僕は階段のところで男の人がリビングに戻るのを見届けてから一旦部屋に戻ると、しばらくしてお風呂場に行きました。
洗濯カゴの上に置いてあるスカートの下に母のブラとストッキングがあって、男の人が戻したパンティはカゴの隅に押し込まれていました。
ストッキングと湿って少し重みのあるテカテカの白パンティをポケットに入れると、その場で見たいのを堪えて、すぐに部屋に戻りました。

ポケットからストッキングとパンティを出すとベッドの上に置いて、まずストッキングを手に取りました。
あそこに食い込んでいた縦線の部分を触ると少し湿っぽくて、匂いを嗅いでみると微かですが汗とオシッコが混ざったようなエッチな匂いがします。
母がパンチラさせていた縦線の食い込みを思い出し、早くパンティのシミを見たいのを我慢しながら丸まったパンティを鼻に押し当てました。
大きく息を吸い込むと、どこかにエロい匂いが凝縮する部分があることがわかります。
ゆっくりパンティを広げてみると期待通り、あそこに当たっていた部分が外側までシミになっています。
縦線状に薄く黄ばんでいて凄くエロいです。
男の人がしていたように、母のあそこが当たっていた部分を裏返すと、母のあそこの形をした黄色のシミの上に、今まで見たことないようなヌルヌルした透明の液がべっとり付いていました。

やっぱり母はパンチラを見られて興奮して濡らしていたんだ。
しかも、そのパンティを勃起した男の人にクンクン嗅がれて犯されてしまったんだ。

そう考えると興奮は絶頂に達しました。
鼻を近づけてシミの匂いを嗅ぐと、オシッコとフェロモンが混ざったスルメのようなエロすぎる匂いが脳天を直撃しました。
ガチガチに勃起したチンポをシコシコ擦りながら、あの男の人もこの匂いを嗅いで興奮していたかと思うとすぐに我慢できない射精感に襲われて、急いでチンポに当てたティッシュを突き破るくらい、僕は激しく射精してしまいました。

<続く>