3人の処女との体験を語る・後編

この体験談は約 6 分で読めます。

3人目は会社に入ってからで、こっちの2年先輩。
元々童顔で若い男性社員から年配のおじさんまで人気のある娘だったけど、特定の彼氏はいなかったらしい。
で、ある事で親しくなり、3ヶ月ほどでこっちから告白。
ずいぶん返事を待たされて、諦めかけた頃になってようやくOK。
それからも進展が遅くてなかなか先に進まない。
もしやと思って酔っている時にしつこく迫ると未経験を告白。
こちらとしては(おー、3人目だ!)という感激と、(あー、やばいかなー、別れるときに面倒臭そう)という両方の思い。

ま、せっかくなので、いただかない手はないという欲望の方が強く、「大好きなのに、抱けないのはとても辛い」と直球勝負。
まあそれなりに年なので、いつまでも守っててもというのも彼女の中であったようで、「そんなに思ってくれるのなら」とあっさりとOK。
でもその日は無理で、「次にOKという時にね」と予約制にされてしまった。

1週間ほどして、「今週末なら」と予約完了。
場所は彼女の1人暮らしの部屋。
会社帰りに食事をして、酒を飲んでそのまま直行。
風呂を勧められて出てくると、ベッドが綺麗に整えられていた。
座ってテレビを観ているうちに彼女が風呂から出てきて、なんとも綺麗なパジャマを着ていた。

テレビを消され、「お願いします」と丁寧な挨拶をされる。
2人で抱き合ってキス。
そして彼女をベッドに寝かせてパジャマのボタンを開くと、白いフリルの可愛いブラ。

「電気消して」と言われたので、ちょっと残念だったけど消して行為を続行。

背中に手を回してブラを外して上にあげると、彼女も手を上げて協力。
肩から外して横に置く。
薄明かりに浮かぶ白い綺麗な胸を手で包み、優しく揉みあげて先端に唇をつける。

「あっ」と声をあげる彼女。

しばらく可愛いおっぱいを楽しんだ後、パジャマのズボンに手を掛けると、ちょっと緊張した様子。

「見せてね」と言うと腰を浮かしてくれたのでズボンを下ろす。

ブラとお揃いのパンティーが現れる。
それにも手を掛けると、ちょっと考えた後で腰を上げてくれたので引き下ろす。
全部は足から外さないで、足首に掛けた所で止めておく。

意外に毛が多いような感じだったが、おそらく今日の為だろう、綺麗に刈り揃えて、谷間から下の部分はすべて剃っていた。
そっと指を這わせると、それなりに潤んでいるような感じがした。
膝を開いて横から頭を滑り込ませると、微かに石鹸の匂いがした。
下から回した両手を入れて指で谷間を開く。
薄明かりでよく見えないが、白い肌の中でそこだけはピンク色が鮮やかだった。

ふと思い立って起き上がり、有無を言わさずに電気の紐を引く。

「きゃっ」と彼女が顔を手で隠すが、あそこは丸見えだ。

もう一度谷間を開いて見るとやはり綺麗なピンク色で、最近付き合った女にはなく、とても新鮮だった。
前の時とは違い、小さい穴ではなくて、穴の入口に声門のように薄い皮が両側にある感じだった。

「電気消して」と言われたので、観察を諦めて電気を消した。
パンティーを足から外すと体勢を立て直し、彼女の膝の間に体を入れた。

「本当に初めてなんだね」と言うと、「うん、なんとなく、つい、ね」と恥ずかしそう。

「◯◯だったらいいと思ったから」

そう言われて悪い気はしない。

「じゃ、いくね」とあてがおうとしたら、「付けないの?」と聞くので、「やっぱ、付けないとだめかな?」と聞いてみる。

「うーん」と迷っているので、もうひと押し。

「せっかく◯◯(彼女)に初めて入れるんだから、直接感じたいな」

いつものセリフを言ってみる。
彼女、「あの・・・」と少し迷ってから、「どうしてもと言うなら。でも中で出さないでね」とOKしてもらう。

「ありがとう、緊張しなくていいからね」

そう言って、できるだけさりげない感じで照準を合わせて、彼女の上に体を合わせる。

「好きだよ」と言って力が抜けた隙に先をちょこっと入れてみる。

「ん!」

ちょっと痛そうにしているけど、なんとか我慢してる様子。

「大丈夫だよ、愛してる」

そう言いながら先端を埋め込んだ。
当然、プチッというような抵抗はない。
そのままの表現だが、きつい肉の割れ目に自分の肉棒を押し込んでいく感じ。
自分の先端が埋まったぐらいで、彼女がぐっと歯を食いしばり、体を固くして力んでいる。

「んーーー!」

突然、彼女が長いうめき声を上げた。

「痛い?」

「我慢するから大丈夫」

先端を微妙に揺らしながら、彼女と自分の我慢汁を上手く使って抵抗を緩めながら挿入する感じだった。
彼女があまり声を出さずに我慢している。
息を止めているように思った。

「少しずつ入っているよ。気持ちいいよ、◯◯の中。嬉しいよ」

声をかけながら少しずつ入れていった。
だんだん彼女の力が緩んでいるようだったので、根気よく挿入を続けた。
結局、最初の一瞬がかなり痛がっただけで、あとはそれほどでもなく、ものの2~3分で奥まで入れた。
2人でその状態で抱き合って休んだ。
ようやく彼女がリラックスしてきたようなので、動かないで感想を聞いてみたら、「最初は痛かったけど、今はそれほどでもない」とのこと。

「今はどんな感じ?」

「お腹の中に何か別のモノが入ってる」

そのままの感想だった(笑)

「動くね」と声を掛けてゆっくりとピストン開始。

ちょっと顔をしかめているが、我慢はできそう。
というよりも、動きに合わせて、「う、う、うん」と我慢なのか感じてるのか微妙な反応。
上半身を上げて股間の密着だけにして、ゆっくりだがストロークを長くしてみると、ぐちゃ、ぐちゃという音。
見下ろしてみると明らかに赤い血がペニスについているのが薄明かりでもわかる。
ちょっと鉄分のような匂いもしている。
ま、生理中のセックスの経験も何度もあるので、これ自体は別に嫌ではない。

さて、彼女の中がキツいのと、お互いの我慢汁と彼女の出血が重なって、独特の粘っこい感触で限界がやって来た。

「もうだめだよ。イキそう」

そう伝えると、意外なことに彼女の方から、「イッて!」の一言。
思わず、「えっ?」と動きながら聞き返すと、「いいよ。◯◯、イッて!」と、上半身を起こして抱きついてくる。
OKならば迷うことはない。
彼女の中にグッと自分を押し込むと、彼女を抱え込むように密着して快感を解放した。
ビクビクビク・・・彼女の中で自分のモノが快感で震えるのを感じた。
彼女の中に初めての男の精液が流し込まれる感動を覚える。
そのまま息が収まるのを待ってから、見つめ合って彼女の顔にキスの雨を降らせた。
彼女は私を見ながら、「◯◯、大好き」と言ってくれた。

「僕も愛してるよ」と返した。

きざな言葉も恥ずかしくなかった。

事が終わって、「どうだった?」って聞くと、「最初の一瞬がすごく痛かったけど、その後はそれほどでもなかったよ」とのこと。

「自分で指とか入れてたでしょ?」と聞くと、ちょっと目を逸らせて、「うふふ、まあ、ちょっとくらいわね」と恥ずかしそうにした。

そのまま抱き合ってしゃべっていると、少し柔らかくなっていた私のモノが回復してきた。

「大きくなってきた」と、入れたまんまのモノを軽く動かしてみせた。
彼女が「あ、ん」と感じたような反応だったので、その仕草が可愛くて、そのままピストンを大きくしてみた。

「ん!ん!」と声を我慢しているので、「我慢しなくていいよ。声出していいよ」と言ってあげた。

すると声を出す恥ずかしさがなくなったのか、「あー!あー!」とすごい声を出すようになった。
初めて聞く彼女の可愛いヨガリ声にさらに欲情して、サディスティックな感情が芽生えて、今までになく激しく動いた。
彼女は「あー!あー!」と感じてるのか我慢してるのか、微妙なバランスの声で反応していた。
上半身を起こして腰の動きを自由にすると、先端から奥までの長いストロークで力を込めてズンズンと突いた。
彼女の顔が苦しそうに歪んではいたけど、「やめて」とは言わなかった。
こっちの動きに合わせて彼女の小さめの胸がたわみ、先端のピンクの乳首が上下に揺れていた。
彼女が自分の両腕を顔の横にバンザイして、ぎゅっと指を握っていた。
その指を強引に開き、自分の指を絡めて、手のひらを合わせるようにして押さえつけた。
肘と膝で体重を支えて体全体で抜き挿しをするようにして、狭い肉の間を出入りする自分の快感を楽しんだ。
もうありとあらゆる液体と粘液で汚れている2人の股間からグチャグチャとすさまじい音が出ていた。
やがて体力と快感が限界になり、彼女に絡ませている指にぎゅっと力を込めて、腰を彼女の胎内にぐっと押し込むと自分の律動に集中した。
あそこが何度もビクビクビクと震えて、再び彼女の中に精液を放出。
全身から汗が吹き出し、ぐったりと彼女にもたれかかった。

彼女の中でモノが小さくなってから抜いた。
電気を点けるとペニスからはピンクの糸が引き、彼女の股間から尻に流れた液体は、ベッドに敷かれたバスタオルの上で、透明と白とピンクの混ざった複雑な模様となっていた。
今まで経験した3人の処女の中では一番出血が多かった。

後でわかったが、実は彼女は生理直前で、万が一を考えて、その直前でOKしてくれたのだった。
一旦風呂に入って綺麗にしてから、その晩は朝まで何度もまったりと愛し合った。
色んなテクニック的なことも教え、覚えてもらった。
5度目の挿入をする頃には外が明るくなりかけていたが、夜明けの明かりの中、騎乗位で揺れる彼女の裸体は本当に綺麗だった。

で、2人でびっくりしたが、初めてのセックスで衝撃が大きかったのか、彼女の生理が始まったこと。

「ということは、やっぱりゴムの必要はなかったね」と、その日は昼過ぎまで「もう無理」と言うところまで生でやりまくった。
女とは恐いもので、それまでの反動なのか、彼女の方から積極的に求めてきた。
多少痛かったのだろうが、それまで我慢していたぶん興味も大きかったのか、貪欲になっていたようだ。

彼女とは2年ほど付き合ったが、「他の男も経験したい」という理由で、私の転勤を機に別れてしまいました。