夫の趣味でレイプ願望が強くなりました

この体験談は約 8 分で読めます。

3年前に主人と出会い、結婚しました。
夫(優、40歳)は子供があまり好きではなかったことと、私(真美、35歳)が20代に2度も中絶して子供が出来づらくなったこともあり、子供はいません。
夫は土建業で現場監督をしており収入も良く、「お前は家で家事をしてくれればいいから」と言う夫の希望で私は専業主婦です。

その日も夫を見送り、朝食の片付けと洗濯を済ませ、部屋の掃除を始めていました。
2階の寝室の掃除を終え、向かいの夫の書斎の窓を開けようと中に入ると、読みかけの漫画本やエッチな本が散乱し、テーブルにも埃が溜まっている状態だったんです。
しかし夫から、「この部屋の掃除は自分でするから」と言われており、悩んだんですが、天気もよくて気分が良かったので、つい掃除を始めたんです。

何度も中に入ったことがあり、夫がエッチな本を見ていることは知っていましたし、別に男の人は皆そうなんだと気にすることはありませんでした。
本を棚に並べ、パソコン台の埃を掃除しながら散らばった名刺やDVDを揃えていたんですが、白いDVDが数枚あって中身が分かりません。
何だか気になってパソコンの電源を入れ、DVDの1枚を再生させてみたんです。

間もなく再生が始まると、『素人妻、買い物帰りの強姦』というタイトル。
すぐにエッチなDVDだと知りました。
時間もあった私はDVDをしばらく観ていたんですが、女性が涙ながらに男に服を破られ裸体を曝し、無理やりマンコに極太のチンチンを挿し込まれていたんです。

「嫌ァ~」と泣き叫びながらもアソコは濡れていて、やがて快楽の声を漏らす女優。

(犯されて感じてるの?そんな事ってあるの?)

画面に釘付けになった私は、いつの間にかドキドキしていたんです。
女性は膣内で中出しされ、肉太のチンチンを抜かれると精液が中から溢れ、女性は疲れ果てたようにその場に横になっていましたが、すぐに別の男達が現れて、休む間もなく3人の男達に輪姦されていました。

夫以外に2人の男性と経験を持つ私ですが、乱交は経験がありません。
女性は次々と男達のチンチンを入れられ、口やアナルにまで挿し込まれていたんです。
そんな画像に私を異常な興奮が襲い、心臓はドキドキし、アソコがジンジンと疼くのが分かりました。

(やだ!私ったらエッチなDVDを観て興奮しているの?)

スカート中に手を入れてアソコを確認すると、もうすっかり濡れまくって、パンティにシミを作っていました。

DVDを再生しはじめて30分は過ぎたでしょうか。
玄関のベルが鳴り、驚いて再生を止めて玄関先に向かったんです。
玄関を開けると宅急便の配達員が立っていて、私は荷物を受け取りました。
興奮が冷めていなかったこともあると思いますが、私は荷物を受け取りながら頭の中で、彼に犯されるシーンを想像してしまったんです。
その後、私は寝室に移動し、配達員に玄関先で犯されることを想像しオナニーをしていました。

夜になって夫が帰宅。
一緒に夕食を食べていると・・・。

夫「お前!俺の部屋を掃除しただろう?」

私「あ、ちょっと散らばっていたから」

夫「前に、『自分でするからいい』って言っただろう!」

私「ごめんなさい!でも埃も溜まっていたし」

夫「まぁ、掃除してくれるのは嬉しいけど・・・趣味の部屋だから見られたくない物だってあるんだよ」

私「見られたくない物って?」

夫「見たんだろう!エッチなDVD!」

私「何の話?」

夫「パソコンの電源が入っていたし、DVDも入れっぱなしだったよ」

私「あっ・・・ごめんなさい。何かなぁって思って少しだけ」

夫「どうだった?俺を軽蔑したか?」

私「そんな事ないわ・・・でも凄かったわ」

夫「なぁ、この後でもっと凄いのを観せてあげようか?」

食事を終えるとリビングで夫は晩酌を始め、私も少しだけ付き合って酒を飲んでいたんですが、夫はエッチなDVDの話をすることもなく、テレビを観ながら笑っています。
やがて夫が風呂に入り、遅れて私が風呂に入ったんです。
私が上がって来るのを待っていたのか、夫がソファーでテレビを観ていて、やがて一緒に2階の寝室へ。
階段を上がり寝室へ・・・と思ったら、夫が私の手を引き、例の趣味の部屋へ連れて行かれました。

夫「違うDVDを観せてあげるよ」

私「別にいいわ・・・もう寝ましょう」

夫「いいからいいから」

パソコンを立ち上げると、夫は引き出しの中からDVDを取り出して再生をしたんです。
40代でしょうか?
主婦らしい女性が車に連れ込まれ、泣き叫ぶ中、連れ去られていきます。
誰もいない廃墟で彼女は5人の男達に犯され、次々とチンチンを挿し込まれています。
女性は泣きながらも必死に許しを乞うていますが、誰も聞いてくれません。
むしろますます彼らの行為はエスカレートし、彼女は意識を失うくらいイカされていました。

完全に意識朦朧となった彼女はペットのように首輪を付けられ、体中を縛られた状態で道具攻めです。
男達の前で恥ずかしい姿を曝け出され、何度も何度もイカされ、潮まで噴き上げていました。
その後、彼女は裸体をロープで縛られたままの姿で上着を羽織らせられ、公共の場に連れて行かれます。
見知らぬ男性達が怪しい雰囲気の彼らと彼女をジロジロ見ています。
人気の少ない場所では上着のボタンを外されて淫らな姿をお披露目され、それを目撃した数人の通行人は目を見開いていました。

彼女は散々露出させられ、彼らのマンションに連れて行かれ、夜中まで犯されていました。
彼らの精液を何度もたっぷりと膣内へ吐き出された後、裸のまま彼女の自宅前で放り出されたんです。
そそくさと家の玄関を開けて中に入る女性・・・。

思わず夫の存在を忘れてエッチなDVDに観入ってしまっていた私。
不意を突いたように夫が後ろから抱きつき、ズボンを引き下ろされ、興奮で濡れまくったマンコを確認されたんです。

夫「やっぱり興奮して感じたんだなぁ・・・お前もレイプ願望があるのか?」

私「違うわ・・・そんな事ないわ・・・」

夫「じゃ、どうしてこんなに濡れてるんだ?」

私「それは・・・」

夫「嬉しいよ!お前がレイプ願望があると知って、凄く興奮してるんだ」

私「えっ・・・何言ってるの?」

夫「今日はレイププレイを楽しもうぜ」

私「どうするの?」

夫「シチュエーションを楽しむんだよ!設定ってヤツ」

その後、夫は私に肌の露出の多い服を着せるとエッチな下着を着けさせました。
夫は作業着を着て、玄関先で配達員の役だそうです。
荷物を受け取りながら、片膝を立て、配達員にパンティを見せます。
そんな姿に興奮して、夫(配達員)が襲いかかってくるんです。
玄関先で私はスカートを捲られ、パンティを横にズラした状態で夫の肉棒を挿し込まれました。

「嫌、嫌!お願い、中に入れないで・・・」

そんなセリフを言いながら、私は興奮が蘇り、アソコはダラダラとヨダレを垂らし、夫のチンチンを受け入れます。
夫も凄く興奮している様子で、息を荒らしながらバックから責めてきました。
夫に衣服を剥ぎ取られ、玄関先で全裸です。
昼間の彼の顔を思い出して、私は本当にレイプされている気分になっていました。
いつもなら1回で終わる夫も、今日は2度目の挿入です。
玄関先で遂に私も思いっきり潮を噴き上げ、床やマットまで濡らしてしまいました。

夫「はぁ!こんなに興奮したのは初めてだよ!毎回色んなシチュエーションで楽しもうぜ」

私「え、毎回?」

夫「お前だって凄く感じていたじゃないか?潮まで吹いて」

私「恥ずかしいけど、私も凄く興奮したの・・・」

それから2人一緒にシャワーを浴びてベッドに横になりました。

翌日、私は洗濯と掃除を済ませると、リビングでテレビを観ながら休んでいました。
くつろぎながらも、ふと頭を過るのは夫のエッチなDVDです。
気づけば夫の趣味部屋でパソコンの電源を入れてDVDを手に取っているんです。
夫は女性が強姦されたり、縛られたり、露出を強要される姿が好きなのか、どれもレイプ物です。
色んなシチュエーションに私も自分が犯されている妄想に耽って、夫の部屋でオナニーをするようになっていました。
一度許しが出ると、毎日のように私は夫の部屋でエッチなDVDを鑑賞し、興奮していました。
配達員が来ると、玄関で夫に犯されたシーンが蘇り、今にも配達員が襲ってくるんじゃないかって思いながらアソコを濡らす変態な私。
そんな私が本当にレイプ体験をするとは・・・。

夫とレイププレイを始めて1ヶ月以上が過ぎた頃だったと思います。
夫のプレイは激しさを増し、手足を縛られたり目隠しをされるようになっていったんです。
そしてプレイが終わると夫は、「今回はどうだった?」と聞いてきます。
息を荒らしながら私は、「凄く興奮したし感じたわ」と答えると、嬉しそうな表情を浮かべ、「もっと凄い興奮を味わってみたいよ」と言っていました。

その時は突然訪れます。
夫は帰宅と同時に裏口から侵入し、キッチンで夕食の準備をする私に後ろから襲いかかり、いきなりの目隠しです。
その後、手足に手錠を掛けられ、チンチンを咥えさせられます。
ストッキングはビリビリと破られ、衣服を脱がされると、私の唾でドロドロのチンチンを挿し込んでくるんです。
バックや抱きかかえられながら夫は激しく突きまくり、私はイカされるんです。

もちろん「あなた!」とか、知っていることを想像させる言葉は禁止です。
ひたすら、「嫌!お願い、入れないで・・・」と抵抗する言葉を発し、終いには、「良かったです」と感想を言わされ、私の身体を床に投げ捨てるようにして夫は家から出て行くんです。
そして、何事も無かった素振りで夫は玄関から入ってきて、「お前、凄い姿だな」と見下す目つきで見てきます。

気づけば私自身も、そんなプレイじゃないと本気で感じられなくなっていることを知りました。
そして夫も、「本当にお前のレイプされる姿を見てみたいよ」と言い出したんです。
夫は以前から私が他人に犯される姿が見たいという願望を持っていたようで、「後輩にレイプさせてみたい」と言い出したんです。

「そんなの駄目よ」

そう言いながらも、心臓はバクバクと鳴り興奮していました。

翌週の金曜日の夜、その日は夫が飲んで帰るということで、1人リビングで寛いでいました。
そして夫からLINEが来て、『もう少し遅くなりそうだから先に寝てていいよ』と言うので、お風呂に入ることにしたんです。
お風呂から出て脱衣場で着替えを始めると、突然扉が開き、振り向く間もないまま目隠しをされ、後ろ手にされて手錠を掛けられたんです。

(また夫の仕業ね・・・そう思っていました)

私「誰!やめて・・・何するつもりなの?」

相手は無言のまま全裸の私をリビングへ連れて行き、ソファーに突き飛ばしてきます。

私「嫌!お金なら払いますから・・・変なことしないで・・・」

男は私の身体をじっくり堪能しているようで、荒れた息を肌に感じます。
息はやがて陰部へ向かい、私が足を曲げ隠すようにすると、両足を押さえつけられて大きく広げられました。

私「お願い!見ないで・・・」

夫だとわかっていても、目隠しされて今にも入れられるということに興奮して、アソコからはダラダラと汁が出てきます。
男は胸を舐め、乳首を舌で転がすと、大きく揉んできました。
何度も何度も念入りに胸を揉まれ、強く吸われるうちに私も「あぁ~」と声が漏れてしまい、やがて男性の舌は身体全体を這って行くんです。
足を開かされたその間に男の顔が入り、ついにはアソコの割れ目に沿って舌を這わされると、ゾクゾクとした感覚が全身を襲い、私はそれだけでイキそうです。
やがてクリトリスまで吸われると、「ハァハァ~アァ~ン」と私は、息を荒らし、喘ぎ声を漏らしていました。
男の興奮も高まり息が荒くなります。
やがて男がチンチンを押し当て、中に入れてきました。
パンパンという激しい音が部屋に響く中、男の唇が私の唇と合わさり、舌が入り込んできたんです。
その瞬間、私は体中に震えを感じたんです。

私「あなた・・・じゃないの?誰・・・やだ~!」

男が私の口にパンティを押し込んできて、声を出すことが出来ません。
男はチンチンを激しく出し入れさせ、私は見も知らぬ男性にイカされたんです。

(本当に犯されてるの?誰?誰に・・・)

そんな状況に私は鼓動を速め、異常な興奮に襲われていたんです。

「嫌!」と言いながらアソコからは本気汁が溢れ、太腿を伝って流れ落ちるのを感じます。
かなり大きな体の男性に抱きかかえられ、チンチンを挿し込まれたまま部屋中を散策!
ズンズンと子宮が圧迫される中、私はついに彼のモノをハメられたまま潮を吹いていました。

その後、何度イカされたでしょうか?
もう私が抵抗しないと分かった男は、私の口に汚れたチンチンを咥えさせてきました。
目の前が明るくなった瞬間、目の前には夫の姿がありました。
私は夫の後輩のチンチンを咥えていたんです。

夫「凄かったよ!お前もかなり興奮したみたいだな」

私「酷いわ・・・」

夫「お前だって、こんな事を期待していたんだろう?」

私「でも・・・」

満足気な表情の夫と後輩に連れられ、私はお風呂でも2人の相手をさせられ、3人でベッドに横になりました。
夫の許可があったんだと思いますが、朝方には後輩の手が私のマンコに差し伸べられ、そのまま彼のチンチンを受け入れていました。

その日を境に、夫は後輩を連れて来ては3Pをするようになり、家では物足りないと深夜に近くの公園や河川敷、日中は山中などでレイププレイを楽しんでいます。
そして2人が満足すると、決まって私は全裸でその場に放置され、誰かに見つからないかドキドキしながら、夫達が迎えに来るのを物陰に隠れて待っているんです。
そんな状況にも私は興奮して感じるようになりました。