こっちの穴だよ

この体験談は約 3 分で読めます。

結婚して6年、夫に対しても不満がなく、子供もできて幸せの真っ最中・・・と言っても、なぜか不倫ってしてしまうんですね。
恋愛してたいっていうか、ドキドキしてたいっていうか。

パート先で知り合った8歳年下の大学生と、そういう関係になってしまいました。
週に4日してるパートの休みの日に会っています。

夫とのエッチは、もうおざなりな感じですが、それに比べて彼のはすごく元気でビンビン、力強くて精力絶倫って感じなんです。
休みの日は、彼の部屋に行って、子供が学校から帰ってくるまでエッチしまくっています。
エッチをするたびに彼のたくましい体に溺れていくような日々でした。

パートの行き帰りのちょっとした空き時間でも会いたくなって、公園のトイレとか、パート先の駐車場の影でしたりしました。

そんなことが続いていると、「この体は、僕だけのものだよ。旦那さんとはもうしないでね」なんて言うようになりました。

彼と会えない週末、特に3連休なんかあった日の次の日なんかは、いつもにも増して激しいんです。

それもエッチしながら「旦那としてないだろうな?なんで電話出なかった」なんて言い出すようにまでなってきました。
私が彼の体から離れられないのを知ってるから、彼も調子に乗ってきてるみたいで、「僕を初めての男にしろ」って言ってきたんです。

もう子供もいるし、処女じゃないのは知ってるのに何?って思ってたら、「こっちの穴だよ」って、お尻の穴を弄ってきたんです。
エッチの最中も舐めたり、軽く指を入れたり、何かと弄ってることがあって、いつも拒んでたんだけど、何か目が本気で断りづらい雰囲気になってきちゃって、1度だけならって・・・。
彼はすごく喜んで「奥さんは、もう僕のものだ」って言いながら、私に恥ずかしい格好をさせて、犬みたいにペロペロ舐めてきました。
変な感じがして全然気持ちよくなかったけど、ガマンしてたら、今度は指を入れてきました。
少しくらいなら彼にされて経験があったけど、グググって奥までどんどん入って、何か排泄感のような変な感じがしてきました。
自然と力が入ってしまうと「力を抜いて」って言いながらグイグイ入れてきて、根元まで入ると今度はゆっくり出して、また入れて、を繰り返しました。

彼は「ゆっくりほぐしながらね、ゆっくり、ゆっくり」って言いながら、会うたびに私のお尻の穴を弄ってきました。

次第に入れる指が1本から2本になりました。
さすがにその時は、激痛が走りました。
でも、やめてくれずに私のお尻の穴をいたぶりました。

そして、ついにその時が来ました。

彼が「そろそろ大丈夫かな。入れるよ」って言って、カチカチになったアレの先端を穴に押し付けて、グイグイと入れようとしてきました。
私の体は力を入れて抵抗をしていましたが、「ダメだ、力を抜いて」って何度も言われて体重をかけるように押し付けられました。
一番敏感なクリトリスを弄られた瞬間に、一瞬、力が抜けてしまって、その時にズブッと入ってしまいました。

私は、あまりの激痛に悲鳴を上げて暴れましたが、彼は「ほら、亀頭が入ったよ。あと少しだから」って喜んでいました。

痛みに悶える私を押さえ付けて、彼はゆっくりと入れてきました。

気が付くと根元まで入っていて、「これで、りつは僕のものだ」って言いながら腰を動かしました。
私は「痛い、痛い、止めて、止めて」とお願いしましたが、「愛してる、愛してるよ」って言いながら何度も腰を動かして、私の中に熱いザーメンを放出しました。
彼は「りつに中出ししちゃった」って言って私にキスしました。

私は、痛くて嫌だったので「もうしないからね」って念を押したけど、誤魔化して入れてこようとしました。

でも、何度かしているうちに、痛みよりもだんだん変な気分になってくるようになってきてしまいました。