車に拉致ったJKを犯しまくり

この体験談は約 5 分で読めます。

俺達に拉致られ、車の中で縛られたまま犯された女子高生のあやは、もう抵抗することなく裸でぐったりしていた。
そのあやの裸をカメラで撮りまくりながら、写真がイヤならフェラをするように命令した。
そんな経験がないあやは俯いてイヤイヤと首を振り、無言のまま何とか許してもらえることを待っていたが、そんなあやにダチがイラつき、いきなりあやの髪を掴んで強引に前へ引きずり出すと床の上に座らせ・・・。

「さっさとしねーか!帰りたいんだろ!」
「写真返して欲しいんだろ!」

ダチは大声で脅しながら掴んだ髪を力任せに持ち上げ、さっき放出したばかりでまだ半勃ちのモノであやの顔をペタペタと叩いて、口を開けるように催促した。
あやは髪を引っ張られる痛みと恐怖で泣きながら目を閉じ、ゆっくりと口を開けた。
ダチは笑いながら「よしよし!」と言い、乱暴にモノを押し込むと、掴んだ髪をガンガンと前後に揺すって気持ちよさそうに腰を振りまくっていた。
あやは、ダチのモノが口の中でだんだん大きく、そして硬くなるのを感じたのか、狼狽した顔で吐き出そうと藻掻き始めたが、ダチは逆にあやの喉の奥まで強引に突き、ヨダレをダラダラと垂らしながら鼻でフーフー喘いで耐えるあやの姿を見ていた。

「オラオラ!ちゃんと裏まで舐めろ!」
「もっと先っぽを丁寧に舐めろ!」

ダチが、まだ経験のなかったあやに指示をする。
その懸命に口で奉仕する姿を俺達は笑いながら見ていた。
やがてダチが硬くなったモノを口から引き抜くと、素早くあやの背後に回って腰に手をやり、いきなりブチ込んだ。
あやは突然の痛さに「ギャぁー!」と叫んだ。
そして、必死に逃げようと藻掻き始めた。
しかしダチは構わず激しく腰を振り、あやを突いた。

「もう許してー!痛いよ~!」

あやは泣きながら身体を震わせていた。
俺はそんなあやの髪を掴み、無理やり床に手をつかせて四つん這いの格好にすると、泣き叫んでいる口に強引にブチ込み、「噛んだらお前の顔をボコるからな!」と脅した。
あやは驚き、慌てて俺を突き飛ばそうと藻掻いたが、ダチに後ろから突かれるたびに「アッ!」と口から声が漏れてくると、諦めたように泣いて咥えだした。
あやは俺達に抵抗することなく呆然と犯されるままだった。
見ていた後輩の2人も、あやの発育途中の小さな乳房を触ったり舐めたりして、またあやの小さな手を使って自分のモノを擦りながら・・・。

「どうだ?大きいいだろ?」
「気持ちいいだろ?」
「お!乳首が勃ってるぞ!」

などと、あやに聞こえるように囁き、その恥じらう表情を見て俺達は興奮していた。
ここまで来てもあやは、自分が男4人から同時に犯されていることが信じられないらしく、ダチが思いきり子宮めがけて突き上げても、俺が髪を掴んで喉の奥に押し込んでも、眉間にシワを寄せるだけだった。
やがてダチが我慢できずに「イクぞー!」と叫び、激しく腰を振った。
ダチがあやの子宮めがけて思いきり放出する。
俺もその動きに合わせ、あやの髪を引き寄せると喉の奥めがけて勢いよくぶちまけてやった。

「オラ!こぼすなよ!」
「全部飲まないと小便飲ませるからな!」

脅すと覚悟を決めたらしく、眼を固く閉じ、ゴクリと飲み込んだ。
俺は咥えさせたまま命令を続けた。

「ちゃんと舌でキレイにしな!」
「裏まで全部だ!」

そうやって髪を引き寄せながらゆっくりとあやの舌で余韻を楽しんだ。
ダチのほうはゆっくりと引き抜き、濡れたままのモノをあやのカバンにあったハンカチで拭いていた。
そしてあやの制服のブレザーから携帯を探し出し、すべてのデータをダチの携帯にコピーし始めた。
満足した俺があやをゆっくりと離すと、よほど苦しかったのかシートに倒れ込み、半裸の身体を隠すことなく大きく口を開いてハァハァと息をしていた。
まだ出してない後輩の若い2人は容赦なかった。
ぐったりしているあやの乳首を乱暴に吸ったり、乳房にキスマークをつけたりして楽しんでいた。

夕方になり、辺りが暗くなってきた。
そろそろあやを帰さないとマズい時間だ。
俺は後輩に、あやを裸のままガムテープで後ろ手に縛るように命令した。
あやは何をされているのか理解できずにいたが、手を後ろ手にされると、「もうイヤだぁー!もうムリ!ムリ!」と泣き叫びだした。
俺達は服を着て、あやを解放する支度をした。

あやの携帯をコピーし終えたダチも服を着て運転席に移り、車を公園からゆっくりと出した。
あやは「ヤダぁー!お願い、服着せてぇー!」と泣き叫んでいたが、後輩たちはあやのシートを起こすと・・・。

「お前の裸、外から丸見えだぜ!」
「お!お前と同じ高校の制服だぜ!」

などと脅し、あやの怖がる顔を楽しんでいた。
実際はスモークガラスで外からは見えないのだが、まだガキのあやにはそんなことなどわからず、すっかり怯えてすすり泣いていた。

「オラ!丸見えだから隠れて咥えてな!」

あやの横に座っていた後輩があやの髪を引っ張り、嫌がるあやの頭を押さえつけ、横向きにして自分のモノを力ずくで咥えさせた。

「オラ!さっさと俺を満足させな!」
「じゃないとお前の家の前で夜まで咥えさせておくぞ!」

あやは脅され、懸命に慣れない未熟な口を上下に動かしていた。

「なかなか上手いじゃん!」
「ガキのくせにスケベだな!」
「よしよし!おおー、イクぞー!」

吠えながら後輩は腰を浮かし、勢いよくあやの口に放出した。
余韻に浸り、あやの髪を撫でながら・・・。

「オラ!最後の一滴までキレイに舐めな!」
「後始末をちゃんとしろよ!」
「ちゃんと裏側まで舐めな!」

満足してあやから離れると、もう1人の後輩がよほど待ち遠しかったのか、すでに元気なモノをブラブラさせ、同じようにあやの髪を押さえつけて強引に咥えさせた。

「アッ!待って!」

あまりの大きさに顔を背けてあやは抵抗するが、手を縛られていてはどうしょうもない。
口の中いっぱいにして苦しそうに咥えだした。
俺も周囲に注意しながらあやに手を伸ばし、乳首を力任せにつねったり、尻の穴に指を入れたりして、尻を振りながら逃げまどうあやの姿を楽しんだ。
あやは、今自分がどこを走っているのか考える余裕などなく、ただ命じられるまま懸命に口だけを使って奉仕していた。
あやの自宅近くに来ると、咥えさせていた後輩は「出すぞーー!」と叫びながら思いきりあやの喉をめがけて放出した。
あやは眉間にしわを寄せ、命じられるまま精液をゴクリと飲み込み、苦痛と悲しさで涙で顔をグチャグチャにしながらも後輩のモノを自分の舌で綺麗にしていた。

車をあやのマンション近くに停めたときは、もう外はすっかり暗くなっていて人通りもなかった。
あやも、今自分がどこにいるのか分かったみたいで、「もう帰して!」「服を着せて下さい!」と哀願していた。
俺は後輩たちに縄を解くように支持し、ダチには助手席に放ってあった制服を後ろの席に放り投げてもらった。
あやは俺たちがニヤニヤしながら見ている中で、自分の愛液と精液で濡れているチェックのスカートを穿き、震える指で制服のボタンを留め、紺のハイソックスと紺のベスト、学校のエンブレムが胸にあるブレザーを着て、黒の皮靴を履いた。

泣きながらカバンを抱えて走ってマンションに入るあやの姿に、俺はまた激しく勃起していた。
あやをもう一度呼び出して犯したくなった。