息子の友達にいきなり後ろから抱きつかれて・前編

この体験談は約 7 分で読めます。

息子の耕太が中学3年生になり、身長が伸びるようにと部活をバスケットボール部に変えました。
息子は優しい性格なので、すぐに友達も出来て、部活が終わると一緒に帰って来るようになりました。

夕方、用事が終わり家に帰ると息子の友達が来てました。
部活の仲間で、1人は息子と一緒に部活を変えたノリ君、もう1人は部活で仲良くなった伸治君です。
この子は身長が170センチ以上あり、体格もがっしりしてて大人のようです。
2階の息子の部屋にジュースを持って行きました。
伸治君は何か変な目で私を見てる感じです。
まぁそういう年代かも知れません。
1週間に1、2度、ゲームで遊ぶためにやってきます。
階段を上がる時に下にいたり、トイレから出るとドアの前にいたり、何か嫌な感じです。

ある日の午前中でした。
お風呂の掃除をしていました。

ピンポン。

呼び鈴が鳴りました。
お風呂掃除していたので、デニムのミニスカートとTシャツでした。
ドアチェーンはそのままでドアを開けました。
伸治君です。

「午後から使う習字の筆を耕太君の部屋に忘れたかもしれないんで見てもらいますか?」
「あ、そうなの。授業は大丈夫なの?」

「自習になったんで先生に言ってきました」
「探してみるから中に入ってて」

ドアチェーンを外し、玄関に入れました。
手を洗って階段を上がりました。
下から覗いてる視線を強く感じました。
息子の部屋を探しましたが、筆は見つかりません。
少し危険を感じたので、階段を下りる時は注意しました。

「自分で探してみて」

嫌な感じがしたので、そう言ってその場を離れ、リビングのソファに座ってました。
しばらくして・・・。

「探したけどないので新しいの買います。水飲んでいいですか?」

そう言ってリビングの方にやってきました。
私はコップにジュースを入れて渡しました。
伸治君は私の方を見ながら一気にジュースを飲み干しました。
コップを受け取り、台所に戻ろうとすると、いきなり後ろから伸治君が抱きついてきました。

「何するの!やめなさい!」

リビングの床に倒されました。
伸治君が私の上に乗ってきます。
中学生とはいえ、身体つきは大人です。

「やめなさい、早く離して」

顔を私の肩に乗せて体重をかけてきます。
Tシャツの下から手を入れてきました。
そして胸を弄ってきます。
唇を合わせにきますが、もちろん拒み続けてます。
身体全体に体重がかかり、はね退けようとしても無理でした。
キスを拒むと私の首筋と耳を舐め始めました。

なんで中学生がそんな事を?
もしかして女性経験があるの?

そんな事が頭をよぎりました。
伸治君を跳ね返す力はありません。
大声を出して近所に知れるのも嫌です。
伸治君の手は胸から下へ、いきなり下着の中へ入ってきました。

「ダメよ伸治君、それ以上は!早く学校に帰って、お願い」

でも首筋と胸を触られると、女としてどうしようもなく反応してしまってます。
それに一番感じるとこを触ってくるなんて。

「伸治君やめて、もういいでしょ。ダメだって」

伸治君の指は深みの周りを動き回り、敏感なところも指で摘み上げます。
私は顔を両手で覆い隠し、恥ずかしい表情を見られないようにしてました。
指はついに奥深く入ってきました。

「動かさないで、もうダメなの」

「前からおばさんのことが好きだったんだよ、スタイルいいし、エロいよね」

「何言ってるの?あなたまだ中学生でしょ!」

入ってる指を掻き回すように動かしてきました。

「やめなさい、本当に怒るわよ。アアーやめてお願い、それもう、おかしくなるの」
「いいよ感じて、俺、結構年上とも経験あるから。ズボズボするよ、パンツ脱がすよ」

「何言ってるの中学生なのに、アーイヤー、そんなにいやらしく動かすの」
「おばさのオマンコ、ピクピクしてるよ、ビショビショだよお尻の穴まで。最近してないの?」

ショーツも下半身から抜き取られました。
ここ2ヶ月は性的接触がはっきり言ってありません。
38歳の女には酷です。
身体は正直に反応します。
伸治君の指使いはショーツを取ったこともあり自由に動きます。

「おばさんってクリトリスも相当感じるみたいだね」

そこを摘んだり押したり、剥かれて触られたり・・・。
優しく触られた瞬間に、不覚にも下半身に心地好い振動が始まりました。
顔を両手で覆いました。

「あ、伸治君が変な触り方するから、アー痺れる、アーアーアーアー・・・イクーー」

「おばさんのオマンコ柔らかいね、想像した通りだよ、入れるね」

いきなり入ってきました。

(あ、そんな、ずるい!)

逞しい胸、鍛えられてる腹筋・・・。
私は相手が中学生だということも忘れて、恥ずかしいほど嬉しくなってきました。
自分から腰を擦りつけ、密接な結合を求めました。

「全部脱いで」

そう言われて一瞬躊躇しました。

「脱がないなら抜くよ」

「イヤ、抜かないで、お願い」

私はTシャツを脱ぎ、ブラジャーを自分で外し、デニムのミニスカートも脱ぎました。
激しい抜き挿しに、もう頭は真っ白です。

「おばさんはスタイルがいいし柔らかいから気持ちいいよ、近所のおばさんは太ってイマイチ」

「伸治君、キスして、イキそうな、素敵なの」

「いいよ」

私は下から伸治君の首に手を回して唇を求めました。
伸治君の中に舌を差し入れ、舌を絡め、男の息の臭いを堪能しました。
伸治君が腕を伸ばして下半身を密着させ、腰を打ちつけてきます。

「それいいの、それ、痺れるわ、たまらない、イッちゃうよーイッちゃうよー、アー来るーー」

私は深い快感に漂いました、下半身が自分の意志ではなく脈打ってます。
その時、私の身体の中でドクドクと注がれるモノを感じました。
奥に伸治君の精液が放出されている。
私の身体はまた反応し、高みに達しました。

「伸治君、今日のことは間違いだから忘れてね、お互い困るでしょ」

伸治君の下半身はまた元気になっています。

「おばさん、どうしたの?」

「え?」

逞しい腹筋の下にそそり立つモノが・・・。

「これが悪いのよ、このオチンチンが!」

私の頭の中は混乱状態になりました。
伸治君のモノを愛おしく口に含んでしまいました。

「あまりしたことがないの、下手でゴメンね」

唇をすぼめて動かしました。
ドクドクした血液の流れと、さらに硬さを増していく感覚が女として嬉しくなります。

「もっと舌でチョロチョロしてくれたらいいかも」

「これでどう?」

舌でグルグル回してみました。

「あ、いいよ。裏のところも舐め上げて。玉もして」
「こう?気持ちいい?」

「凄く気持ちいいよ、入れたくなったよ。後ろから入れるね」
「私も欲しい、伸治君」

「おばさん、もっとお尻を上げて」

後ろからなんて久しぶりです。
なんという気持ちよさでしょう。

「凄くいい、いやらしいの、後ろからなんて」
「おばさんはエッチだね」

「涼子って呼んで」
「いいよ、涼子」

「奥まで入ってる、こんなの初めて、奥が痺れるの伸治君」
「涼子のマンコも柔らかくて気持ちいいよ」

「ああ、嬉しい。嬉しくて感じるの」

後ろから貫かれながら、伸治君の手が胸を揉み始めました。

「それ弱いの、あ、また来そう」

ピストンが激しくなりました。

「オッパイそのまま、イクわ、ゴメンねイク、イイーイイーアアアーー」

少ししてザーメンが中に放出されました。
律動と温かい感触に女の喜びが再び起こりました。
3回目は私が口でしてあげました。
そして夕方、息子が帰ってきました。

「今日、伸治君、学校を休んだんだ、風邪が流行ってるからね」

「そうなの・・・、あなたも気をつけてね」

伸治君は学校を休んで計画的に私を犯しに・・・。
罪悪感で頭がいっぱいになりましたが、あのことを思い出すと顔が火照ります。

あれから1週間、伸治君は遊びに来ません。
やはり、間違いだと気がついてくれたのでしょうか。

ある日、買い物から帰ると息子の友達が来ていました。
その中に伸治君もいました。
動揺してしまい、心臓がドキドキしました。
ジーパンでしたがすぐにスカートに着替え、下着も変えました。

「公園でバスケやろうよ」

「ちょうどゲームがいいところだから先に行ってて」

伸治君の声です。
もしかして・・・。
伸治君が2階から下りてくる音です。
私は台所で洗い物をしていました。
近づいてきます。
後ろから肩を掴まれ、振り向かせられます。

「伸治君、やはりダメよ」

唇を合わせてきます。
顔を背けましたが、唇が触ると受け入れました。
手は私のお尻を抱いています。
自分から舌を絡ませ、男の臭いを味わってしまいました。
伸治君の手はスカートをたくし上げ、直接お尻に。

「すごいパンツ穿いてるね、Tバックかな?お尻が全部出てる」

「イヤ、言わないで」

「やはり涼子さんはスタイルがいいね。太ってるオバサンとするのはもうやめよう」

他の女とセックスしてたから1週間も来なかったの?
嫉妬の気持ちが芽生えました。

「その人とはいっぱいしたの?」

「そんな事ないよ」

密着した彼の下半身が大きくなってきたのがわかります。

「伸治君、いい?」

ズボンの上から擦りました。

「奥の部屋で、ね?」

伸治君の手を引いて奥の部屋へ導き、ドアを閉めました。
跪き、ベルトを緩め、ファスナーを下げてズボンと下着を下ろし、伸治君のオチンチンを露出させました。
すぐに口を被せて奥まで入れてしっかりと味わいました。
頭の中が幸せで満たされ、前に教わったように舌を動かしたり、強く吸ったりして頑張りました。
伸治君も気持ちいいと言ってくれて、私の胸を触ってきます。

「伸治君・・・入れて」

私は自分から床に仰向けになりました。
伸治君はスカートを捲り、Tバックのショーツをずらし、いきなり挿入してきました。

「アー、気持ちいいの、伸治君」

「ずっとしたかったの?」

「そうよ、待ってたのに他の人としてたなんて、酷い」

脚を伸治君に絡め、唇を求めました。
伸治君の腰の動きが速くなりました。

「凄くいいわ、凄いそれ、イッちゃう、いい?」
「出すよ」

「いいよ出して、早く出して。来たわ、アーイッちゃうーー」
「涼子、立って壁に手ついて」

すでに下半身は脱がされてます。
すぐに伸治君は後ろから入ってきました。

「本当に涼子のマンコは柔らかいね、兄貴も『いい女だ』って言ってたよ」

「え、兄貴って?」

「5歳上の兄ちゃん、もう働いてて、色々教えてくれるよ」

深く入れて腰を回してきます。
突き上げられる感覚で身体中に鳥肌が立ちます。

「それいい!すぐにイッちゃう、ヒィーヒィーアー・・・ゴメンね、私ばかりで。口でしていい?」

手はタマタマを握りながら唇でオチンチンを上下させました。
伸治君は自分でも腰を動かして私の口の中に出してくれました。
生温かい感覚に充実感が頭を包みました。

伸治君の携帯に、早く公園に来るようにメールが来て、急いで出て行きました。
お兄さんに私のことをどの程度話したのか不安になりました。

<続く>