温泉旅行で代わる代わる3人の男に犯され続けた

この体験談は約 3 分で読めます。

はじめまして、博美です。
24歳のOLです。

私には2歳年上の彼がいます。
彼とのエッチは週に2度ほど、彼の部屋でしています。
付き合い始めて1年くらいですが、最近、彼とのエッチに快感を覚え始めてきました。
とても気持ちが良くてエッチにハマっています。

そんな私が今年の夏に経験したこと。
・・・輪姦です。

今年の夏休みに、会社の仲良しグループと温泉に行きました。
男3人、女2人で2泊3日。
1泊目の夜、食事も終わり、みんなで私と良子の部屋でお酒を飲みながら、色々なお話をしていました。
酔いが進むに連れ、お互いの初体験やエッチな話も色々と。

深夜も12時を過ぎた頃、女友達の良子が酔い潰れ、テーブルに伏したまま寝てしまいました。
一緒に来たリーダー格のYさんが冗談で、「俺、良子が好きで、前からしたかったんだ」と言いました。
みんなも酔った勢いで、笑いながら、「やっちゃえ、やっちゃえ」とからかいました。

Yは急に怖い顔になり、「じゃー、博美から先にやってやる」と言い出し、隣の部屋に連れて行かれました。

私は悪い冗談だと思い、「何言ってるの、やめてよ」と彼を軽く突き飛ばしましたが、力の強い彼は私の手を乱暴に引いてベッドに押し倒されました。
私は他の2人に助けを求めましたが、彼らも浴衣を脱ぎながら、私達がいる部屋に入ってきました。

3人がかりで浴衣を剥ぎ取られ、ブラジャーやパンティも簡単に脱がされてしまいました。
3人の手と舌で全身を愛撫され、私のアソコとお尻の穴に誰かの指が入ってきました。
クリトリスも同時に刺激され、だんだんアソコも濡れてきました。
YさんがSさんに言いました。

Y「S、お前、博美が好きなんだろ。先にお前がやれよ」

2人に手と足を押さえられ、抵抗ができなくなっている私の上にSさんが乗ってきました。
乱暴に乳房を舐め回し、硬くなったアソコを私の中に押し込んできました。
私は、「いや、やめて」と言いましたが、Sさんのアソコはどんどん深く私の中に入ってきます。

S「博美、好きだ。好きだ」

夢中で腰を動かします。
すぐにSさんは私のお腹に射精しました。
Sさんが私から離れると、入れ替わるようにYさん私の上に乗っ来て、Sさん同様に私の中に入ってきました。
今度はもう1人のMさんが私の胸にビンビンのアレを押し当ててきて、同時に攻められました。
私は最初のSさんとのセックスで力尽きてしまい、成すがままになっていました。
胸とアソコを同時に攻められ、激しく体を2人の男に攻められて、少しずつ気が遠くなってきました。
気が付くとYさんは私の太股に射精していました。

次にMさんが私の中に入ってきました。
Mさんが私の中に入ってきたと同時に、酔い潰れていた良子も隣のベッドに連れてこられました。
良子がYさんとSさんに犯されているのを横目で見ながら、私も3人目の男に犯されていました。
そして気を失いかけたのと同時にMさんの精液が私の中に溢れ出すのを感じました。
朝まで私と良子は代わる代わる3人の男に犯され続け、乱暴な行為に疲れきった私達は夜まで熟睡状態で眠りました。

2日目の夜。
昨夜の体験ですっかり麻痺してしまった私と良子は、すっかり3人の男のセックスの虜になっていました。
私達から積極的に男達のアソコを舐め回したり、上に乗って激しく腰を動かしていました。
私も良子も頭の中が空っぽで、中で射精されても気にならなくなっていました。

東京に帰って来てからも、5人のエッチは続いています。
土曜と水曜は私の彼と。
それ以外の日は日替わりで、Yさん、Sさん、Mさんと。

彼とする時はスキン着用ですが、Yさん、Sさん、Mさんは、温泉での体験で私がピルを飲んでいるものと勘違いして、毎回中に出してきます。
妊娠が怖いのですが、気持ちよくて断りきれません。
彼の優しいエッチも大好きですが、最近は乱暴にされるのも病み付きになってしまいました。