カノ友のキャバ嬢に車の中でオナニーさせたった

この体験談は約 2 分で読めます。

こないだキャバクラで働いてる彼女を迎えに行った。
まあ簡単に言えば彼女のツレとヤッた話だ。
で、俺としては彼女とは知り合って短いし、俺の客ってのもあるからあんま長く付き合うつもりもなかった。
細い客だしね。
そういうことをわかってなのか、彼女のツレに誘われた。

あ、ここで状況を書いとく。
俺:21歳、大学生兼ホスト。
彼女:S、19歳、キャバ嬢で俺の客でもある、森三中似w
彼女のツレ:M、19歳、キャバ嬢、会うのは2回目、スタイルはいい、鈴木紗理奈似。

仕事が終わって彼女を迎えに行くと溺酔してた。
(まじか・・・)って感じだったとこにMが登場。

M「私も乗ってっていい?」

俺「いいんじゃない?こいつがこんなんだしw」

M「じゃあ、お願い」

この時、俺的には早く帰って寝たかった。
(でもMも客にできるかも!)って欲が出たんだな。
とりあえず彼女を部屋におぶって行って、車に戻ったらMが助手席に座ってたんでそのまま発進。

M「ね~」

俺「ん?」

M「Sのこと好きなの?」

俺「えっ、なんで?」

M「なんとなく・・・」

なんとなく誘われてるのかなって感じた。
けど、誘われてホイホイ行くのもなんだかなぁ~って感じだったんで、最初のうちはスルーしてた。

俺「まぁ、一応付き合ってるし」

M「一応なんだw」

俺「まだ知り合って時間も経ってないしな」

そのとき、Mが体を起こして聞いてきた。

M「時間が経たないと好きになれないの?」

おいおい、乳が出てるから・・・。

俺「乳、見えてんでw」

M「見せてるの。どうせSのお金が目当てなんでしょ?」

俺「これって誘われちゃってるわけ?」

M「うん・・・」

俺「じゃあもっとその気にさせてーやw」

俺の言ってる意味が分かったみたいで、Mの家に着くまで車の中で色々してくれた。
最初は普通にしゃぶってたんだけど・・・。

俺「そんなんじゃ、その気になんないよ」

M「どうしたらいいの?」

上目遣いかよw

俺「なんでもいいんか?」

M「・・・うん・・・」

俺「じゃあオナニーしてよ」

M「えっ・・・まじで言ってんの?」

素が出たよw

俺「嫌ならいいよ。送ってって帰るから」

M「やだぁ・・・」

Mは黒のドレスの裾をまくって触りだした。

俺「もっと見えるようにして」

M「うん」

俺「見えてないんだけど」

M「はい・・・ん・・・」

車を走らせながらオナニーするのが恥ずかしいみたいだ。
俺は服従させるのが好きなんでこういうのは好きw
結局、Mの部屋に着くまでにはイカなかったけど、部屋に入っていきなり立ちバックで入れたら速攻でイッてたw