巨根童貞の俺を狂わせた家庭教師先の奥さん・第3話

この体験談は約 6 分で読めます。

「ユウダイを生んだあと、あまり良くなくて、もう次は出来ないって」

俺がユキエさんの奥深くに発射して動けなくなっていると、彼女は耳元で囁いた。
俺が黙っていると、「阿部君、重たいよ」と言って俺にキスをした。
俺は上半身を起こし、そのまま動き始めた。

「続けてなの?うそ!」

驚くユキエさんを無視して、俺はもう本能にまかせてユキエさんの腰を掴んで動き続けた。
俺のくびれの部分がユキエさんの入り口を通過するとき、ユキエさんは腰を浮かせて、「あっ」と声を上げた。
その声にますます興奮した俺はピッチを上げた。

「んが・・・んあ・・・」

俺は鼻息を荒くして出し入れを繰り返した。
ユキエさんは頭の横についた俺の二の腕を掴みながらだんだん高い声を上げ始めた。
ユキエさんの声はだんだん大きくなっていった。
俺の頬を両手で挟んで、そのまま俺の髪の毛をくしゃくしゃにし始めた。
俺は我慢できなくなり、「んぐぐ」とうめいて中に発射した。

繋がったまま横向けになり、俺とユキエさんはキスをした。

「好きです」と俺が言うと、「ありがとう、やさしいね」とユキエさんは笑った。

「マジで好きです」と繰り返すと、ただ笑うだけだった。

俺のチンチンはまだまだ硬いままだった。
そのまま俺は仰向けになり、ユキエさんは俺の上になって動き始めた。
俺のうめき声と、ユキエさんが時々あげる高い声が寝室に響いた。
ユキエさんの腰から下が別の生き物のように細かく動いている。
俺は下から胸を鷲掴みにして、ユキエさんの動きに任せていた。

いきなり電話が鳴った。
ユキエさんは俺と繋がったまま手を伸ばし、コードレスの子機を取り、「もしもし」と言った。
俺は驚いて胸を揉む動きをやめた。
ユキエさんは細めた目で俺を見下ろしながら、「うん、少し具合が悪いから早く寝てた」と話していた。
ご主人のようだった。
片手で受話器を持ちながら、ユキエさんは俺の顔を撫でた。

「じゃ、おやすみなさい」と受話器を置くと、ユキエさんは俺の胸に両手を置いて腰を激しく動かし始めた。

「こんなこと・・・自分がするなんて信じられない・・・」

ユキエさんは高い声を上げ始めた。

「阿部君が悪いんだよ、こんなの初めてだもの、大きいの」

身体を反らせ、俺の太ももに手を置いて小刻みに腰を動かし続けた。
俺は上半身を起こし、ユキエさんの腰を掴んで下から必死で突き上げた。

「あふ・・・ん・・すごい」

ユキエさんは少し笑いながら口を半開きにして俺にしがみついた。
俺はそのまま覆い被さり、スパートをかけて中に出した。
俺とユキエさんは並んで寝た。

「ごめんね、ホントに久しぶりだったから、なんか欲求不満みたいで恥ずかしい」

ユキエさんは俺の胸を触りながら言った。

「阿部君、これからモテると思うよ、なんか顔つきが変わったもの」

ユキエさんは言うと、そのまま寝てしまった。

次の朝、一瞬どこにいるのか判らなかった。
ユキエさんはすでにベッドにおらず、台所の方から音がしていた。
俺はもうユキエさんのことがマジで好きになっていた。

シャツを着て、タオルを巻いて台所に行くと、ユキエさんは薄く化粧をしていて、パンを焼いていた。
俺は言われるがままシャワーを浴び、すっかり乾いた服を身に着け、2人で朝ごはんを食べた。
目が合うとユキエさんは恥ずかしそうに笑った。

「あの、お母さん・・・」

「お母さんはやめようよ」

「じゃ、奥さん」

「それもいやらしくない?」

「じゃあユキエさん」

ユキエさんは笑って、「私の名前、知ってたんだ」と笑った。

「ユウダイは夕方頃に帰ってくるけど、阿部君は?」

「俺も夕方から部活だけ出ます」

「じゃあ、ゆっくりしていけるね(笑)」

カーテンを閉じたリビングで、俺はソファに腰を下ろして脚を開いていた。
エプロンをつけたままユキエさんは跪いて、俺のチンチンを深く咥えてくれた。
うどんをすするような音を立てながら、舌が俺のチンチンを丁寧に舐め回していた。

「口でこういうことするのって久しぶり」

そう言う割には、馴れた舌の動きを見せてくれた。
俺は「好きです、好きです」とバカの一つ覚えのように呟いていた。
俺はそのままユキエさんを床に押し倒し、スカートを捲り下着をとって、彼女の中に入った。
しばらくそのまま腰を動かしたが、「背中が痛いよ」と言われたのでソファに座らせ、中腰でユキエさんの両肩を掴んで腰を振りまくった。
外はいい天気だったが、俺はユキエさんの二重の目を見ながらまた中に出した。

そのままユキエさんを脱がせてベッドに連れ込んだ。
少し大きなお尻を後ろから掴んで、俺は突きまくった。
昼飯も食べずに俺とユキエさんはベッドでセックスをやりまくった。
最後に一緒にお風呂に入り、そこでも壁に手をつかせて後ろから突きまくった。
ユキエさんの声が風呂場に反響して、俺は興奮してさらに突いた。

まだまだやりたかったが時間が来た。
俺とユキエさんは玄関で長いキスをしたあと、別れた。

それからしばらくは、カテキョーに行っても落ち着かなかった。
ユウダイは当然、いつもと変わらず真面目に勉強をしている。
ユキエさんは目が合ったら笑いかけてくれるが、それ以上のことはない。

受験も近づいた年末、悶々としながら予想問題を解いていると、ユキエさんが、「先生、ちょっといいですか?」と俺に声を掛けてきた。
俺はユウダイの部屋を出て、リビングに2人で向かった。

「ユウダイはどうですか?」

ユキエさんはあんなことなんかなかったように聞いてきた。

「期末も良かったですし、本番でよっぽどのことがない限り大丈夫です」

俺は答えた。
ユウダイがリビングに顔を出し、「できたよ、せんせー」と問題を持ってきた。

「お」と言いながら俺は回答を受け取った。

「お母さん、先生と話があるのでもう少し部屋にいなさい」とユキエさんが言った。

俺は一度ユウダイの部屋に戻り、なるべく時間がかかりそうな問題を指定してリビングに戻った。

「何のはなしー」

ユウダイは何気に聞いてきた。
俺は声を落として、「内緒だけど俺のお給料の話」と笑った。

「なるほどね」とユウダイは物分かりよく笑い、「じゃあ、終わったら答え合わせしてよね」と言って問題に取り組み始めた。

部屋を出るとユキエさんが立っていた。
俺は黙ってユキエさんの手を引き、ユウダイの部屋から少し離れた寝室に引っ張った。

「ちょっと・・・。先生?」

俺はユキエさんを壁に押し付け、「好きなんです、どうして無視するんですか?」と問い詰めた。

「無視なんかしてないですよ」とユキエさんは誤魔化そうとしたが、俺はそのまま黙って壁に押さえつけキスをした。

「だめ・・・」

「大丈夫です、ここだったらユウダイ君が部屋から出てきたらすぐわかるし」

俺は少しおかしくなっていた。

「やっぱりね、こういうのはダメでしょ?」

ユキエさんは俺の体を押して少しキツい口調で言った。

「先生、解けたよー」と言うユウダイの声が聞こえた。

俺は我に返り、体を離した。
ユキエさんはほっとしたように、「今が一番大事な時期なんでしょ?」と襟元を直しながら無理に笑ったような顔で俺に言った。
俺はまた謝り、ユウダイの部屋に戻った。

経験のない俺が舞い上がったのが恥ずかしかった。
どこかでユキエさんも望んでいると勘違いしてたみたいだ。
俺は、この前のことを忘れようと心に決めた。

ユキエさんに拒まれたことが原因とは思いたくないが、俺の女性への苦手意識は強くなった。
部活でも俺の“純情”は有名になりつつあり、先輩女子によくからかわれた。
チューバが面白くなってきたこともあり、俺は熱心に練習して同期や先輩にも可愛がられた。

でも俺はユキエさんが好きなままだった。

(とにかくユウダイを合格させて喜んでもらおう)

俺はそう勝手に決心して、参考書や問題集を買い漁り、大手の塾でバイトしている先輩や友達から情報を集めた。
ユウダイは俺に懐いてくれて、素直について来てくれた。
そして受験は成功、ユウダイはK高校に合格した。

3月のある日、俺はユキエさんとユウダイ、そしてご主人と晩御飯を食べていた。
ご主人は小柄で賢そうな眼鏡をかけていた。
合格のお礼というわけだが、つまりこれで契約解除ということだ。
俺はこれでユキエさんを見るのも最後だなと思いながら無理に笑っていた。

「そうだ、今日はプレステしよーぜ」

ユウダイが言った。
結局、俺は酒を飲んだ。
ご主人は潰れてしまい、俺はユウダイの部屋で寝た。
横になってすぐユウダイは寝てしまった。
トイレを借りようと廊下に出ると、ユキエさんはまだ片付けをしていた。
俺は思いきってリビングまで出て、ユキエさんと顔を合わせた。

「あら、まだ起きてたんですか?」と言い、「麦茶でも飲みます?いっぱい飲ませちゃってごめんなさいね」と言った。

俺は立ったまま、「あの・・・、俺の気持ちは今でも変わりません、でもすみませんでした」と頭を下げた。
ユキエさんは蛇口を止めて俺に近づき、「色々ありがとう」と言った。

俺は酔いにまかせ、彼女を抱き寄せてキスをした。
ユキエさんは意外にも抵抗しなかった。
長い間抱き合って、俺がスカートを捲り、脚をさわると初めて手を止め、「だめよ」と言った。

「彼女、できないの?」

俺は頷いた。

「そう・・・」とユキエさんは言った。

「明日は?」

「部活もオフで寝るだけです」

そう言うと、「明日は主人はゴルフ、ユウダイは生意気に朝からデートなんだって」と笑った。

「だから」と、ユキエさんは俺を見て言った。

「今日はもう寝なさい」

俺は大人しく部屋に戻った。

<続く>