女友達に彼氏役を頼まれて・・・後編

この体験談は約 9 分で読めます。

そんなこんなで時間はあっという間に過ぎて、お開きになった。
二次会のお誘いを丁重に断り、居酒屋を出た俺とA美は、先輩と男に別れを告げて駅に向かって歩いた。
彼らから見えなくなるとA美は俺の腕を組んできて、頭をちょこんと俺の肩に置いて、「今日はありがとう」とだけ言ってきた。

「大丈夫か?かなり飲んでたよな。家まで送って行くよ」

俺はそのまま駅の方向に足を速めていくと、A美が急に足を止めて俺の胸に頭を寄せてきた。

「今日は帰りたくない。お願い」

A美はそう言うと俺にそっと抱きついてきたのだ。
俺は何も言わずA美の肩を優しく抱いて駅の反対方向に足の向きを変えて歩いた。
俺はその時、初めてA美が“女”に思えたのだ。
そして、女としてのA美を色々と試してみたくなったのである。

そう思うと俺は不思議に気持ちが落ち着いてきた。
歩いている途中でA美の横顔を見ると、とても可愛くて癒やされている気分にもなった。
そうして歩いて行くと目の前はホテル街のネオンの光。
とても明るく感じた。

途中コンビニで酒やコンドームなどを買い込んでホテルに入って行った。
土曜日だということもありかなり部屋は埋まっていたが、値が高い部屋が幸運にも空いていたので、その部屋に決めてエレベーターに乗った。
エレベーターに乗り、俺はA美と熱いキスを交わした。
俺達は舌と舌を絡め合いながら激しいキスをしていた。
A美のいやらしい甘い息遣いが俺の性的興奮を掻き立てる。

そしてエレベーターが止まり、部屋の中に入った。
俺はA美とベッドに座り、再び熱く長いキスを交わした。
そしてコンビニで買ってきた酒を取り出し、口に含んでA美に飲ませた。
俺の唾液が混ざり合った酒を飲むA美の喉から聞こえる音がいやらしさを増す。
そして俺はアダルトグッズの自販機があるのを見つけ、まずはA美の性感帯をゆっくり探して、反応を楽しみたいと思った。

「シャワー浴びてくる」とA美は立ち上がろうとしたが、「シャワーは後でいいよ。大丈夫。俺に任せて」とA美の腕を掴み熱いキスをしながらスーツをゆっくり脱がせ、ピンク色の下着はそのままにしてベッドに寝かせた。
そして、「ちょっと待っててね」と俺は自販機からアイマスク、ピンクローター、オルガスター、ローション4点を購入した。
A美は口を手で塞ぎながら、「それ使ってどうするの?痛いのはやだ・・・」と顔を赤らめていた。
その仕草が何とも可愛らしい。

俺は道具の準備をしてA美にアイマスクを着け、部屋の照明をピンク色に設定し、A美の身体をゆっくり眺めた。
初めて見るA美の身体。
実際にピンク色の下着を着ていたが、ピンク色の照明が当たっているグラマーな身体はとてもいやらしく、薄っすら汗ばんでテカっていた。

A美は恥ずかしそうにブラとパンツに手を乗せていた。
俺はA美の手を優しく下着から離し、ローターでA美の耳、首筋、胸とゆっくり上からなぞるようにして這わせてみると、少しずつA美のいやらしい息遣いと声が激しくなってきた。
そしてブラの周りを円を描くように這わし、中心部にある乳首の上を這わせた瞬間、「あっ、あぁ~!」とA美は声を出し、俺の手を握ってきたのだ。

「乳首、感じるんだ?」

A美の耳元で囁いて耳元にキスをしたら、「あっ!」と声を上げ、ビクッと身体を震わせた。

(結構感じやすい身体なんだな)

そう思った俺はローターで優しく耳と乳首を刺激し続けた。
そして優しくブラを外し、ツンと立っているピンク色の乳首を直にローターで当てて刺激してみると、A美は恥ずかしそうに頭を横に向けて、「駄目・・・アン・・・」と小さな声を出して俺の頭を撫でてきた。
乳首をローターで強く押したり、軽く乳首に当たるように繰り返し刺激すると、乳首は徐々に硬くなっていき、A美のいやらしい声が大きくなり、胸の周辺がいやらしく湿ってきたのだ。
そして乳首から少しずつ下の方へローターを這わせ、へその周りを刺激し、ゆっくりローターをA美のあそこへと近づけてみると、A美は手を口に当てて息を殺すように塞いでいた。
自分の恥ずかしい声が聞こえないように塞いだのだろう。

俺はA美の顔を覗く様に近づけて、その手を優しく離し、「口を開けて」とA美に口を開けさせた。
そして俺の唾液をツーっと垂らし、グチュグチュ、ジュルジュルとお互いの唾液を飲むようなキスを交わした。
口を離すと2人の唾液がネットリと糸を引き、「ハァ~、ハァ~・・・」とお互いの声と、顔と顔の間に充満する生温かい息のいやらしい匂い。
俺はもうすでに勃起状態だった。
俺はパンツの上からローターでA美のオマンコを優しく刺激してみた。

「あっ!ああ~~~!」

A美は今までにない声を出し、反応を楽しみながら刺激し続けると湿りだしてきて、いやらしい匂いが漂う。
その汁をローターに濡らして押したり離したりしていると糸を引く。
そのいやらしい光景を見て、今度はクリトリスの部分を刺激してみた。
そうするとA美は大声を出しながら身体を捻じり、「いやっ、あぁ~・・・」と頭を横に振り始めた。

(なかなかいい感じ方をするな)と思った。

そろそろA美のオマンコを拝みたくなったので、パンツをゆっくり脱がせた。
A美の初めて見るオマンコはピンク色で、もうすでに洪水状態。
何ともいやらしい汁が溢れていて綺麗に光輝いていた。
そしてローターをクリトリスに当ててみると、「駄目ぇ~!もう・・・。変な感じになっちゃう・・・」と両足をばたつかせたので、両足を抱えて俺の頭を挟む体勢にしてクリトリスとオマンコの中をゆっくりローターの強弱を変えながら出し入れして、刺激を続けた。
長い間それを続けると、急にA美の身体に力が入った。

「いやぁ~~~!!!トイレ、トイレに~!!」

A美が叫ぶと、いきなりオマンコからドピュッ、ドピュッと潮を吹いたのだ。
A美はグダッと全身の力が抜けてしまったようだ。

「イッちゃったのか?」

「うん。イッちゃった・・・。もうおかしくなっちゃった・・・」

そして俺はそのままゆっくりローターをアナルに当て刺激した。

「もう駄目・・・。変な感じ・・・。あぁ、気持ちいい・・・」

アナルも感じてるようなので、俺はアナルをローターで刺激しながらオルガスターをオマンコに挿入し、クリトリス、オマンコ、アナルの3点を刺激した。
するとA美は狂ったように、「もう駄目!もう駄目!いやぁ~~~!!!」と叫びだすと、再びオマンコからさっきより大量の潮を吹いた。
俺はそのまま刺激しながら、アナルの中にローターを挿入しようとした。

「いや・・・。恥ずかしいよ・・・」

A美は頭を振っていたが、本当に嫌がっている様子ではなかった。

「力を抜いて」

俺はアナルの周りを刺激しながらゆっくり挿入しようとした。
最初はきつく締め付けていたA美のアナルだが次第と緩くなっていった。
そしてA美のオマンコから溢れ出す汁と潮のおかげで買ったローションは使う必要もなく挿入することが出来た。
そしてローターを“強”にして3点を刺激すると、A美は大きな声で叫びながら再び大量の潮を吹いた。

「もう駄目。もう勘弁して・・・」

A美はそう言うと、気絶したように全身の力が抜けてしまったのだ。
俺はA美が着けているアイマスクを外して舌と舌を絡めてキスをした。

「気持ち良かった?」

A美は目に涙を浮かべながら、「うん」と言うと俺に抱き付いてきた。
そして俺はA美の背後に回って優しく抱いて、「もっと気持ち良くしてあげるね」と長いキスをし、キスをしながらA美をベッドに寝かした。

今度は道具を使わず、俺の口と舌と手でたっぷり唾液を付けながらA美の熱い身体を頭から足の爪先までゆっくり愛撫し、味わった。
A美の乳首は硬く突起していて、そのいやらしい乳首を舐めたり吸ったり優しく噛んだりしていると、「もっと・・・舐めて・・・」とA美はせがんできた。

「じゃあ一緒に舐めよう」

俺は大きく柔らかいA美の乳房を持ち上げ、「A美、自分の乳首を舐めてみて」と言うとA美は舌を出し、自分の乳首を舐め始めた。
そして俺も一緒にA美の乳首を舐めた。
舐め合っているとA美の口から自然と唾液が流れ始め、その唾液とA美の乳首を俺達はずっと舐め続けていた。
お互いの舐め合う音といやらしい匂い。
余程乳首が感じるのか、俺はA美の胸を揉みながら貪るようにA美の乳首を愛撫し続けた。

A美のオマンコを手で触るとビショビショに濡れていた。
その香りはいやらしい大量の汁と吹いた潮で洗い流されたのか嫌な匂いはあまりなく、何ともいやらしい匂いだった。
そしてA美のオマンコを口に含むとその味は甘酸っぱく、初めて味わう女のオマンコだった。
いやらしく硬いクリトリスを唇と舌で刺激しながら、2本の指をオマンコにゆっくり出し入れしていると、A美のオマンコはギュッ、ギュッと俺の指を締め付けてくる。

「あっ、また・・・、出ちゃうよ・・・」

A美が頭を振ったのでA美のGスポットを強く刺激していると、「もう駄目ぇ~~~!!!また出ちゃう~~~!!!」と叫びながら、また大量の潮を吹いたのだ。
俺はそのいやらしくビチョビチョに濡れた指をA美の口元に差し出し、「見てみな。A美のいやらしい汁がいっぱい付いているよ」とA美に見せると、「恥ずかしい・・・」と俺の指を握ろうとしてきたので、「だ~め」とA美の口の中に指を入れてやると、A美はその指を舐め始めた。

「俺達、本当にいやらしいね」

お互いの舌を貪るように絡め合った。

「A美。じゃあ今度はA美が好きなように俺を愛撫してみて」

俺はベッドに寝転がるとA美は抱き付いてきて、俺の口に激しく舌を入れて唾液を流し込んできた。
そして俺の身体を、俺がA美に愛撫したように優しく顔から首筋、そして乳首を舐め回し、俺のチンポを咥えてきた。

「最初はゆっくり優しく舐めて。たっぷり唾液を付けて」

俺はA美に言うと、「うん・・・」と言われた通りにフェラをした。
A美の初めてであろうフェラはとても初々しいが、とてもいやらしく、生温かいA美の口が俺のチンポを包んでくれた。
こんなに気持ち良いフェラは俺も初めてだった。
決して激しくはなく、優しく音を立てながらの包み込むようなフェラにたまらず、俺は溜まりに溜まっていた精液をA美の口の中に放出していた。
A美は、「ぅう~~ん・・・」と少しの間、俺のチンポを咥えたままでいたが、やがて口からチンポを離し、ゲホッ、ゲホッと咽ていた。

「大丈夫か?出していいんだよ」

「飲んじゃった・・・」

口の周りを手で拭いながら言うと、「微妙な味だね」と笑って俺を見つめてきたのだ。
そして俺のモノを握りながら、「お願い・・・」とA美は下を向いてボソッと呟いた。

「お願いって何?どうして欲しいの?」
「・・・入れて欲しい・・・」

「何を?ちゃんと言わないと解らないよ」
「◯◯の・・・オチンチン・・・。入れて・・・」

「聞こえないよ」
「◯◯のオチンチンを・・・入れて下さい・・・」

「どこに入れて欲しいの?はっきり言って」
「◯◯のオチンチンを私のオマンコに入れて下さい!・・・」

「じゃあ、俺のオチンチンをまた大きくして・・・」

そう言うとA美は俺のチンポを再び咥えてきた。
さっき大量に射精したにも関わらず俺のチンポはすぐに勃起し、「いい?入れるよ?」とだけ言うとA美の両足を掲げてクリトリスにチンポを擦りながら刺激させ、A美のオマンコの中にそのままゆっくり入れていった。
そのときの俺の頭の中には、妊娠が怖いとか浮気がどうという気持ちはなかった。
A美の中にあった“女”を見た俺は、A美の全てを支配したかったのだ。

A美の温かいオマンコの中に俺のオチンチンが入っている。
俺はそのまま腰を動かさないでA美を見つめた。

「生で入れちゃったよ。大丈夫?」
「うん。大丈夫」

「しばらくこのままでいい?」
「うん」

A美は両腕を俺の首に巻き付け、トロンとした目でニコッと笑った。
そして入れたまま長い時間、俺とA美はねっとりとしたキスを交わし続けた。
俺とA美の周りは2人のいやらしい匂いが充満していた。
そして2人の体温は部屋の中全てを包み込んでいるようだった。
もう俺達の間には羞恥心というものは感じられない。
俺は今までにない幸せを感じていた。
そして俺はゆっくり腰を動かし始めた。
そしてゆっくりA美の中を味わった。
色々な体位を試そうとはせず、A美の表情を見つめながら正常位のままで腰を振り続けた。
そして初めてA美の中で俺は果てたのだ。

しかし俺のモノは不思議に衰えることがなかった。
俺は再びチンポを抜かずにゆっくり腰を振った。
そしてA美を抱きかかえ、互いに抱き合いながら腰を強く振り続けた。
さすがに体力的に限界を感じてきたので仰向けになると、今度はA美が俺に抱き付きながらゆっくりと腰を振り始めた。
いやらしい音といやらしい息遣いが俺達を支配する。
A美の腰の動きがだんだんと細やかに強くなってくる。
おそらくA美はGスポット辺りを擦るように動かしているのだろう。
俺は再び果てそうになってきた。
そして俺の耳元にA美の舌が入ってきた。

「またイッちゃう・・・。イッちゃうよ!」

俺はそのA美の声と、ヌルヌルする舌と舌の感触が相まって果ててしまった。
そしてA美も俺を強く抱き締めると、「きゃあ~~~!!!」と叫び、身体を震わせながら俺に倒れてきたのだった。
やがて俺の下半身に温かい液体が流れてきた。
A美は絶頂と同時に潮を吹いてしまったらしい。
生まれて初めて女と一緒に果てた。
俺はA美を優しく抱き、舌と舌を絡め合いキスをした。
そして、そのまま抱き合いながら意識が遠のいていった。

目が覚め、煙草に火を点けて携帯を開くと時間はもう朝の8時を回っていた。
妻からの着信メールが入っていた。

『また、たくさんお酒を飲んで寝ちゃったんでしょ?おやすみなさい』という内容のメール。

俺はベッドに横たわっているA美の顔を覗いてみた。
A美の寝顔は幸せそうな感じで甘い寝息を立てて寝ている。
俺はしばらくその寝顔を見てから部屋の電気を点けた。
明るい部屋の中でベッドを見ると、所々に赤い模様が広がっていた。

「A美、起きろ。朝だぞ」

A美にキスをした。
A美は起き上がり俺を見ると、「おはよう」と言ってそっと抱き付いてきた。
その表情はとても明るく可愛かった。
そして俺達は初めてお風呂に入った。
2人でいちゃいちゃしていたがそれ以上のことはしなかった。
そして部屋をチェックアウトし、ホテルを後にした。

俺は会社に戻って書類の整理をしなければならなかったので、2人でタクシーに乗り、A美を無事に送って別れを告げて、そのまま会社に行った。
そしてその夜はおそらく眠れないだろうと思い、大量の酒を飲んで寝たのだ。
A美のことを思い出してしまうから・・・。

タイトルとURLをコピーしました