隠れ巨乳の彼女にハイパーミニを穿かせて電車でいたずら

この体験談は約 6 分で読めます。

俺は大学2年の学生で、今日は平日だけど、彼女と遊園地に遊びに行くために結構早く起きた。
彼女の有美は俺とタメで、20歳になったばかりだ。
地味な見た目で、眼鏡女子だけど、眼鏡を外すと美少女というタイプだ。
そして最近AVでジャンルとして確立しつつある、地味系女子の隠れ巨乳というヤツだ。
性格は地味な見た目そのままの大人しいタイプで、俺の言うことなら結構何でも聞いてくれる。
とは言っても、俺も有美にべた惚れなので、変なことをさせたりはしないが、ちょっと露出の高めの服を着させたり、大人のオモチャを使う程度だ。

今日も、「こんなの、電車乗るのに恥ずかしいよぉ」と、顔を赤くしながらモジモジ言う有美は、膝上20cm近くあるようなハイパーミニのスカートを穿いている。

そして、ブラウスもわざとワンサイズ小さめのものを着せているので、胸がはち切れそうだ。
こんな格好をしているのに黒髪眼鏡女子という彼女は、結構違和感があった。

「大丈夫だって、スゲぇ可愛いからw」

「でも、こんな格好だと・・・痴漢されちゃうかも」

地味な見た目の彼女は、たまに痴漢に遭うらしい。
俺はそれを聞いて初めの頃はムカついたものだけど、最近ではどう触られたかとか聞きながら、言葉責めみたいにするようになっていた。

「いいじゃんw触られて、イカしてもらいなよw」

「もうっ!ホントに触られちゃうかもよ?いいの?」

怒って、少し悲しそうに聞く有美。

「大丈夫、俺が守ってやるから!」

「ホント?へへwじゃあ・・わかった」

こんなやりとりをしながら出発をした。
有美とは半同棲みたいな事をしているが、まだまだ毎日が新鮮で最高の毎日だった。

電車でお互いにスマホを弄りながら乗っていたが、ラッシュが凄いことになっていた。
身動きが取れなくなり、有美とも微妙に離れてしまった。
しばらくすると有美が俺を困ったような顔で見つめてくる。
どうしたのかな?と思いながら目で合図を送ると、アイコンタクトで『後ろが』と言われた。
有美の後ろを見ると、若い男、いや、男の子と言えるくらいの若い子が、有美に異様に密着していた。
どう見ても有美の背中と男の子の全面が密着していて、有美のお尻のあたりに男の子の股間部分がちょうど当たっている感じだと思う。
男の子は顔を真っ赤にしてキョドっている。
わざとではなく、流れでそうなってしまって、どうして良いのかわからずに困り果てている感じだ。
俺は一瞬ムッとしたが、有美の困った顔と、真っ赤な男の子が面白くて放置した。

(まあ、どうせあと数分のことだし、すぐ終わる・・・)

そう思っていると、いきなり電車が止まった。
しばらく間があってアナウンスが入る。
線路近くの建物の火災のために、少し止まるとのことだった。
マジか、と、一瞬ムカついたが、すぐに有美を見た。
相変わらず男の子に股間を押しつけられて困っている様子だ。

急にイタズラ心が湧いた。
有美にスマホでメッセージを送った。

『お尻を左右に軽く振れ』

有美が持っていたスマホに目を向ける。
驚いた顔をして俺を見る。
だけど、俺が目でやれと合図を送る。
抗議の目で俺を見るが、俺はやれと合図を送り続ける。
ため息をつきながら有美が頷いた。
俺は有美ではなく、有美の後ろの男の子に目をやる。
すると男の子は慌てたような顔になっていた。
動きは確認できないが、有美がお尻を動かし始めたのだと思う。
男の子は、さっきから赤い顔をしていたのだが、今はさらに赤くなって耳まで真っ赤だ。

有美が俺を見ながら、『もういい?』と、口だけで声を出さずに聞いてきた。
俺は黙って首を横に振る。
有美は諦めたような顔で頷いた。

男の子に自分からお尻を密着させて、左右に振る有美。
地味系な見た目に反して露出の高い格好だ。
それが、逆痴漢のようなことをしている。
俺は不思議と興奮するのを感じていた。

電車はまだ動く気配がない。
またメッセージを送ってみた。

『男の子のおちんちんを触れ』と。

有美は、また抗議の目で俺を見るが、やれと声を出さずに命令する。
すると有美は諦めたような顔で頷いた。

スマホを使うために両手が上がっていた有美だが、スマホを持っていない方の手を下ろした。
たぶん後ろ手に男の子のチンポを触り始めたのだと思う。
男の子はビクッとして顔を上げた。
その顔は真っ赤な上に驚いた表情で固まっている。
そしてモジモジするのが見える。

有美は恥ずかしそうな顔でそれを続けていたが、しばらくすると楽しくなってきたようで、少し口元がニヤついていた。
恐らく、男の子の息遣いとか、モジモジっぷりが可愛いとか思ったのだと思う。
もともと有美にはちょっとショタっ気がある。
ジャニーズJr.とかが好きだし、アニメやマンガでも、それっぽいのを見ている。

俺はさらに悪のりをして『男の子の手を胸に持ってこい』と、メッセージを送った。
スマホを見て、今度は抗議の顔はせずに、ニヤリとした有美。
俺の方を見て、『へんたい』と口だけで声を出さずに言った。

有美が動くと、男の子の手を引っ張ってきた。
そして、はち切れそうなブラウスの上に強引に置いた。
男の子は手のひらを目一杯開いて反るようにして、なるべく有美の胸に触れる面積を減らそうとしている。
有美の周りは絶妙に皆後ろ向きなので、その行動が見えない状態だ。

有美は、そんな事もあってか、思いのほか大胆な行動をした。
一旦スマホを仕舞って、男の子の手の上に自分の手を乗せて、揉み始めた。
男の子の手ごと自分の胸を揉む動きをするので、必然的に男の子に胸を揉まれている感じになる。
男の子は真っ赤な顔で俯いている。
目の前で他の男が有美の胸を揉んでいる。
ムカつくような状況だけど面白くなってきた。
それに、興奮してきた。
俺は、さらにメッセージを送る。

『シャツの中に手を入れさせろ』

有美はスマホを取り出してメッセージを見ると、またニヤリとした。
そして俺を見ながら、舌で自分の唇をグルッと舐めた。

エロくてセクシーな仕草をしながら、有美が男の子の手をブラウスの中に押し込んでいく。
そして胸のところまで持っていく。
ブラウスの中に男の子の手が入っているのが丸わかりな状態になる。
そして指示もしていないのに、有美がブラウスの上から男の子の手ごと揉む動きを始めた。
ブラの上から揉まれている有美。
胸に直に手が触れている部分も多いと思う。

男の子は多少余裕が出来てきたのか、俯いていた顔を上げて、後ろから覗き込むように有美の胸を見ている。
結構胸元が開いているブラウスなので、後ろから覗き込むと、バッチリ谷間が見えるはずだ。

急に有美が手を外した。
すると、有美の手が離れても男の子は有美の胸を揉み続けている。
強制ではなく、自分の意思で有美の胸を揉み続ける男の子。
俺は強烈に興奮した。
すぐに有美にメッセージを送る。

『ブラをずらせ』

メッセージを見ると、すぐに有美がブラウスの中に手を突っ込んでゴソゴソとした。
そしてブラウスの胸のトップの部分に、突起が二つ出来た。
ただでさえデカい胸ではち切れそうなブラウスに、乳首が浮いた状態。
俺は興奮が抑えきれなくなってきた。
だが、それは男の子も同じだったようで、すぐにその乳首を触り始めた。
ブラウス越しに、男の子の手が有美の乳首を触ったり、摘んだりするのが確認できる。

すると男の子がさらに大胆に行動する。
もう一方の方の手で、ブラウスの上からもう片方の胸を揉み始めた。
男の子の手がブラウスの上から有美の乳首を触るのがよく見える。
そして見えない方の手も、ブラウスの中で悪さをしているのがわかる。

胸にばかり気を取られて有美の顔を見ていなかったが、今見て驚いた。
どう見ても感じている顔になっていた。
眉間に軽くしわが寄り、口が少し開いている。
そして俺を見つめる目が、熱っぽい。
こんな周りに人がいる状況で、若すぎる男の子に乳首を直接触られて、気持ち良さそうにとろけた顔を見せる有美。

俺は、今すぐに有美を抱きたくなった。
嫉妬と興奮。
二つが俺をおかしくしそうだ。

男の子は調子に乗ってきたのか、有美の乳首を責める手がリズミカルになってきた。
すると、有美がブラウスの上の方の男の子の手を掴んだ。
アングル的に見えないので想像だが、ミニスカートの中に突っ込ませたと思う。
男の子は驚いた顔をしたが、すぐに嬉しそうな顔になった。
もう戸惑いや困惑はないようだ。

有美の口がさらにだらしなく開いてくる。
あごも上がってきた。
そして、とろけていた目を閉じて、気持ち良さそうにしている。
時折口が動いて、声が漏れそうになっている感じだ。
有美は、この状況で感じてる。
あの顔をするときの有美は、かなり感じているときだ。

だが、ここでアナウンスが入って電車が動き始めた。
俺は残念半分、ホッとしたの半分というところだった。

だが、驚いたことに男の子は手を止めない。
それどころか、電車が動いて騒がしくなったのをチャンスと捉えたのか、動きが大きくなっている。
有美は、さらにとろけた顔になっている。
たぶん微妙に声というか吐息が漏れている感じだ。
目を固く閉じた有美は、周りのことが気にならないようだ。

そして、電車がホームに滑り込む直前、有美の頭が揺れるように動いた。
何が起きたのか見えなくてもよくわかる。
有美はイッて、膝がガクガク震えたのだ・・・。
電車の扉が開いて、人の動きがグチャグチャになる。
俺は、一旦気持ちを落ち着かせたかったのもあって、「有美、降りるよ!」と言って、ホームに滑り出た。
すると、有美が男の子の腕を掴んで立っていた。
男の子は顔を真っ赤にして俯いている。

「イカされちゃったよwねぇ、この後、どうするの?w」

有美が、いたずらっ子の顔で囁いてきた。
俺は平然としたフリをしながら、「君、このあと時間あるよね?」と、俯いたままの男の子に聞いた。
男の子が頷くと、すぐに有美がスマホを弄りながら、「3人で入れるホテル、検索するねっ!」と笑顔で言ってきたw