プライベートリゾートで剛毛姉妹とエッチ三昧

この体験談は約 4 分で読めます。

ある外国人の知人の紹介で、キュラソーに近い離れ小島に。
島全体がプライベート・リゾートになっている所があり、そこで4泊5日過ごしました。
島は周囲3~4キロぐらいしかなく、船は週に2回しか来ないし、電話も衛星電話、電気も自家発電というところでした。
コテージが20棟ぐらいと、管理者用の2階建てのビルがあるだけでした。

一般には公開されていないので、僕が行ったときもディナーに参加しているのは50人+子供ぐらいしかおらず、ほんとにプライベートな感じでした。
アメリカ人はむしろ少なく、フランス人やイタリア人などヨーロッパの人が多く、近隣の国の人も混じっていました。
アジア系は私の他は香港出身というイギリス人の奥さんだけでした。
開放的なビーチでは女性もほぼ全員トップレスで、半数ぐらいはオールヌードでした。

僕の隣のコテージにはベネズエラ人の母娘3人が泊まっていて仲良くなったのですが、娘2人は学生だと言っていたし、母親はどう見ても30代半ばにしか見えませんでした。
着いたその日に隣のコテージの前を通りかかったとき、ちょっと挨拶をしたのがきっかけで仲良くなりました。
すでに前の週から来ていて、島全体を紹介してあげるというので、着替えてから隣のコテージへ行くと、トップレスの母親はデッキチェアーで昼寝。
姉妹は紐ビキニのTバックで登場。
姉がピンクで妹がイエローでした。

目の悪い僕は最初は全然気がつかなかったのですが、ピンクの網目模様に見えた水着の柄は模様ではなく本当に網目で、隙間からはヘアーが雑草のように飛び出していました。
よく見ると上縁からもビキニに収まりきらないヘアがたくさんはみ出ています。

僕がヘアーを見ていることに気がついた姉は、「What?」と不思議そうに尋ねました。
僕が何か言いかけたときに向こうが気がついたのか、「私の友だちはトリムしてる人が多いけど、私はナチュラル派なの」と説明しました。
そういえば脇の下にもチョロチョロと生えていました。

「妹は・・・」と言うので妹のほうを見ると雑草がありません。

「・・・ちゃんと剃ってるの」

姉がそう言うのにあわせて妹のほうがビキニをすっと脱ぎ、目の前にきれいな一本線の割れ目が現れました。
この姉妹のビキニは『マイクロビキニ』というらしく、普通のビキニは前から見える所には三角形の布があって具の辺りまで覆っているのですが、このマイクロビキニはもっと小さくて、具のところは紐だけでほとんど丸見えです。
どうせオールヌードになるならこれでもいいのですが、その三角形の下の頂点から紐が出ているのですが、その紐も付け根が結び目になっていて、それが微妙な位置に当たるらしく、妹が脱いだビキニを手に持って、「これがいいの」と言いながらその箇所がどの辺に当たるのか、ビキニを穿く仕草をして話してくれました。

島を一周する間にお互いのことを話しました。
姉妹は、「ヌーディストではないがそれに近い」と言っていました。

2つあるビーチの一つへ来ると、僕は水着を脱がされました。
少し泳いでビーチへ戻ると、姉妹は、知り合いなのかヨーロッパ人の母娘と立ち話をしていました。
僕は握手をして話に加わりましたが、姉がいきなり、「シュン(僕)は、私がヘアーをトリムしてないのを見咎めた」とか話し出し、白人の母親のほうが「オーノー」みたいに手を振って笑いました。

「ほら、この子だってすごくbushy(毛むくじゃら)でしょ」

姉が白人の女の子のほうを指すので見ると、確かに立派なヘアーでした。

「まだ13歳よ」と言うのでビックリしました。

白人の母娘と別れ、残りを半周してコテージに戻りました。
部屋へ入ってベッドに横になると、すぐに妹のほうがやってきました。
何も言わずにベッドに上がり、僕の隣に横になると、僕の目を見つめたまま股間に手を伸ばしてきました。

こうなったらやるしかありません。
20分ぐらいで2回イカせてもらいました。

体格がいいので上に乗られて腰を落とされるとかなりの衝撃ですし、腰を上げるときには息子ごと持っていかれそうな圧力でした。
ゴムなしで2回とも中出しでした。
彼女は中で出された精液が太ももの辺りにまで垂れてきているのに、そのまま処理もしないで隣のコテージへ帰っていきました。

夕方になり、ディナーだと言って姉が僕を呼びに来ました。
そのとき耳元で、「妹はどうだった?」と聞かれました。
黙って頷くと、「じゃ、今度は私ね」と。

結局、帰る日の金曜日まで、1日に最低でも2回ずつ、姉妹の相手をしました。
最後の金曜日は姉妹が一緒に来て、船着場への集合の時間まで交代でやりました。
5日間で20発以上を姉妹の体内に撃ち込んだことになります。

「日本人は初めてだったけど、硬いから気持ちよかった」

これは妹の感想です。

母親と挨拶をしたあと、姉のほうは、「寂しくなるわ。もしもまたこっちへ来たら連絡してね」と別れの言葉を言い、母親の目の前で強烈なディープキスをしてくれました。
あのときの舌の感触は忘れられません。

帰りの船でも女性陣はほとんどがトップレスで、何人かはオールヌードでした。
あの剛毛姉妹と母親も乗っていましたが、娘2人はオールヌードでした。
日本人なら20歳以上にしか見えない体型なので、つくづく眺めてしまいました。
ちなみに、ちょっと具もはみ出てました。