短小をバネに座位を極め、「座王」になった友の話

この体験談は約 3 分で読めます。

大学時代、同じサークルの友人が真剣な面持ちで、「ナニが短くて、彼女の奥まで届かず満足させられない」と悩みを打ち明けた。
俺も含め、それを聞いた友人連中は笑いを耐えきれずそいつをからかったが、そいつの顔は曇っていた。

それから数ヶ月が過ぎたある日、そいつが・・・。

「ある体位を試したところ、彼女の奥に届き、彼女を激しくイカせられることができた」

と誇らしげに語った。

「後背位か?」と俺が聞くと、そいつは、「バーカ、それじゃ届かねえよ、答えは座位だ」と言った。

座位の存在は知っていたが、あまりやったことのなかった俺は意表を突かれた気持ちだった。

それからそいつは味を締めたのか、座位での腰の振り方を研究して、「座位だけは誰にも負けない」と言うほど座位に絶対の自信を持つ男となった。
みんなはそいつのこと夜王ならぬ「座王」と呼ぶようになった。

ある日、サークルの飲み会の時、サークル内一のビッチが座王に話しかけた。

「座位がものすごく上手いんでしょ?」

ビッチはオブラートに包む気もなく聞いてきたが、その表情はからかうというより興味津々といった感じだった。
座王は、「俺の座位ならどんな女もイカせられる。それも今までにないくらい激しくな」と酒も回ってたせいか誇らしげに言った。
俺は前に悩みを告白した時の自信なさげな友人の姿がないこと改めて実感した。

その飲み会の帰り、ビッチと座王が消えていた。
俺はすぐさま状況を理解し、帰ろうかと駅に向かう途中、俺はどうしても2人のことが気になって駅とは反対方向に向かった。
20分後、俺は座王の家の前にいた。
すると座王の家の中から女が叫ぶ声が聞こえた。

「イクッーー!!!イグッー!!またイッちゃううう!!」

俺は座王が家の鍵のスペアを郵便受けに忍ばせてることを知っていた。
俺は音を立てないようにこっそりドアを開けた。
1Kの狭い部屋だったため、すぐ目の前に裸で向かい合いながら密着する座王と女の姿が視界に飛び込んできた。
女の視界は定まっておらず、トロンとした表情で遠くを見ていた。
これが恍惚の表情というのだと思った。

座王と女は俺に気づいたが、あまり驚いた様子もなく、事に耽っていた。
そして座王は少し腰を休めた後、また腰を振り出した。
するとすぐにまた女が大声で、「イヤァァァァ!!スゴイいいいいいい!」と叫ぶと、ビクッ!ビクッ!と小刻みに躰を震わせ、どうやらイキ果てたようだった。

ピストンの隙間から垣間見れる座王のナニは確かに貧相だった。
しかし、女の反応は明らかに巨大なモノで突かれているものだった。

座王は女の肩や脇腹や臀部を持ち、「フンッ!フンッ!」と言いながら腰を振っていたが、それは確かに普通の座位とはどこか違っていた。
女の肩を持ち、自らも腰を振りながら女を完全にコントロールしていた。
時に女を激しく反らせたり、小刻みに振ったり大きく振ったり、自由自在に女の躰を操っていた。

「次で最後だ」

俺が来てからもう女が何回イッたか分からない頃、座王がポツリと言った。
女は頷きもせず、座王を力いっぱい抱き締めた。
座王の腰がゆっくりとS字を描くように動いたかと思うと、今までに無いくらい女が叫んだ。

「イヤァァァァ!!それスゴイィィィィ!!もうイクゥゥゥゥゥ!!もうイッチャゥゥゥゥ!!!」

座王は女の反応に気を取られることもなく、腰を楕円、直線、波形など、おおよそ見たことのない動きに手際よく変化させた。
座王が「イクぞ」という時には女はもはや叫ぶこともなく、だらしなくヨダレを垂らしながら白目を剥いていた。

俺は2人がイキ果てたのを見ていただけだったが、その場で射精してしまった。
AVはよく観ていたが、生で他人の、それも友人の激しい情事を見て想像以上に興奮していたようだ。
俺はすぐさまその場から立ち去り、帰宅した。

これは後日、サークルで聞いた話だ。
ビッチはその後も座王の家に通ってるらしく、座王の彼女と3人で事に及ぶこともしばしばらしい。
座王がビッチとの情事のことを彼女に打ち明けたところ、嫉妬はされたものの、座王の元を離れたがらなかったということだ。
当初は、からかって付けた『座王』という名だが、複数の女を好きにできる友人は、まさに王という名に恥じない男になったのだ。

俺はといえば、あの日の光景が忘れられず、それをオカズに1人耽っていた。
俺にもできるかと、女相手に幾度か座位を試してみたこともあったが、全く上手くいかず諦めた。
王の真似事など滑稽なもんだ。

だがあいつも最初から王であったわけではない。
苦悩の末に王になったのだ。
そう思うと、心に小さな光が差し込むような気持ちになった。

ありがとう、座王。