出張先で知り合った微妙なブスに中出し

この体験談は約 4 分で読めます。

一昨日、関西から中四国へ出張行く途中、JRに乗っていると、膝上20センチのミニスカートを穿いたブスがいた。
駅に着いて改札口まで階段を上がって行った。
俺が後ろにいるのが分かっていながら隠すこともなく、案の定、下着は丸見え。
見る気もなかったが、見えてしまった。

よく見ると、ふくらはぎと太股が鍛え上げられてる。
引き締まったいい足をしてた。
見るからに絞まりが良さそうだった。

船に乗り、4人掛けのシートに座っていると、ブスは俺の前のシートに向かい合わせで座った。
足を組み替えるブスの下着がチラチラ見える。
しばらくするとブスがスマホを弄りだし、周りをキョロキョロ。
どうやら電源を探してたようだが、俺の場所にはあったがブスの場所にはなかった。

「電源ならここにありますよ」

俺が声をかけると、「えっ?本当ですか」と俺のシートにやって来た。
よく見ると、ブス以下チョイブス以上・・・微妙なブスだった。
何かのスポーツをしてたのか、やはり絞まったいい体つきをしてた。
胸は貧乳ではないが巨乳でもなく、斜めにかけたポーチがそんなに大きくもない胸を強調させてた。
机の下の壁にあるコンセントに電源を挿そうと屈み込むブスの胸の谷間とブラが見えた。

電源を挿して俺の前に座ったブス。

「すみません」

「いいえ」

その後、色々話をすると、着いた後はバスでホテルに向かうと言う。
俺は毎回レンタカーで営業先をまわるので、港にレンタカーを用意してもらっていた俺は、ブスが泊まるホテルまで送ってあげることになった。

充電が完了した後、LINEを交換した。
名前は『めぐみ』。
高校まで走り幅跳びの選手だったらしく、ふくらはぎと太股の発達の理由がわかった。

船が港に着き、桟橋から待合所を抜けると、レンタカー屋が札を持って待っていた。
いつもの人で、俺を見るなりニコッとしながらも、俺の横にいる女を見て微妙な顔をしていた。

助手席にめぐみを乗せ、車を出した。
ミニスカートが捲りあがって奥まで見えそう。
チラチラ見ながら、もうすぐ目的地に着くところで、その夜会う約束をして別れた。

夜、俺の泊まった部屋で会った。
めぐみは朝と同じミニスカートを穿いていた。
一応そこそこ大きなホテルだったので、宿泊者じゃなくても問題はない。
ホテルの部屋で話しながら、俺がマッサージが出来るという話から、ブスの引き締まった足の話になった。
足のマッサージからベッドに押し倒し、ミニスカートの中へと手を滑り込ませた。
下着をズリ下ろそうとすると俺の手を掴むめぐみ。

「そんなつもりじゃないから」

「えっ?本当に?」

掴んだ手を無理やり引っ張り、下着の中へと指を滑り込ませた。
アソコに指を這わせると、やっぱりぐしょ濡れだった。

「あれ?そんなつもりじゃないのに、こんなに濡れるの?」

「えっ?ダメ、そんなことないもん」

一気にクリストリスとアソコを集中して弄ると、めぐみは声を上げて悶え始め、身を捩る。
指を膣中へ入れようとすると太股を締めてきた。
構わずクリストリスを摘んで弾くと体をビクつかせ、太股の力を緩めた。
速攻で指を膣中へ挿入。

「ダメ、あっぁ」

膣で指を締めつけてくるめぐみ。
チンコを挿入した時のことを想像すると興奮した。

抵抗をやめためぐみの服を脱がすと引き締まった体が現れた。
肉付きのいい体が好きな俺にはちょっと残念だったが、張りのいい乳房にしゃぶりついて乳首を舌で転がすとめぐみはいい声で喘ぎ、アソコからはビチョビチョに蜜が溢れ出してきて感度の良さを感じさせた。
そして乳房からわき腹、お腹から土手へと舌を這わせ、陰毛を掻き分けて舌でクリストリスを舐めようとすると、小陰茎が異様に広がり出てきたようだった。

「私、変なの」

「なにが?」

「感じると変な形になるの」

「大丈夫、気にしなくてもいいよ」

「本当?前の彼に『お前のは変だ』って言われたし、オナニーしたらだんだん中から出てくるみたいに広がって、指に絡み付いてくるの」

「へぇ、オナニーとかするんだ」

「えっ?あっ・・・!」

「欲求不満なんだ。だからミニスカート穿いてるのに下着を隠そうとしないんだ?」

「そんなことないもん」

「うそ、だってほら、こんなにビチョビチョ」

「だって、あっあん」

鼻でクリストリス刺激しながら広がった襞を吸ってやる。

「あっダメ。もっと、いぃ、イッちゃう」

めぐみの両足を抱え、十分に濡れたマンコに硬くなったイチモツを押し付けると、拒絶するかのように硬く閉じたマンコ。
強引に押し込むとイチモツを締めつける。
一気に膣奥へと押し込むと声を上げるめぐみ。
イチモツに絡みつく襞。
ピストンのたび襞が捲れるように絡みつく。
締めつけるマンコに絡みつく襞。
めぐみの膣中がイチモツを締めつけながら蠢いているのがわかった。
もう我慢できなかった。

「中に出すよ」

「えっ?お願い、中に出さないで」

「出すよ」

「だめ、あぁ・・・」

めぐみは目が細くて一重。
鼻の穴が前から見て分かる。
体の引き締まった、たんぽぽの川村って感じかな。