弟のチンコをペロペロ舐める彼氏持ちの姉ちゃん

この体験談は約 3 分で読めます。

<登場人物>
姉:当時22歳。
俺:拓人、当時18歳。

進学で上京していた俺が、夏休みに帰省した時の話。

地元の友人達と飲み明かし、昼前に目が覚めたと同時に空腹感からキッチンへ向かった。
平日だし、大人は仕事で誰もいないと思っていたが、姉の部屋から音楽が聞こえる。
ノックをして開けたら、雑誌を読みながらゴロゴロしていた。
キャミソールを重ね着して、ショートパンツ姿だった。

俺「姉ちゃんいたの?」

姉「いたよ~、今日は代休なんだ」

その後、ナンダカンダと話し込んでいたら・・・。
不覚にも姉の服装や、胸チラと生足に勃起してしまった(汗)
胸は大きくないが、昔からモテていたし、美容室のモデルもやってたので、可愛いとは思っていた。
あと・・・高校生の頃、姉のパンツをオカズにヌイたことがあるにはあった(笑)
俺も薄着だったし、勃起がバレて気を使われるのも嫌なので・・・。

俺「不覚にも姉ちゃんで勃起したかも・・・」

姉「はぁ~?」

俺「嘘だよ。朝勃ちだよ」

姉「もー?何とかしなさいよ~」

俺「じゃあ、部屋に戻ってヌクから、姉ちゃんのパンツ貸して」

姉「嫌だよ~。気持ち悪い」

俺「冗談だよ。本気にするな(笑)」

と、自分の部屋に戻って、隠してあったAVを探そうとしたら、姉が部屋に入ってきた。

姉「なんだ~、まだしてないのか~」

俺「これからだよ!部屋に戻れよ」

姉「え~、下着あげるから見せてよ」

姉はそう言いながら、手に持った水色の下着を俺に見せてきた。
いや・・・マジで欲しくなった。

俺「仕方ないから、姉ちゃんオカズにしてやるよ」

何も言わずに顔を赤くする姉。

(か・・・可愛い)

俺の理性が崩壊した。

俺「姉ちゃん、やらして」

姉「バカ!ダメ!」

俺「じゃあ、手か口でヌイて」

姉が何かを言おうとしたが、その前にベッドに押し倒した。
全く抵抗しないのでキスをしたら、柔らかい舌を絡めてくれた。

姉「エッチしたい、かも」

俺「俺も・・・」

キャミソールを脱がして乳首をタップリ舐めた。
可愛い声で感じる姉。
ショートパンツを脱がすとピンクと黒のパンツだった。
程よく濡れていたので、キスをしながら手マン。
可愛い声で姉はイッてしまった。

姉「拓人・・・エロい」

俺「姉ちゃん・・・可愛い」

姉は嬉しそうな顔をした。

俺「クンニしてあげるから、太モモで俺の顔を挟んで」

姉「いいよ」

無臭だが甘味を感じる姉の液をタップリ舐めた。
その後、もちろん、挿入。

俺「彼氏とするより気持ちいい?」

姉「う・・・ん」

スゲー気持ち良かったが、さすがに外で出した。

その後、姉の部屋に移動して、色々な服装をさせてセックスしたり、下着の臭いを嗅ぐ俺を、可愛い顔で見つめながらフェラや手コキをしてくれた。

その手コキの最中に、モテる姉を狙っている男から電話があったが、姉は無視していた。
が・・・、敢えて、その男に姉から電話をせた。
その男は姉を一生懸命に口説いているようだった。
その電話をしている姉にエロいことをたっぷりしてあげたが、姉は可愛い顔で我慢していた。
顔の前にチンコを出すと舌でペロペロしてくれた。

「彼氏にも電話して」と頼んだら、してくれたが彼氏は出なかった。

そんなこんなで・・・夏休みの間、たっぷりと楽しんだ。
その後も、俺が帰省した時や姉が遊びに来た時はやりまくっている。
彼氏さん、ゴメンなさい。