入社2年目の新人君に出張先のホテルで狂わされた

この体験談は約 7 分で読めます。

私の名前はリエ。
39歳。
結婚12年目の人妻です。
旦那は4つ上ですが何年もレス状態です。
なので未だ子宝にも恵まれず会社勤めを続けています。

広告関係の会社で働く私の部署は営業部で、そこに配属されてきた2年目の新人クン(Y君)との間に起ったお話についてお聞きください。

Y君は配属当初から何事もソツなくこなすヤリ手の男の子で(それにイケメン!)、仕事上では私も彼を純粋に重宝していました。
だから泊りがけの出張で地方にある大手のクライアントへ訪問する際も躊躇なく彼を同行させました。

当初は難航も予想された打ち合わせでしたが、彼のサポートもあり予想した以上の成果を上げることが出来ました。
もちろんその夜は2人で地元の新鮮な食材が頂けるお店で祝杯となりました。
地方の開放的な空気と大きな仕事をまとめた高揚感で、私も彼も普段にはないハイテンションだっと思います。
もともとお酒は嫌いではないけど、旦那がほとんど飲まないので飲酒回数は必然的に減り、今回は願ってもない機会だったのかもしれません・・・。
ただ地方の夜は早く、ようやくこれからのタイミングでお店は閉店。
明日は午前中の飛行機が予約されていたこともあって、大人しくホテルに引き上げることになりました。

チェックイン後も高揚感は消えず、なかなか眠れそうになかった私はシャワーもそこそこに備え付けの浴衣を羽織り、自販機でアルコールを調達して彼の部屋をノックしました。

「あれ、主任?どうしたんすか?」

「うん。ちょっと眠れなくて・・・少しだけ続きどう?」

「いいっスねー。俺も物足りなかったっス」

「じゃ、30分だけね」

30分はあっという間に過ぎ、缶ビールやチューハイの山があっという間に出来上がっていました。
会話の内容も今日の成果から恋バナへ、そしてエッチなきわどい話へと変わっていったのも自然な流れだったと思います。
その頃から私の浴衣の胸元に注がれるY君の視線に尋常でない鋭さを感じていましたが、でも彼と私の年齢は一回り以上も離れ、かつ彼はヤリ手のイケメン君です。
こんなおばさんに興味を持つはずがないと私は高を括っていました。

ただ育児もなく、家庭生活にも追われず、自由に社会人ライフを送っている私は自分で言うのもなんですが、まだ女としての賞味期限を辛うじて残しているらしく、街を歩くと結構な頻度で若い男性に声を掛けられます。

「主任って全然アラフォーとかに見えないっスよねー。ほんとの年を聞くまで、絶対20代だと思ってたもん」

「ありがと。お世辞でも嬉しいわ」

「旦那さんと今でもラブラブなんでしょ?夜の頻度はどれくらいなんスか(笑)」

会話も怪しく弾みます。

「ナイショ。そんなこと言えないよー」

「あれ、まさかの毎晩とか?」

「うけるー。あのね実は何年もレスなんだー」

言っちゃったー。
恥ずかしい・・・。

「信じらんない!こんなキレイな奥さんいて!!俺なら毎晩押し倒しちゃいますよー、こんな風に・・・」

狭いシングルベッドに並んで座っていた私の肩を引き、寄せ唇を奪い、そのままベッドに押し倒された私は舌を吸われながら浴衣の上から乳房を鷲掴みにされました。
あっという間の出来事で一瞬何が起こったのか判らなかった私も、ようやく状況を理解しました。

「ねぇ、Y君やめて。あ、こんなことしちゃダメ」

言葉とは裏腹に、(今夜くらいはいいかな?)という思いと葛藤しているうちに浴衣の胸元は一気に開かれ、ブラが露わに。

「ちょっと、だめ」

「主任、今晩だけ。誰にも言いません。2人だけの秘密にしましょう」

そう言う間も彼の動きは止まらず、ブラから出された硬く尖った乳首を口にされた途端、頭が痺れ、アソコからは大量のジュースが湧き出てきたのが分かりました。
彼はさらに私の腰紐を素早く解き、手首を縛り、あっという間にナイトライトに縛り付けてしまいました。

「いや、やめて、お願い。Y君」

ショーツの上からでも分かるくらいに湿った私の股間を撫でながらY君が言います。

「でも主任のここ、こんなになってますよ」

「いや。恥ずかしい。こんなおばさん抱いてもいいことないよ」

「それは俺の決めることですよ。実は俺、主任のこと妄想して結構ヌいてるし」

「えっ」

「好きですよ。主任」

「そんな」

いつの間にかショーツの中でうごめく彼の指技に私は・・・。

「あ、あ、あ、やん、ああああ、イッちゃう」

ビクンと大きく体を震わせ、イカされていました。

「主任、素敵ですよ」

「今夜はリエでいいよ、Y君」

「じゃ、リエ、俺のもしゃぶってよ」

彼は言うなり浴衣を脱ぎ捨て、ショーツのみの姿となって私の前に仁王立ちになりました。

「紐、解いてあげるから、跪いて俺の脱がしてよ・・・」

昔から強引にされると感じてしまう私は、手首の戒めを解かれながら潤んだ瞳で彼を見上げていました。

(普段は上司でも、今は彼の言いなり・・・)

そんな妖しい関係性が私の昂ぶりに拍車をかけます。

「ねぇリエ、早くしゃぶってよ」

いとも簡単に私をイカせてしまった彼は普段にも増して自信に満ち、自身に陶酔しているかのようです。

「うん」

仁王立ちになった彼の股間の前に跪き、今にも下着を破ってしましそうなほど猛り狂った彼自身に指を這わせる。
そして口づける。
彼からため息が漏れる。
下着を脱がすと青筋を立て、反り返りながらお腹にくっついてしまっているペニスを指でゆっくり愛撫しました。

「早くしてよっ」

命令と懇願の混ざった彼の声音。

「うん」

脈打つ彼自身を咥えるとすぐに、「リエ、すげぇいいよっ」と彼が喘ぎました。
彼はベッドに腰かけ、私を跪かせ、煙草に火をつけます。
恍惚の表情を浮かべて私を見下ろす彼は、軽く私の髪の毛を掴み、股間に押し付けると同時に果てました。

「うっ」

口いっぱいに彼の精液を含んだ私は思わずむせ返りました。

「全部飲みなよ、リエ」

濃厚な若い男の香り。
大量の精液を私は一息に飲み干しました。
彼はそんな私を満足そうに眺めながら言います。

「ほら、ちゃんと綺麗にしてよ」

私の前に腰を突き出す彼。
唾液と精液でヌラりとした彼自身に、私は再び唇と舌で愛撫を加えました。
驚いたことに、あっという間に彼のアソコは先ほどの硬度を取り戻していきました。

「すごい・・・」

素直に驚く私。

「でしょ。俺、絶倫なの。今夜はたっぷり辱めてあげるからね。主任」

言うや否や、残されていた浴衣にブラとショーツをはぎ取られ、ソファに座らされます。
彼は目の前に腰を落とし、私の両足を一気に開きました。

「いや」

思わず声が漏れます。

「恥ずかしいよ、Y君・・・」

いやいやをする私を押さえつけるように、彼は両手に力を込めて割れ目に舌を這わせます。

「あん」

羞恥と快感が体を突き抜けていきました。

「やだ。やめて。恥ずかしい・・・」

消え入りそうな声で哀願する私。

「こんなぐしょぐしょにオマンコ濡らして何言ってんの?」

クリトリスを愛撫しながら彼の指が私の膣へ挿入される・・・。

「はあ、あハん、あ、あ、アン」

声にならない喘ぎ。
彼の卑猥な唇。
いやらしい指使い。

「気持ちいいんでしょ?」

「うん・・・はぁはぁ」

「どこが?」

「いじわるぅ」

「どこが気持ちいいか言いなよ」

「あん、イク、またイッちゃう」

言葉にも嬲られながら私は体を仰け反らせ、あっという間に2度目の絶頂を迎えていました。
彼は肩で息をしながら、ソファにもたれかかった私に優しくキスしてくれました。
そして今度は私を立ち上がらせると、両手を壁につかせます。
後ろから胸を掴まれながら、熱く硬くなったモノが私のお尻に押し当てられました。
耳元で彼が囁きます。

「リエ、後ろから犯してあげるね」

「・・・」

「返事は?」

「はい」

ゆっくりと割れ目を押し広げながら、熱くて硬いペニスが私の中に押し入ってくる。

「あん」

奥まで入る途中で思わず声が漏れる。
そして完全に彼のモノが私の子宮を支配する。

「すごぉい」

最初はゆっくりだった腰の動きは次第にピッチをあげ、パンパンと乾いた音を部屋中に響かせています。

「ああああん、あん、いい。ねぇY君、すごいぃぃ、あんあん」

彼はふいに腰の動きを止め、私を抱え上げベッドへ。
目の前に硬く反り返る彼のモノが迫ってきました。

「しゃぶって」

私は夢中で彼を愛撫しました。
うめき声をあげながら私を見下ろしていた彼がいきなり私を押し倒して股を押し広げ、一気に腰を沈めてきました。

「ぁん。すごぉい」

いきなりの彼の激しい腰使いに圧倒される私。

「あぁん。壊れちゃうぅ」

「気持ちいい、リエ?」

「はい。すごくいい、あん、いぃです」

「中に出していい?」

「ご、ごめんなさい。そ、それだけは許して・・・あん」

「じゃ、どこに出す?」

「あっ、ど、どこでも・・・」

「うっ、イキそうだよ」

「わ、私ももうダメ・・・あんあん、いっ、一緒にイッて、イ、イクぅ」

「リエ、口開けてっ」

硬いペニスは私の体から引き抜かれるや否や、今度は私の口へ押し込まれました。
熱く迸る彼の精液。
もちろんすべて飲み干します。
どれくら経ったでしょうか。
放心状態の私はしばらくの間、彼の腕枕で天井を眺めていました。

「リエ、すごくよかったよ」

「私も」

再び熱い口づけを交わしたあと、彼に抱えられバスルームへ移動。
熱いシャワーを浴びます。
酔いはとうに醒め、心地よい疲労感に包まれる。
互いに体を洗い合いながら・・・またも彼の下半身は力強く立ち上がっていました。

「えっ!ほんとすごいね」

無邪気に歓声をあげる私。
若い男に抱かれる幸せとちょっぴりの恐ろしさを痛感。

「リエだって、ほら」

私の割れ目を指で弄びながら彼が言います。

「これはお湯じゃないよね。このいやらしいヌルヌル、ほらっ」

彼の指が膣内で暴れている。

「あん」

唇を合わせながら愛おしい彼のペニスを指でしごく私。
舌を絡ませながら私の割れ目を弄ぶ彼。
2人の激しい息遣いがバスルームにこだまします。
そしてバスタブの中で向いあわせに立ったまま彼は私を壁に押し付け、片足を抱え上げるとそのまま腰を落とし・・・。
立ったまま激しく犯されて、私はまた絶頂を迎えていました。

翌日は彼と共に7時のアラームで目覚めました。
朝からもはや獣と化した彼に浴衣と下着をはぎ取られた私は、あっと言う間に犯されていました。

「お願いもう許して・・・私、変になっちゃう・・・」

「好きだよ。リエの中にたくさん出してあげる」

「それはダメぇ」

抗おうとするも、彼のうめき声に合わせて私の中にドクドクと注ぎ込まれる熱い精液。
そして絶頂を迎える私。

「何かあれば俺が責任を取りますよ」

そう言って優しくキスしてくれる彼。
私はしばらく腰が抜けたようになって立ち上がることもままなりませんでした。
ようやくのことでチェックアウトを済ませた私は彼に支えられるように帰路に就きました。

彼とはその後も続いています。
でも彼の昇進と結婚を機に抱かれる機会は減っていきました。
今では残業の後に時々職場で辱められることを密かに心待ちにしながら、満たされない夜に彼との思い出に浸りつつ、この文章をしたためました。

おわり。