勃起しっぱなしの剃毛体験

この体験談は約 6 分で読めます。

オレの剃毛体験を話します。

あれは中学1年生の夏休みでした。
盲腸の手術の為に入院することになりました。
昼過ぎに病院へ入り、着替などを親に運んでもらい、しばらくして落ち着くと親は帰りました。

しばらくして20代くらいの看護婦さんの問診があり、その日の体調などを聞かれて答えているといきなり、「◯◯君、オチンチンに毛は生えてる?」って聞かれました。
男性の方はわかると思いますが、中1ともなれば微妙な年頃、女の人にエッチな話をされると、とても恥ずかしいのです。
ましてやキレイなお姉さんからの質問です。
オレはとても恥ずかしかったんですが、「は、はい。ちょっとだけですけど」みたいな回答をしました。

すると、「ちょっと、見せてもらってもいいかな?」と言われ、一瞬(えっ!?)と思ったんですが、ベッドのカーテンを閉めだしました。
そこの病院は、病衣じゃなくてもいい所だったんで、オレはパジャマを着てました。

「じゃ、横になってください」

そう言われ、オレはベッドに横になりました。

「ちょっとゴメンね~」と言われながらパンツを膝の所まで下げられ、それだけでも心臓がバクバクなのに、看護婦さんはオレのチンポを直視してました。
ま、それも仕事でしょうが・・・、オレはちょうど陰毛が生え始めたばかりだったので、フサッとしか生えてなくて、なおさら恥ずかしかったです。
看護婦さんがチンポをマジマジと見つめながら、「生えてきたばっかり?」と聞かれ、オレはとても恥ずかしかったんですが、「は、ハイ」と答えると、「ゴメンね、剃るかもしれないんだよね~。ちょっと先生に確認してみるね」と言い、「じゃ、また来ますね」と出て行っちゃいました。

しばらくして、また同じ看護婦さんがやってきました。

「ゴメ~ン、やっぱり剃らないとダメだって。今、大丈夫?じゃあ準備してきますね」

人生初の剃毛です。
チンポを見られるだけでも恥ずかしいのに、ましてや触られるなんて・・・。
今なら逆に嬉しい体験ですが、当時は心臓がバクバクもんでした。

パンツを足首まで下げられて、いよいよ剃毛の始まりです。
初めに蒸しタオルでキレイに拭かれました。
この時です。
耐え切れずに勃起してしまいました。
その頃のチンポは、立つと尿道口がコンニチワする程度の子供のチンポです。
看護婦さんは何かを察したのか、「恥ずかしいよね~、すぐ終わるからね」と優しく声を掛けてくれました。
中1と言っても小学校から上がったばかりの頃だったし、オレは特に子供っぽかったので、まるで子供のような対応を取られました。

そして、金玉に素手でクリーム塗りました。
(普通、剃毛のときはビニールの手袋をはめると思うのですが、この時は特に何も疑問に思いませんでした)
オレのチンポはギンギンのままです。
看護婦さんは剃刀に手をやりました。
その顔はとても真剣な表情です。
そんな中でもオレの緊張をほぐそうとしてか、しきりに話し掛けてくれます。

「ゴメンねー。せっかく生えてきたのにー、すぐ生えてくるから大丈夫だよ」

優しく声を掛けてくれます。
しかし余計に恥ずかしいです。
少ない毛をジョリジョリ剃りながら看護婦さんは言いました。

「へー、男の子って、こういうふうに生えてくるんだねぇ~」

一瞬、何のことかわかりませんでした。
オレは恥ずかしいながらも、「女の人は違うんですか?」と聞きました。

すると、「んー(笑)。女の子はねー、生え始めでも、もっと密集してるんだよ」みたいな事を言いました。

その看護婦さん、陰毛の生え揃ったチンポや、生えてないツルツルのチンポを見たことはあっても、リアルで生えかけのチンポは初めてだったようです。

当時、もちろん童貞で、女の兄弟もいなかったので、女の人のアソコを見たことはありませんでした。
つい看護婦さんのアソコを想像してしまい、なおさらビンビンになってしまいました。
すると突然、「私もねー、中1の時に生えてきたよ」と、聞いてもいないのに向こうから言い出しました。
もうオレは顔から火が出そうでした。
今思うと、看護婦さんはオレをからかっていたのかも知れませんね。

「でねー、私は高校生の時に盲腸やったんだー。だからねー、その時に私も剃ったんだよ」

剃りながら、看護婦さんは続けます。

「その時、私も恥ずかしかったから、◯◯君の気持ちわかるよ~。女同士でも恥ずかしいのに、女の人に見られると恥ずかしいよね~」

もうこっちは立ちっぱなしでした。

なんとか無事に剃毛も終わり、その日の夜、検温のために同じ看護婦さんがやってきました。

「◯◯君、お熱計りますね」と言われましたが、さっきのことを思い出して、とても恥ずかしい思いをしてました。

そんな中、追い討ちをかけるかのように、「オチンチン、キレイになった?」と聞かれ、オレはやっとのことで、「ハイ」とだけ答えました。
今なら、「何なら見ますか?」などと軽口も叩けると思いますが、当時はそんなこと言えるはずもありません。
看護婦さんはニコッと笑って部屋を出て行きました。
結局その日は、そのまま就寝し、手術の日を迎えました。

手術の日は別の看護婦さんがやってきました。
パジャマから病衣に着替えます。
この時は何も穿かずにそのまま病衣を着ます。
緊張のせいか大量の汗をかいてたので、体を拭くことになりました。
ちょっと太めの看護婦さんが拭いてくれました。

「オチンチンもね~」と言われ、上に捲って拭いてくれました。

玉を必要以上に握られたのは気のせいだったのでしょうか?
この時は手術前の緊張のせいか、勃起はしませんでした。
けっして看護婦さんが太めだったからではありません。

手術も無事に終わり個室に入りました。
その日は1日中点滴をしているのでトイレも行けない状態でした。
その夜、オシッコがしたくなり、看護婦さんを呼びました。
また別の看護婦さんが来ました。

(わ、若い)

強烈な第一印象でした。
恥ずかしくて年は聞けませんでしたが、10代であることは間違いありません。
自分と1つか2つ上くらいにしか見えませんでした。
実際はそんなに若いわけはないのですが、それくらい童顔だったんです。

「じゃー、尿瓶にしましょうねー」

尿瓶を持ってきました。
しかし出ません。

「ちょっと私、出てますね。終わったらナースコールで呼んで下さいね」

その若い看護婦さんは、気を遣って出て行きました。
しかし、なかなか出ません。

その旨をナースコールで伝えると、すぐに同じ看護婦さんが来てくれました。
さっきは尿瓶を当ててるだけで、タオルケットで隠してチンポがなるべく見えないようにしてくれてたんですが、今度はタオルケットを捲ってモロに見える状態です。

「立ってすると出そうですか?」

「は、ハイ、やってみます」

てっきりトイレに連れて行ってもらえるのかと思っていたら、「じゃあ私、コレ持ってますね」と言われ、その場ですることになりました。
片手で手すりに掴まって、もう一方の手でチンポを握ってます。
看護婦さんは片手で尿瓶を持ち、もう片方の手でオレの腰を擦ってくれたり、倒れないように支えてくれてる感じでした。

初めは出なかったのですが、やがてチョロチョロと出始めました。
全て出し切ってチンポを2、3回振ると、看護婦さんはクスクス笑い出しました。
そして、「ちょっと待って」と言うと、なぜか皮を被ったチンポの先っちょをティッシュで拭いてくれました。
軽~く勃起しちゃいました。

この時までT字帯というガーゼ状のふんどしのようなものを付けてましたが、穿き替えることになりました。
看護婦さんが穿かせてくれたんですけど、そのとき勃起してるのに気づかれました。

「大丈夫?穿ける?」と言われ、オレはコクリと頷きました。

次の日です。
剃毛してくれた看護婦さんが来ました。
傷口チェックをするためです。
傷口と、なぜかオチンチンもチェックされました。
玉を擦りながら、「(毛が)少し伸びてきたよ(笑)」と言われました。
この時にはだいぶ慣れてきたのか、看護婦さんにチンポを見せても勃起はしませんでした。

「◯◯君、オシッコは?トイレでできる?」

一緒にトイレに行くことになりました。
パンツを下げてもらい、オシッコをしました。
終了後、また2、3回振ると、この看護婦さんもクスクスと笑い出しました。
どうやら、この行動が面白いらしいです。

この日は友人達が見舞いに来ました。
案の定、「剃った?」とか「立った?」だの聞かれましたが、一切答えませんでした。
友人の1人から、「剃ると濃くなるんだぞ!」と聞いてビビッてました。
その後で看護婦さんに、恥ずかしながらも聞いてみました。

「あの~、剃った後って濃くなったんですか?」

「え?私?う~ん、女の子はみんな濃いからねー(笑)」

また想像してしまいました。

「心配しなくても大丈夫だよ」と言われてホッとしたのを覚えてます。

結局、この看護婦さんはこの後も何回か担当になったのですが、いつもオチンチンチェックをされました。
思えば、この看護婦さんが、陰毛が生えてから初めてチンポを見られた、そして初めて触られた女性です。
トータルで1週間という短い入院期間でしたが、ほぼ勃起しっぱなしの毎日でした。