下着を巻き付けてオナニーしてたのがお義母さんにバレて

この体験談は約 9 分で読めます。

私32歳、妻30歳、娘4歳です。
妻は現在、長期間の入院をしています。
隣県に住むお義母さん(54歳)が、たまに家事や食事を作りに泊まりで来てくれることがあります。
妻はかなり細くて胸も小さいのですが、お義母さんはふくよかで、胸もお尻も大きい女性です。

お義母さんが家に来てくれたある日、仕事で相当疲れていた私は物凄くムラムラしてました。
夕食の時に娘と3人で食事してる時もお義母さんの体が気になって仕方なくて、今まではそんな事を考えたこともなかったんですが、(お義母さんとやりたい)と食事しながら妄想して半勃ちになったほどでした。
もう1ヶ月以上もセックスしてなかったせいもあったと思います。

(いかんいかん)と心の中でブレーキをかけて、出来るだけ考えないように努力しました。

食事が終わるとお義母さんは手際良く後片付けをして、「汗かいたから先にシャワーさせてもらうね~、ミクちゃん(娘)もシャワーする?」と娘と2人で風呂場に行きました。
私はその間1人で缶ビールを片手にプロ野球中継を観てました。

しばらくして娘が風呂場から走って来て、「おばあちゃんのおっぱい、こんななんだよ~」と両手で巨乳のジェスチャーしました。
その後お義母さんが出て来て、「あきひろさん、お先にお風呂いただきました」と・・・。
見ると、黒のスパッツに白いTシャツ。
シャツの下はノーブラとわかり、もうドキドキでした。

「じゃあミクちゃんを寝かしつけて私も先に休みますね~」

そう言うとお義母さんは娘と2人でリビングから出て行きました。

(今日は抜いてからじゃないと寝れないかな)

ドキドキとモヤモヤが収まらず、寝室でオナるつもりでシャワーをしに風呂場へ。
脱衣場の洗濯機をふと見ると、お義母さんのパンティがあり、ドキドキしながら手にして無意識に嗅いでました。
汗とオシッコの匂いに何とも言えない匂いが混ざったすごくエロい匂いでした。
チンポは即、勃起しました。
私はパンティの匂いを嗅ぎながらお義母さんの裸を想像して勃起チンポを扱きました。

「お義母さん・・・お義母さん」と小声で呼び、イク瞬間はパンティをチンポに巻き付けて、「お義母さん、イク」と口走ってました。

久しぶりの射精だったので、大量のザーメンでパンティはドロドロで床にもボタボタと落ちたほどでした。
ハッと我に返り、パンティは水で洗ってから洗濯機の一番下に隠すように押し込みました。

次の日の夜もいつものように3人で夕食をしてお義母さんは娘とシャワー。
私はまたお義母さんのパンティでオナニーしてしまいました。

そして、その次の日の夜・・・。
娘は夕食の時から眠たそうで、その日はシャワーをせずに寝てしまいました。
私がいつものように缶ビールを飲みながらテレビを観ていると・・・。

「私もビールをいただこうかなぁ」

お義母さんが、缶ビールを持って私の隣に座ってきました。
ちょっとドキッとしましたが、何食わぬ顔でテレビを観ていると・・・。

義母「あきひろさん?いつからあんな事してるの?」

私「えっ?何がですか?」

(まさか・・・見られた?)

義母「お風呂場でよ」

(ドキッ!見られた!)

私「風呂場って?(とぼけて)」

義母「私の下着であんなこと」

(最悪だ・・・終わった・・・)

私「あ、いや、あの、その・・・」

義母「ビックリしたわよ・・・私の下着で・・・それも『お義母さん』って言いながらなんだもん」

(それも聞かれた?マジで終わった・・・)

私「すみません・・・」

義母「でもまぁ、仕方ないよね~、ゆうこ(妻)がずっと入院してるんだからね」

私「・・・」

義母「ビックリしたけど・・・嬉しかったなぁ」

(えっ?)

義母「だって、あきひろさんは私のことを女として見てくれてたってことだから(ニッコリ)」

私「・・・」

義母「お父さんなんてもう何年もしてくれないからね~。それに、あきひろさんのって大きいわよね!」

私「はぁ・・・(それは嬉しいけど・・・)」

お義母さんはテーブルに缶ビールを置くと、私の手を取り自分の胸へ。

義母「ゆうこより大きいでしょ?」

その時点で私の中の糸がプツンと切れ、巨乳をギュッと掴んだ瞬間、荒々しくキスしてました。
舌を挿し込み激しく舐め回すと、お義母さんは私の舌にネチョネチョと舌を絡めながら、「はぁん・・・激しい・・・」と言って完全勃起したチンポをズボンの上から握ってきました。

義母「ハァン・・・あきひろさんの・・・はぁ・・・素敵よ・・・硬いわぁ・・・」

お義母さんのシャツを荒々しく脱がすと想像以上の巨乳で、大粒の乳首が立っていました。
そのエロさに興奮した私はそのオッパイに貪り付き、大粒乳首を舌で転がしたり、軽く噛んだり、存分に楽しみました。

義母「あぁん・・・どう?ゆうこのと比べて・・・」

私「すごいです・・・こんな巨乳・・・ゆうこなんかとは比べ物にならないです・・・」

義母「あきひろさんのも見てみたいなぁ」

お義母さんに言われ、私は全裸になりました。
お義母さんもスパッツを脱いでパンティ一枚になりました。
ソファに座っているお義母さんの前に立つと、ビーン!とチンポは勃起して、私はわざとビクンビクンとチンポをヒクつかせました。

義母「すごい・・・大きい・・・」

そう言うとお義母さんはチンポを握ってゆっくり扱き始めました。

義母「それにガチガチに硬いわぁ・・・」

扱きながら、チンポを品定めするように言いました。
先からはガマン汁が溢れてきます。

義母「あきひろさん、興奮してる?」

私「勿論です・・・物凄く興奮してます」

義母「口でしていい?」

願ったりの言葉でしたが、「汗臭いからシャワーしますか?」と聞きました。

するとお義母さんは、「あきひろさんのだから汚くないわよ」と言うと、チンポに鼻を近づけ、「はぁぁあ・・・たまらない匂い・・・」と言ったかと思うと、私をじっと見上げながらパクリとチンポを口に含みました。

お義母さんのフェラは、口に含みながらも亀頭やカリ首や竿に舌を絡めて舐め回す、抜群に気持ちいいフェラでした。
すぐにイキそうになった私はヤバいと思い、「お義母さんのも見たいです」とフェラをストップさせました。
フェラをやめたお義母さんは立ち上がってパンティを脱ぐと、「やだ・・・こんなに濡れてる・・・ほら」とヌレヌレになったパンティを私に見せました。
そしてソファに座り直すと自分からM字開脚して、「見て・・・」とすごくいやらしい表情で言いました。
股間に顔を近づけると、オナニーしたときのパンティの匂いがプーンと漂ってきて、「お義母さんのエロい匂い・・・たまらないです」と両手でオマンコを拡げました。

お義母さんのオマンコ・・・。
かなりの剛毛。
色は少し濃い茶色。
ビラビラは大きめ。
クリトリスも大きめ。
パックリ拡げると、茶色の中に赤に近いピンクの中。

すでにグチョグチョになってるオマンコに私は貪り付き、ピチャピチャチュパチュパと音を立てながら激しく舐め回しました。
中に指を入れると、(入れたら絶対に気持ちいい!)と思えるほど感触が良かったです。
中で指を掻き回しながら大きめのクリトリスに吸い付き舌で転がすと・・・。

義母「ダメぇ!イクぅ!」

お義母さんは私の顔を両脚で力一杯挟みながら体を震わせてイキました。
しばらくして気を戻したお義母さんに、「お義母さんの・・・すごくいやらしいですね」と言うと・・・。

義母「はぁ・・・はぁ・・・お願い・・・もっと・・・いやらしい言葉で言って・・・」

後で聞いたのですが、今までそういういやらしい言葉を口にしながらセックスしたことがなく、憧れていたとか。
そんなセックスに憧れるって・・・かなりエロいお義母さんだと思います。

私「お義母さんのオマンコ・・・マン汁がグチョグチョですごいですね・・・オマンコな匂いもすごくエロいですよ」

淫語を混ぜて言うと、「あきひろさんの・・・欲しい・・・」と淫語を言わなかったので・・・。

私「お義母さん・・・ちゃんと言わないとわからないですよ・・・誰の何を誰のどこに欲しいんですか?ちゃんと言ってください」

そう言うと、「・・・あきひろさんの・・・チンポ・・・私のォマンコに・・・入れて欲しい・・・」と、初めて淫語を口にしました。

その後は娘が起きて来たらまずいと思い、2人で私の寝室に移動しました。
寝室に入り、まじまじとお義母さんを見ると、ふっくらというよりはポッチャリで、でもお腹の肉はさほどなくてオッパイは巨乳ということもあり少し垂れ気味でした。
お尻も大きめで、少し垂れているものの肉付き良かったので、バック好きの私としては嬉しい限りでした。

私はベッドの上で大の字で寝ると・・・。

私「チンポがすっかり萎えちゃったのでフェラしてください」

と、お義母さんにフェラさせました。
お義母さんの気持ちいいフェラにすぐにギンギンに勃起したところで、「お義母さんのオマンコも舐めてあげますよ」とお義母さんの腰を引き寄せ、69で舐め合いました。
かなりの長時間、舐め合いました。
オマンコからは止め処なくマン汁が溢れ出てきて、私はそれを全て飲み込みました。

義母「お願い・・・もう堪らない・・・あきひろさん・・・入れて・・・」

私「ほら・・・ちゃんと言ってくださいよ」

淫語を催促します。

義母「ぁ・・・もう我慢できない・・・あきひろさんのチンポで・・・私のオマンコ・・・突いて・・・」

体勢を入れ換え、お義母さんの脚の間に割って入ると、グチョグチョのオマンコに亀頭を押し当ててクチョクチョと擦り付けました。

義母「あ・・・や・・・早く・・・いや・・・早く・・・」

お義母さんが切なそうに訴えます。

私「じゃあ入れますよ」

ゆっくりと根元までチンポを挿入しました。
挿入の時は、「あ!あぁ!あぁあ!すごいぃ!」と声を上げ、体を仰け反らすようにチンポを受け入れました。
ゆっくりと抜き挿しすると、グチュ・・・グチョ・・・グチョ・・・といやらしい音が響き、お義母さんはトロンとした半開きの目と半開きの口で私を見つめながら、「いや・・・気持ちいい・・・気持ちいい!気持ちいいぃ!」と私の動きに合わせて言いました。
お義母さんのオマンコは想像通り本当に気持ちいいものでした。
締め付け良く、何より中がウネウネと動いてるのが最高に良かったです。

私「お義母さんのオマンコ最高です」

義母「あきひろさんのチンポもすごくいい!あ!硬くて!あぁあ!大きくてぇ!もっと!あぁん!もっと激しくぅ!ぁ!あ!突いてぇ!」

私はお義母さんのその言葉を聞いた直後からガンガン突きまくりました。
すると、「いやぁ!ダメ!ダメ!来るぅ!いやぁ!来るぅう!」と叫んだ瞬間・・・。

義母「い・・・くぅ・・・ぅ・・・」

体をバウンドさせるかのように震わせてイキました。
私はチンポを抜くと、放心状態のお義母さんの口に押し込みました。
お義母さんは放心状態のままフェラをしてくれました。

私「今度はバックで突いてあげますから四つん這いになってください」

お義母さんを四つん這いにさせました。

私「もっとお尻を突き出してください」

義母「こう?」

お義母さんはぎこちなく尻を突き出しました。
少し背中を丸め他感じで単に尻を私に向けていただけだったので、「こうです」と背中を押さえつけて、胸がベッドに付くようにしました。
一応クビレもあり、そして大きな尻・・・ゾクゾクする光景にたまらずチンポを挿し込み、最初からガンガン突きました。

義母「いやぁ!すごい!あぁん!すごいぃ!こんなの!ぁん!こんなの初めてぇえ!すごい!すごいよぉ!」

お義母さんはシーツをぐしゃぐしゃにしながら喘ぎまくりました。
いやらしい体のラインに巨尻、そして腰を引く時にチンポに引っ張られるオマンコの肉・・・後ろから見てるだけでイキそうなぐらいエロい光景でした。
我慢できなくなった私はオマンコからチンポを抜くと、お義母さんを強引にひっくり返して正常位でハメ直し、「お義母さん・・・もうイキそうです」と言いながら激しく腰を打ち付けました。
ダメ元で、「中でイッてもいいですか?」と聞くと、「ぁん!それはダメよ!」と拒否され、「お願い!外にぃ!あぁあ!」と叫ばれました。
私はイク少し前にチンポを抜くと、お義母さんの体に跨がりました。
お義母さんは『えっ?』というような驚いた表情をしましたが、「お義母さん!口を開けてください!」と言うと大きく口を開けました。

私「舌出して!」

舌を出した瞬間・・・ドピュッビュッビュッとお義母さんの顎から口、そして顔の右半分にまでザーメンが飛び散りました。
最後のドロドロと出るザーメンは口の中に垂らし、射精が終わるとチンポを口に挿し込みました。

義母「んぐ・・・ぐ・・・ゴク・・・ぐ・・・」

お義母さんはチンポを吸い上げながらザーメンを飲み込みました。
口からチンポを抜くと、何も言ってないのに口の周りや顔に飛び散ったザーメンを指で掬って全て口に運んで飲み込みました。

私「僕のザーメン・・・美味しいんですか?」

義母「一度も飲んだことなくて・・・でも・・・あきひろさんのだから・・・」

ベッドで並んで横になると、お義母さんは色々な話をしてくれました。
お義母さんはお義父さんしか知らなくて、お義父さんは正常位しかしなかった・・・だからバックでハメたのは初めて。
お義父さんがイク時は中出しかお腹の上で、それ以外にザーメンをかけられたことはなく、顔や口に出されたのも初めてだったとか。
69の経験もなく、こんなに長時間のクンニは初めてとか・・・。

私「お義母さんのオマンコ・・・すごく良かったですよ。今までセックスした女性の中では一番です」

義母「嬉しい・・・でも・・・あきひろさんはそんなに女性経験あるの?」

私「まぁ、ゆうこと出会う前ですよ」

義母「バックで突かれてる時は本当に気持ち良かったわぁ・・・初めてのバックだったのに・・・物凄く良かった・・・」

私「お義母さんの四つん這い・・・すごくエロかったですよ・・・チンポを引く時にオマンコの肉が引っ張られて・・・最高にエロかったです」

義母「もぉ!エッチな言葉ばかり・・・でも、エッチな言葉・・・すごく淫らになれるね」

私「今度からはお義母さんにはもっともっと言ってもらいますからね。・・・あ、セックスするのは今日だけですよね?」

義母「だめ・・・これからも・・・して欲しい・・・」

私「じゃあ、ゆうこが退院するまでは2人で楽しみますか?」

その日以来、お義母さんは今まで以上に家に泊まりに来てくれます。
ほとんど毎晩、お義母さんとやってます。
時にはリビングで、娘がテレビに夢中になっている時にキッチンのお義母さんを後ろからスカートを捲り上げて立ちバックで犯したり・・・。
3人で夕食してる時にお義母さんのオマンコをクチュクチュ弄ったり・・・。
お義母さんが娘を寝かしつけてる最中に後ろからハメたり・・・。
娘がいる時にするセックスはお互いにすごく興奮します。

夏休みに入り、来週から娘は友達家族と2泊3日の旅行に出掛けます。
お義母さんにはそのタイミングで来てもらい、やりまくろうと思っています。
妻が退院した後も、なんとかお義母さんと会えないかと思案中です。

タイトルとURLをコピーしました