内緒でごっくんしてくれた新人ナース

この体験談は約 3 分で読めます。

自分が妻(K美)と知り合ったのは病院でした。
13年前、ある怪我と病気で、個人病院に入院していた時の出来事です。

当時、K美は准看護学校を卒業してほやほやの新人。
自分は工場勤務の職人見習い。
同じ歳だったので何かと気軽に話し掛けてくれて、憂鬱だった入院生活に楽しみができた感じでした。

そんなこんなで入院して3週間くらい経ったある日、朝の検温と清拭の時間の時です。
いつものようにカーテンを閉め、片手が使えないのでK美に背中を拭いてもらっていると、この日に限って自分の息子がギンギンに・・・。

「では◯◯さん、終わりましたよ~」と自分の前に来て薬を渡す時に、パジャマ越しにギンギンになったものを見られてしまったのです。

「っあ・・・ではまた~・・・」

K美は見てはいけないものを見たという感じで去っていきました。

(終わったな・・・何もかも・・・)

自分は激しく落ち込み、朝ごはんもほとんど食べれませんでした。

凹みに凹みまくって時が過ぎ、午前10時。
処置室で包帯を交換してもらう時間になりました。
先生が手術痕の処置をして看護婦さんが包帯を交換してくれるのですが、今日に限っていつものベテランの方ではなくK美でした。

「じゃ、後頼むね~」と先生が処置室を出て行ってしまい、2人きりになってしまいました。

さっきのギンギンの息子を見られた件があったので、自分は顔を真っ赤にして俯いていました。
心臓はバクバクで汗もダラダラでした。

K美「・・・◯◯さん、気にしないで下さいね」

俺「!!」

突然の一言に俺びっくりしました。
そして彼女はこう続けました。

K美「男の人はそうなって仕方がないんですもの、それに◯◯さん・・・今は手が使えないから・・・」

その言葉を聞いた瞬間、「看護婦さんが可愛くて!一生懸命だから好きです」と告白してしまいました。
顔を真っ赤にしてK美は、「ありがとう、本当にありがとう」と言って手を握り締めてくれました。

次の日の清拭の時間、いつものようにK美が来ました。
顔を少し赤らめて会釈してくれました。
その仕草があまりにも可愛かったので、まだ付き合ってもないのに勢いでおでこにキスしてしまいました。
絶対に引かれると思いましたが、K美は「えへっ」と笑い、いつものように清拭の準備にかかるかと思ったら・・・。
いきなりズボンを下ろされました、それも勢いよく。
自分が「あっ!」と声をあげると、ベッドの横にしゃがみ込むK美。
そして上目遣いに人差し指を口につけ、「しーっ」とやっています。

「じゃあ◯◯さん、お背中拭きますね~」

カーテンの外にも聞こえる、いつもの元気なK美の声。
しかし実際に中でやっていることは、自分の息子の清拭・・・。
それはそれは優しく、カリ首を温かい手拭いで包み込み、両手で一生懸命拭いている姿。
もう自分は声を押し殺すのが精一杯で、後ろに束ねたK美の髪を撫でていました。

しばらくして、下半身に温かい衝撃が走りました。
なんと、口に咥えてくれたんです。
唇で亀頭部を咥えながら、先っちょを舌でクリクリ攻められました。
次に全体を口に入れたと思ったら、思いっきり吸われて激しくピストン運動。
なのに音がほとんどしない!

3週間も溜まってた自分は、その技術であっという間にもう限界。
口パクで「イキそうです」と訴えると、K実の動きはさらに激しくなり、しゃぶりながら「いいよ、このまま」と。

「ぁ!」

声が少し出してしまいました。
そしてそのときには、K美の口の中に出していました。
恐らく凄い量だったと思います。
なのにK美は、びくっびくっと律動する息子を咥えたまま離さず、一生懸命飲んでくれました。
上目遣いでこちらの様子を嬉しそうに見ながら、出ている間も先っちょを舌でクリクリしてくれました。

全部飲み干してくれた後、自分はたまらなくK実が愛おしくなり、思いっきり抱き締めてディープキスしました。
精子の味がしましたが、そんな事は全く気になりませんでした。

その後、K美は、「◯◯さん、終わりましたよ~」って満面の笑みで、カーテンの向こうに消えていきました。

まだ色々と思い出がありますが、今日はこの辺りで失礼します。
長文、乱文失礼しました。