若い女教師の叔母と全裸生着替え

この体験談は約 5 分で読めます。

俺が小2の時のこと。
近所に叔父一家が住んでいて、ある日、学校帰りに家を覗くと、庭のビニールプールで遊ぶ母子を発見。
義理の叔母になる洋子さんと、その子供の女の子だ。
叔母と言っても、当時まだ20代半ばのお姉さん。

洋子さんと目が合った俺は一緒に遊ぶように勧められた。
俺がプールバッグを持ってるのに気づいたらしい。
ビニールプールなんて本来幼児用だけど、まだ低学年だったし、喜んで加わった。
水遊びを終えると、3人一緒に風呂に入った。
もちろんそこでは3人とも水着を脱いで全裸。
親戚だし恥ずかしさも違和感も全くなかった。

その3年後。
洋子さんはもともと小学校の先生だったが、叔父との結婚がいわゆるできちゃった婚だったようで、学校に籍を置くのが恥ずかしかったのか、産休と同時に先生を辞めてしまっていた。
ところが育児が一段落すると、まだ年齢も若いし、嘱託として近くの学校で先生に復帰することに。
その学校というのが、俺の通っていた小学校だったのだ。

初めのうちは、家と違って学校で洋子さんと顔を合わせると、なんか照れ臭かった。
時間の経過とともに、やがて照れのほうはなくなったが、それとは別の新たに照れを感じる出来事が始まった。
普通の先生とは違い、嘱託の身である洋子先生には担任を受け持つクラスはない。
病気や出張で休んだ先生の代理を務めたり、補佐的な役割が主となる。

その一つに、学校のプールの指導役があった。
ベテランの先生にもなると、水の中に入らない人もいて、まだ若い洋子先生が積極的にプールに入って児童を直接指導するのだ。
俺のクラスのプール授業も同様だった。
洋子先生は中途採用だし、クラス担任でもなく、それまで校内でも地味な存在だったのだが、色白で背が高かったので、水着姿を見た一部の男子に目を付けられるようになってしまう。

俺たちは小5になっていた。
そろそろ異性に性的な興味を持ち始める年齢に差しかかっていたのだ。

家のビニールプールでは、昭和のお母さんが着ていた地味なワンピース水着だったが、プール授業に積極的だった洋子先生は学校では競泳用の水着を着ていた。
競泳用だから体にピタッと張り付いて、体のラインがはっきり分かる。
という事はすなわち、胸の大きさや形も分かってしまうということだ。

案の定、プールを終えると、一部の男子が嬉しそうに話し始めた。

「ここだけの話だけどさ、Y本先生の水着、あれって乳首が丸分かりだぞ」
「俺も発見しちゃったぜ、あの先生、乳首立ってたよねw恥ずかしくねえのかな」

その頃の競泳水着にはパットとかニプレスといったガード用の素材などはなく、おまけに色も単色だったので、胸ポチはカモフラージュできなかった。
その話を聞いた他の男子も面白半分に話の輪に加わり、あっという間に真面目系を除いたクラス男子の大半が、洋子先生の水着姿に対して性的な興味を持つようになってしまった。
親戚の俺は、そんなクラスメイトらに対して、正直複雑な心境だった。

『叔母さんの体をそんなやらしい視線で見るなよ!』

そう訴えたかった。
でも、それを口に出してしまうと関係を疑われるだろうし、結局は我慢するしかなかった。

そんな助平どもの評判を知らない洋子先生は、相変わらずいつもの競泳水着を着用して指導に励んでいた。
プールサイドに体育座りさせられた俺たちの前で、プールに入らない担任が、「クロールの時にはこうやって手を返す~」とハンドマイクで叫ぶと同時に、水着姿の洋子先生が俺たちの前で手の返しのポーズを採るのだ。

その時、洋子先生は俺の目の前のポジション。
思わず下から上へと食い入るように水着姿の洋子先生を見つめてしまった。
先生の腕が動くたびに、それに呼応して小刻みに胸も揺れる。
別に巨乳でもなく、どちらかと言えば小さくまとまった形なのだが、かえってそれゆえに、水着が張り付くとバストトップが目立ってしまうのだ。
すでに濡れていた水着の胸の先端から2つの突起が出てるのが、俺にもはっきり分かった。

(親戚なんだしダメだろが!)と思いつつも、やらしい視線で先生の肢体を見つめる俺。

水着着用でも十分エロいと思ったけど、それに加えて親戚である俺には、他の男子には決して体験できないアドバンテージがあった。
俺は洋子先生と一緒に入浴していたのだ。
俺は洋子先生のやらしい肢体を覗きながら、心の中で3年前の出来事を懸命に思い起こした。
あの時、一糸纏わぬオールヌードを俺の前で披露してくれた洋子先生。

でも、もうその記憶はおぼろげだった。
まだ性的興味を覚える前の話。
なんだか悔しくなった。

その後もプール授業は続いた。
この日も水に入って児童の泳ぎを指導していた洋子先生。
泳ぎ方の悪い児童に綺麗なフォームを手取り足取り指導していく。
実はこの俺、水泳が大の苦手。
出来ることなら洋子先生から直々に指導を受けるのは避けたかった。
親戚だし、何となく恥ずかしさや照れ、遠慮があった。
ところがこっちは不恰好だし、案の定、目を付けられてしまう。

「◯◯くん、まずは先生が見本見せるから、見本通りに泳いでごらん」

普段はいつも「コウちゃん」と呼んでいたし、苗字で呼ばれるのはなんかよそよそしかった。
俺は洋子先生のフォームを真似て泳いでみたが、上手くいかない。

「はい、肘を上げて!腕は真っ直ぐ伸ばす!」

洋子先生はギュっと俺の腕を掴みながらしばらく付きっきりで指導してくれたが、あまり上達した実感はなかった。

「◯◯くん。放課後、一緒に練習するからね!」

授業の終わりに直接そう言われた。
プール授業の時には教室で海パンに着替えていたが、ただ放課後一緒に練習すると言われただけで、どこで着替えるかとか詳細を聞かなかった俺はみんなが帰路に就く中、たった1人居残って、教室で暇を持て余していた。
そこへ息を切らしながら洋子先生がやって来た。

「コウちゃんゴメンね。職員会議で遅れちゃって・・・」

そう言うと俺の手を引っ張って、ある場所へと連れて行った。
ある場所とは、プールにくっついて建っていた控え室。
ここは先生専用ルームで、普段だと児童は入れない。
その中に初めて潜入したが、そんなに広いスペースでもない。

「今日はここで着替えるよ」

先生はそう言うと、いきなりTシャツから脱ぎ始めた。
先生と児童が同じ部屋で着替えるというのは、あまり例はないと思うが、親戚として考えるなら別に珍しいことでもない。
でもそれは3年前の話だし、小5になっていた俺はちょっと自意識過剰になってしまった。
残すはパンツ一枚だった俺は腰にバスタオルを巻いた。
5年にもなると、もうそれが当たり前の流儀だった。
ところが、それに気づいた洋子先生が一言。

「別に隠す必要なんかないじゃんか~、2人だけなのにw」

笑いながらそう言うと、下着を脱いだ洋子先生は俺の前で生まれたままの姿になったのだ。
俺の目の前に、ベロンと洋子先生の剥き出しになった陰毛、そして乳房が現れた。
俺はその時、まじまじと洋子先生のおっぱいを眺めたと思う。
当然、洋子先生は俺の視線に気づいたはず。
でも、その後も別に隠すでも見せつけるでもなく、テキパキと競泳水着に着替えた先生は、「早く着替えなさいよ」と一言言うと、先にプールへと飛び出して行った。

その日は開始が遅れた事情もあって、結局中途半端に終わってしまった。
再び控え室で着替えを始める2人。
俺はちょっと悩んでいた。
さっきは洋子先生が先に部屋から出たし、結局、自分のチンチンを見られることはなかった。
ところが今度はもう、そういうわけにもいかないだろう。
陰毛も精通もまだだったけど、それでも異性の目の前で開けっ広げにチンチンをブラつかせながら着替えるという行為には抵抗があった。

小5のささやかな葛藤。
俺は海パンの紐を外すと、その上から厳重にタオルを巻いた。
早速、その姿を見た洋子先生に窘められた。

「コウちゃん、叔母さんしかいないのにタオルなんか巻く必要ないよ!面倒だし、第一それじゃ綺麗にパンツ穿けないじゃないの」

それもそうなのだが、俺にとっては恥ずかしさのほうが先だった。

おわり。
特にエロくもなくてすまん。