親戚のお姉ちゃんの揺れまくるおっぱい

この体験談は約 3 分で読めます。

高校卒業してから、京都に部屋を借りて1人暮らしを始めた。
京都には親戚のお姉さんがいた。
親戚のお姉さんとは昔から仲が良かったので、心配してよく部屋に顔を出してくれていた。
俺とは3歳しか違わないのに、OLを始めてから急に大人びた美人になっていた。

ある土曜日の夜、今から部屋に来ると電話があった。
部屋に来たお姉さんは会社の飲み会の帰りで結構酔っ払ってた。
シャワーを浴びて俺のパジャマに着替えると、俺の所に泊まると家に電話した。
俺も暇だったし別にいいかって感じだった。

お姉さんはまた缶ビールを飲みながら、俺と色んな話をしていた。
話題はやっぱり俺の学校の話。
デザイン系の学校だったから、授業で描いた作品なんかを見せていた。

そのうちの1冊のクロッキー帳をお姉さんは手に取った。
俺は一瞬あっと思ったが、隠すのも変なので渡した。
そこには授業で描いたヌードモデルのデッサンが何ページにも描かれていた。

「え?これも◯◯が描いたん?」
「・・・そうだけど、?」

「この女の人、ほんまに裸になるん?」
「うん」

「クラス全員の前で?」
「うん、全員の前で」

「うわぁ~恥ずかしないんかなぁ~。こんな仕事もあるねんなぁ~!!」
「普段は大学生らしいよ。あと劇団員の人もいるよ。バイトでヌードモデルやっているんだって」

「えーっ、そんなに若いんや!!◯◯、嬉しいやろ?」
「・・・い、いや別に」

「またまたぁ~、描いてる時ってアソコ大きくならへんの?」
「ならないってっ!全然そんな気分にならないから」

「そうなんや~、◯◯って女の人の裸、見たんってこの授業が初めて?」
「え?・・・まぁ、そうだけど・・・何で?」

「初めて見た感想は?」
「感想?・・・う~んヌードモデルのデッサンって凄く難しいから、描くことに集中しててそれどころじゃないよ」

「へぇ~そうなんや、ちょっと私も描いてみてよ」
「え?!ダメだよ!」

「あはは、もちろん裸ちゃうで。下着は着けとくし、な?」

そう言いながらお姉さんは、さっとパジャマを脱いでしまった。
片手に缶ビール持ちながら、ベッドの上でポーズを取るお姉さん。
俺は文句を言いながら描き始めた。

・・・が、なかなか集中出来ない。
授業中に全裸の女性を見ても何も感じないのに・・・下着姿だと逆に凄くエロい!!
しかも授業と違って至近距離。

(この下着の中は・・・)などと色々想像してしまう。

そんな時、お姉さんがこう言った。

「何か変な気分になってきた・・・見られて興奮するタイプなんかなぁ?私って」
「・・・変態だね」

「ほんまや(笑)。何か体がゾクゾクしたよ」
「・・・もしかして濡れてる?」

「・・・たぶん」
「マジ?」

「あーっ、もぉ~変なこと言うしムラムラしてきたやん」

そう言って緑さんは俺の腕に抱きついてきた。
童貞な俺は冷静なふりをしていたが、心臓バクバク状態。

「なぁ、ここ触ってぇ」

「本当にいいの?」

「いいからいいから」

俺は恐る恐るパンティの中に手を入れた。
指に陰毛の感触が伝わってくる。
もう少し奥に指を伸ばしてみた。

ぬるっ・・・。

本当にお姉さんは濡れていた。
指がお姉さんの中に・・・。

「んっ・・やばい。立ってられなくなるかも・・・」

そう言って俺の首に両手を回した。
俺は腰を少し落として手マンを始めた。

ヌチャヌチャ・・・。

淫靡な音が出て、お姉さんは、「あっ・・・あぁぁぁ・・・」と声を上げた。

「もういいよ・・・立ってられない・・・」

物凄い濡れようだった。
俺は我慢出来なくなって、お姉さんを押し倒し、ブラを外して、足を広げて挿入。
我ながら物凄い早業・・・。
ヌルヌルの腟にチンポがスルッと入り、根元までしっかり入った。

「あぁぁ・・・」

気持ち良さそうな声を出すお姉さん。
童貞の俺は、キュウ~ッと締め付けられた感じがしてすぐ出そうになる。
腰を少し振ってみると、プルプルと揺れまくる胸。
その揺れる胸を見てたら、あっという間にイッてしまった。
たぶん1分も持たなかったと思う。