娘の学校の人妻女教師をこましてやった・第1話

この体験談は約 9 分で読めます。

去年の4月、先生と保護者の飲み会があったときのこと。
同じ方向に帰る先生がひょんなことから僕を送ってくださることになりました。
車で30分くらいかかるのですが、その日はあいにくの大雨で、走りはじめて5分も経たないうちにうちにフロントガラスが曇り始め、とうとう全く前が見えなくなってしまったのです。
路肩に車を停めた先生は困っていました。
エアコンの加減を変えたら大丈夫なのに、そんなことも分からない様子。

僕はちょっと意地悪な気持ちになって、わざと「おかしいなあ、ちょっと見てみましょう」などと分からないふりをして、身を乗り出して先生の足元の辺りをあれこれ弄っていました。
ベンチシートのワゴンRなので密着度が高く、僕の肩が先生の太股に触れたりして・・・。

「ちょっと弄ってみますので場所変わってください」

外は大雨なので車内での平行移動です。

「すみません」と言いながら僕の上を通り過ぎる先生。

狭いので、どうしても膝の上に乗るようになってしまいました。
その時、酔った勢いもあって抱きついてしまいました。

「あっ!!」などと言いながら身をよじりますが、先生は腕の中。

すぐに先生の右横に移動してシートを倒しました。
左手で逃げられないように抱き締めて体で押さえつけ、自由になった右手は一路パンツの中に。
両手で抵抗してきますがしょせんは女性の力、あっという間に中指はクリちゃんに届きました。
ガンガン刺激していると、「だめです!やめて!!」と言い続けてますが、その言葉の間に「あっ!」とか「はあっ!」とか、美味しい反応が聞かれるようになってきました。

僕の右手を押さえている先生の両手の力がちょっと緩んだ隙に割れ目にグイッと指を進めました。
見事にドロドロになっており、何となく気分的に優位に立ってしまいました。

「わぁーっ、先生すごいねぇ?!」などと軽口を叩きながらグチョグチョと掻き回していると、とうとう膝が緩んできました。

チャーンス!とばかりに、中指と薬指を根本まで入れてGスポットを擦る擦る。

「あぁ~ん!!」

先生はびっくりするような大きな叫び声をあげて、この瞬間から抵抗がほとんどなくなりました。
まずは何をおいてもイカせることだと思っていた僕は、耳元で「ほら!いいんだろ?イッちゃえ!イッちゃえ!」などと煽りながら、手がくたくたになるまでGスポ攻撃です。
とうとう腰をガクガク揺すって先生はイッちゃいました。

(ここでとどめだ!)

そう思った僕はストッキングごとパンツを脱がして、先生が余韻に浸っているうちに一気に頂いちゃいました。

ところが嵌めてビックリ玉手箱!!
相性がいい!
先生も感じる感じる!
イキまくるイキまくる!
気が付いたら2人とも素っ裸になってヤリまくってました!
1回目が終わって2回目を始めるときは、信じられないことに先生の方からフェラしてくれました。

結局、宴会が終わったのは9時だったのに、家に着いたのは午前2時。
にも関わらず、家の近くまで送ってくれた先生と別れるときはしっとりと恋人のようなキスで締めくくることができました。
帰宅した後、先生は旦那さんに、僕はかみさんに言い訳するのが大変だったけど、いやぁー満足!って感じでした。
その数日後、正気に戻った先生は僕からの誘いを受け流し、立ち直ろうとしながらも結局は肉欲には勝てず、どっぷりと不倫にはまっていくところもドキドキの展開なんだけどね。

ここで先生の住環境を理解していただきましょう。
旦那と子供2人。
近くに旦那の両親あり。
夫婦2人が教師のため、小学生と幼稚園の子供は近くのじいちゃん家に帰り、夕食を食べ、母親が迎えに行く。
つまり、両親とも子供に関わることなく教育に打ち込める環境ってことです。
もっと言えば、両親とも遅く帰れるのです。

さて、次の日のことです。
せっかくお近づきになれたので、逃すまじ!とばかりに果敢にアタックしました。
先生の旦那は、これまたまじめ人間で、部活やらなんやらで毎日8時9時に帰宅ということを知っていた僕は、とりあえず7時頃に先生の自宅に電話してみました。
案の定、電話に出たのは先生でした。
OK!
いいシチュエーションに気分が高まります。

「こんばんは、◯◯です」なんて挨拶すると、「あ、どうも・・・昨日は失礼しました・・・」なんて動揺してるし(笑)

さりげなく、「忙しいときにごめん・・」なんて探ってみると・・・。

「あ、子供はまだおばあちゃん家だから・・・」

(ってことは、今1人じゃないですか先生!!)

思わず盛り上がる僕。

「昨日のこと、謝ろうと思って」と謙虚にでると、「私こそごめんなさい、でも、もうどうしていいか分からなくなってしまって・・・」などと動揺しながらも、話の持って行き方が『なかったことにして』バージョン。

先生は自分の後ろめたさを覆い隠すように色々話します。

「お互いのためにならない」「お酒って怖い」「2人の心の中だけに閉まって・・・」などと。

(さすが教師!まあ普通そうだわな)などと思いながら、そこで納得するほど素直じゃない僕はさりげなく“昨日を思い出しましょう”って方向に話を持っていきました。

「あのとき◯◯して、◯◯したときの先生、とっても素敵だった!」
「あぁ・・・思い出すと気持ちが高まって、どうしようもないんですよ!!」

そして、“先生を想うこんなに切ない気持ち”を前面に出して、あらん限りの言葉を使って口説きました。

いつの間にか先生は聞き役になり、「ん・・・」「はい・・・」「でも・・・」などと何となく色っぽい声色に変わってきた。
こりゃいけるかも!ってわけで、「僕はこんなに高まってる!先生は?」などと仕掛けてみると、「あ・・・でも・・・」なんて戸惑いの色気声。

(これは絶対いける!かなり情感が高まってると見た!!)

さあ、押す押す!
エッチなことも言う言う!
そしてついに・・・。

「ねえ、自分でさわってみて」って言ってみました。

先生は、「・・・ん・・・」なんて中途半端な返事。

(ちょっと調子に乗りすぎたかなー、教師だものなー)と、ちょっと後悔しつつも、「どう?濡れてる?」なんて仕掛けてみました。

そしたら、「うん・・・」って!
わぁー、本当に言った通りに触ってくれるんだー!
嬉しくなって、あれこれ指示すると、やってるやってる息が次第に荒くなる。
こりゃいいやってわけで、頃合いを見て、「ねえ、実は今、すぐそばにいるんだ」って言ってみました。
はい、先生の家のそばの公園に車を停めて電話してたんです。

10分後、ワンピース姿で現れた先生は、その15分後、僕のワゴン車の中で素っ裸に剥かれてました。
でも、たった2回目でこんなことを思うのも変だ思ったんだけど、本当に相性がいいんですよ先生の体。
僕ももちろん気持ちいいんだけど、先生のイキ方がすごいのなんの。
入ってるだけで動いてないのに入れて30秒後にはイキ始め、後は続けざまに何十連発!
僕は耳元でエッチな言葉を言い続けるだけなんです。
先生って元々こんなエッチな体なのかと思ったら、「彼(旦那)の時はそうでもない」とのこと。
ちょっと嬉しい。

その時に先生の携帯番号を教えてもらい、以後、週に1~2回の割合でデートの日々。
基本は僕のワゴン車の中だけど、時間のあるときはホテルで。
一番楽しいのは、何度会ってセックスしても、先生はいつも「こんなこといけない!」って思っていることです。
商売女のように喜んで股開く女って興醒めですよね。
理性では間違いだと思いながら、それを上回る激情に押し流されていく女教師!
なんと燃えるシチュエーションではありませんか!!

それと、もちろん僕はセックスオンリーのセフレのつもりだけど、女って、特にインテリっぽく振る舞いたい女性って、やっぱ“愛”なんですよねー。
2ヶ月ほど経った頃、僕のことを詠んだ歌(よくわかんないけど五七五調)を渡されたときには痺れました。
そのお返しは、先生初体験のバイブでしたけど(笑)
そっちの方でもしっかりついてきてくれるのが嬉しいです。
今ではそのバイブは2人の必須アイテムになってます。

で、僕としては実は、先生とどうしたら続けていけるのだろうと悩んでいました。
一応セックスはしてるけど、不安定な関係には変わりありません。
同じ職場というわけでもなく、こっちも捨て身の攻撃をするつもりありませんので(現状維持しつつ楽しみたいだけ)、この状況って、2人が続けていくための条件としては良くないですよね。

そんな僕の、その時に決めた行動のポイントとしては先生の気持ちを離さないように、穏やかにスマートに、あれだけ感じさせた体の感覚に訴えて、野卑な言い方だけど“おまんこがジュンと疼くようなシチュエーション”を提供し続けることが大切であると考えていました。
その手の小説にありがちな、“絡め取られて性処理女に墜ちた女教師”風の展開は、しっかり者で常識のある社会人である先生には期待しない方がいいでしょう。

で、具体的な攻撃のパターンとしては・・・。

条件その1.学校に電話してもたぶん絶対に応じてくれないので、これはマイナス行動。
条件その2.一旦家に帰ってしまうともう出てこないでしょう(前回は幸運だったけ)。

これらの条件を考えると、先生が学校を出てから買い物して帰宅するまでの時間を狙って関係を持ち続けられるように努力するしかありません。
幸い僕は仕事の関係上、その時間には自由に動けるのです。

で、今思い返しても(まめだなぁー)って自分で思っちゃうんですけど、ほぼ毎日同じ時間に先生の携帯に電話を入れました。
まあ、これだけ電話してもだいたいきちんと出てくれるっていうのがここまでの成果といえば成果と言えるかもしれません。

そして、「よかったらちょっと会わない?顔見たいんだ」とさらりと誘いをかける。
お互い仕事があるので、「ちょっと今日は・・・」などと言われたら、追わない。
最初の頃によく先生が言ってた、「もう彼を裏切れない・・」という言葉には、「話だけでもいい、君の顔を見たいんだよ」などとさらっとかわして、とにかく会うことに専念する。
会ってしまえば先生の情感を高めて、自分からしたいと思わせる方法なんていくらでもありますもんね。

会えた場合も、まずは先生本位です。
ワゴン車の後部座席に先生を乗せ、彼女が安心できる人気のない場所に車をつけます。
それから隣に移動。
最初の頃はこの辺りで先生は体を固くしていたんだけど、ドキドキしてるのは手に取るようにわかりました。
今思い出しても可愛かったな。
エロい流れにならないようにと思ってか他愛のない世間話なんかをするんだけど、「声が上擦ってますよ、先生」なんて思わず指摘したくなっちゃうほどでした。

頃合いを見計らってさりげなく肩に手を回し、最初の軽いキスをします。

「とっても素敵だよ」とか「好きだよ」とか、先生好みのセリフも忘れずに。

初めの数回はここら辺りで、「だめ・・・」とか「いけないわ・・・」なんてリアクションが入ったけど、これって『そんなつもりじゃないのよ』って自分自身に言い聞かせるおまじないみたいなものなのでしょうね。
だって本当に言葉だけで、抵抗は何にもないんだもの。
唇や吐息はもう熱くなってるしね。
それからギュッと優しく抱き締めます。

あ、そうだ。
3回目の時だったかな、こんなことがありました。
抱き締めてまだ何にもしていないのに、耳元で「好きだよ」と呟いた瞬間、先生の体がブルブルって震えたんです。
今どき本当にこんな主婦が存在するの?って思うくらい、純粋というかウブというか。
まあこれからも先生はこのパターンで攻めようと確認はできましたが。

さて、色仕掛け作業の続きです。
先生好みの甘い言葉を耳元で囁きながらゆっくりスーツの胸を肌蹴ると、まずは軽いキスをしながらブラウスの上から胸を刺激します。
(春の時期の先生って、一般にスーツが多いけど、これを脱がしていくの好きなんですよ)
で、次第にブラウスも肌蹴ていき、ブラの中で乳首を転がす頃には(結構胸のボリュームがある)、だいたい先生の方から舌を絡めてきます。
その辺りを合図に、口を首筋に、手をパンツの中に。

会うときは先生もそのつもりで来るのでしょう、あそこはいつもグチョグチョの大洪水。
でも、すぐにはおまんこに直接攻撃をかけません。
それが僕のパターンなんです。
おまんこの愛液を中指ですくうとクリに持っていき、まずはクリ攻撃。
首筋ペロペロしながらクリを弄り倒します。
先生すぐに、「はあ、はあぁ・・・」なんて言いながら手を僕の背中に回してきて、腰を色っぽく振り始めるんです。

この瞬間が一番好き!
だって考えてみてください。
さっきまできちんとスーツ着込んで、澄ました顔で先生然としていた“よその奥様”が、無惨にもブラウス全開でパンツの中をかき回されてアンアン喘いでいるんです。
もう記念写真に残しておきたいくらいです。

指マンはあまり好きではないので、先生が高まってきたら即結合。
さてここで、パンツを脱がせるときの先生の決まり文句である、「あ、それはだめ!!」について。
最初の数回こそは両手で押さえる仕草を見せたけど、それも自分へのおまじない言葉でしょう。
まるで言葉と行動が伴ってない。
先生、「だめ・・・」って言いながら、脱がせやすいように腰を浮かせるのはやめた方がいいよ(笑)

さて、いよいよ結合です。
先っちょに唾つけて一気に入れると、馴染ませるために数回ピストン運動します。
すると先生は、「あぁ・・・」なんて言いながら口パクパク。
調子の良いときは、ここですでにイッちゃいますよ。
全身を硬直させて。

僕はその後、そのまま先生の上に被さってガッチリ押さえ込むと、恥骨がグリグリ当たるくらい奥まで突っ込みます。
これでセット完了!
サービス期間は終了、ここからは僕の時間です。
(あ、僕ってマイルドなS系です)
なんで、言葉で甚振る甚振る。

「こんなに濡らして、はしたない先生だな!」
「旦那に申し訳ないと思わないのか」

そんなお約束パターンから始まって色々と。
個人的なことが多いから、文字にしても他人にはたぶんつまらないけどね。

この“いじめごっこ”、最初は僕も遠慮しながら小出しにしていたんだけど、甚振られると先生、イキまくっちゃうんですよ、これが。
今は、かなりMが入ってるかなってことに気づいてかなりします。
この前なんか髪の毛を掴んで、「おら、舐めろー!」なんてちょっとアブナイ系も。

ともかく入れた後は楽しい楽しい僕の時間です。
先生もイキまくり。
もう数え切れないほど。
愛液の量も半端じゃないし。
ワゴン車のシートカバーが先生の本気汁で真っ白のシミだらけになってしまい、慌てて下に敷くためのタオルケットを用意したくらい。

ともかく、そんなこんなでネチネチと関係を続けて半年ほど経った頃かな。

「最近、彼(旦那)の時にもなんか思い出しちゃうの」なんて嬉しいこと言ってくれるようになりました。

会うときも僕からの一方的な連絡だけじゃなくて、連絡を取り合う感じになってきたんです。
会えない晩には、「ちょっと声が聞きたくて。どうしてる?」なーんて電話してきたりして、この年になって恋愛してますよ、僕ら。

半分お嬢ちゃんのお相手しながら恋愛ごっこなんて馬鹿にした気持ちもあるのですが、これだけ心を寄せてくれると可愛くもあり、困ってます。
でも、そんな先生をこうやってネットデビューさせてるんだから、やっぱ僕って悪魔な男なんでしょうね。

<続く>