スナックのママをやってた母のエロいフェラチオ

この体験談は約 3 分で読めます。

俺が中学の時の話。

当時、母親は40歳で、小さいスナックをやっていた。
親父とは俺が小学校に上がる前に離婚していて、その当時は「遠藤のおじちゃん」と俺が呼んでいた彼氏がいた。
おじちゃんは子供好きで、ホントの親父のように親身になってくれたので俺も大好きだった。
そんなことはどうでもいいか。

で、遠藤のおじちゃんはスナックママと付き合うくらいだから、それなりに酒も女も好きなようで、性に対して割とオープンな俺の母親とも馬が合ったみたい。
この2人のセックスは実際何回も覗いていたけど、本当に激しくて、まさにエロって感じだった。
あのノリにはまだ到達できてないのが、我ながら悔しい。

おじちゃんが一度、仕事仲間の若い奴と一緒に来たことがあった。
その日は日曜でスナックも休みのため、鍋を囲んで大人達は盛り上がり、俺も背伸びして飲んだビールのせいで早々と眠ってしまった。

たぶん12時頃だったと思うんだが、目を覚ますとまだ隣で飲んでいる様子。
再び寝ようと思ったが、今度はなかなか寝付けなくなっちまった。
隣の声をぼーっと聞いていると、何かおかしい。
思春期だったのでエロい気配には敏感だった俺は、そっと身を起こすと、襖を少しだけずらしてみた。

すると、母親を真ん中において男2人が両脇に座ってるんだけど、母親はなぜかブラウスの前が全開でブラ丸見え。
おじちゃんは母親のおっぱいを揉み倒しながら飲み続けている。
隣の若い奴も遠慮なく揉みながら、母親のおっぱいを褒めている。

全員かなり酔っていて、この異常さを平然と流していた。
俺はギンギンに勃起しながら覗き続けた。

そのうちにおじちゃんが若い奴に、「おっぱい舐めてみろ」みたいに言うと、遠慮しながらも、「いいんですか」なんて嬉しそう。
母親もニヤニヤしてて楽しそうだし・・・。

おじちゃんに促されて母親はブラを外した。
むしゃぶりつく若い奴。
おじちゃんは後ろから母親を抱くように座って、胸を鷲掴みにして若い奴に舐めさせている。
母親がその間もタバコを吸いながら焼酎飲んでるのが妙にエロく感じた。

若い奴も余裕が出てきて、舌をバンバン使っている。
おじちゃんは指示を出しながら焼酎を飲んでる。

母親も、「若いのに上手ねえ」なんて言いながら焼酎。

そのうちにおじちゃんが、「そろそろお前もアンアン言うか?」と母親に言ってタバコを炬燵に置くと、おっぱいを強く握って乳首を捻った。
俺はいつも覗いていたので知ってたけど、母親は激しいのが大好き。
当然のごとく母親はスイッチON!
焼酎どころじゃなくなって喘ぐ喘ぐ。

おじちゃんは、ひとしきり母親の胸をいじめてやった後、母親を横にしてスカートを捲り、パンティーを引きずり下ろすと脚をM字にして舐め始めた。
若い奴はおじちゃんの指導の元、乳首を噛んだりこねたりと大活躍。
さすがに母親とやらせてはもらえなかったが、母親に跨がってパイズリで終了。

若い奴が母親の口に出すのと同時に俺も発射。
膝がガクガクするほど興奮した。
若い奴も大量に出したようで、母親は喘ぎつつもむせていた。

「こんなの飲ませてもらって、なんだか若返りそう」なんて言って喜んでるし。

この後は、おじちゃんが若い奴に見せつけるようなバックで母親を泣かせ続けてから、同じく口に発射。
その後はまたダラダラと飲みながら全員就寝。

いつもこんな感じだったけど、それでも大学まで行かせてくれた母親には本当に感謝しています。