同じ病室に入院してきたヤクザ

この体験談は約 3 分で読めます。

半年ほど前、私は持病の腰痛が悪化して入院することになりました。
これはそのときの話です。

何事も無ければもう1週間もしないうちに退院ということになった日。
2人部屋だったのですが、隣の人が午前で退院していき、午後3時ごろになって別の患者が隣に入ってきました。
ところがそれが坊主頭で、年は50歳くらい、サングラスをしていて、とても人相の悪い男でした。
が、挨拶をして話をしてみると見かけとは違い、いたって普通の人でした。
ただ、やはり仲良くなって話していくうちにヤクザ的の稼業をしていた時期もあることがわかりました。
私はそれを知って以来、あまり深くこの男に関わりを持つのはよそうと決めました。

ある日、男がこのような事を言いました。

「昔、もっと若くて病院に世話になることが多かったときは、病室で看護婦と楽しくしたもんだ」

男は、そういう時はナースコールを隠しておくのだとか、仲間を呼んだりもするとか、よく聞いていると、どうも“楽しく”というのはレイプのことなのだとわかりました。
それまでは金の話、過去の自分の話、家族の話を延々としていた男が、その話ばかりするようになり、私は愛想笑いしながら聞き流していただけでした。

男はその病棟の“青柳”という看護婦をとても気に入ったようでした。
青柳さんは25、6歳のなかなか可愛い看護婦でした。
男は青柳さんには執拗に絡み、青柳さんも迷惑そうでした。

私が男に「あの看護婦さんお気に入りみたいだね」と何気なく言うと、「一回ヤっちゃえば、もう俺のモンなんだけどなぁ・・」などと言い、私は少し恐ろしくなりました。

ある夜、私が物音に目を覚ますと、隣のデスク灯が点いていてカーテンに2人の影が映っています。
男と女の声です。
男の声は間違いなくあの男。
女の声はか細く震えていましたが、青柳さんの声だとわかりました。
ベッドの横の青柳さんの腕を男が掴んでいるのが影でわかりました。
男は突然ドスの利いた声で青柳さんに何か言いました。
青柳さんは泣き声に近い声で何かを男に言い、そして何かを確かめるように聞いていました。

青柳さんをベッドに倒し、白衣の上着のボタンをはずして、男の影と青柳さんの影が一つになりました。
首筋を愛撫しているのだと思いました。
青柳さんの声は一層悲しさを増し、男の息遣いも荒くなっていきました。
青柳さんの胸の辺りに男の顔が埋まりました。
そして、男は青柳さんの白衣のパンツのほうを脱がしにかかりました。

「いやっ・・・それはしないって・・・」

青柳さんの声に男は再び太い声で何か囁き、青柳さんのすすり泣きを無視してパンツを脚からスルリと脱がし取りました。

青柳さんの足がクッキリと映り、男は青柳さんの股に顔を埋めて、匂いを嗅いでいるようでした。
その後、男の顔と青柳さんの顔が重なり、男が青柳さんの唇を吸う音が聞こえ、青柳さんの嗚咽が聞こえました。
男の手が青柳さんの股間を弄るのが映り、その手をストッキングの中へ入れました。
とても静かで、男が青柳さんの唇を吸うチュチュッという音が時々し、青柳さんが「うぅ・・」と呻いたりする声がしたりする程度でした。
男の手が青柳さんの股間を激しく弄び、しきりと青柳さんの耳元に何かを囁いていました。

男は青柳さんを弄んだまま、うつ伏せにさせるとストッキングをずり下ろし、青柳さんの尻を露出させ、尻を舐め始めました。
青柳さんはうつ伏せのまま、腰を少し浮かせるような体勢になっているようで、男は腹の方から手を入れ、青柳さんのあの部分を責めたてていました。

「うぅ・・あっ・・」

青柳さんの口からは喘ぎのような声が漏れ始めていました。
そしてピチョピチョという音を青柳さんの股間が発し始めた時、男は青柳さんの膝を支点にして、青柳さんの上半身を持ち上げ、膝立ちのような体勢にすると片手で青柳さんを支え、もう片方の手は絶えずあの部分を刺激し続けていました。

私もあのかわいらしい青柳さんが今、隣のベッドで男にされるがままになっている事に興奮していました。
青柳さんは男にアソコを嬲られ、更に絶えず耳元で囁き続ける男の声に誘引され、グチュグチュいやらしい音を立てて「はぁはぁ・・」と荒い息をしていました。

そして青柳さんに男は遂に挿入し、騎乗位で激しく突いた後、正常位で犯しました。

青柳さんは小さなかわいらしい声で「あん、あんっ・・」と感じていました。

最後は男の肉棒をしっかりと握り、青柳さんが口で受けました。
そのときの青柳さんはとてもエロティックに見えました。

青柳さんのイク時の声は今も耳に残っています。