欲求不満な熟女との激しいセックスは病みつき必至

この体験談は約 3 分で読めます。

経験上、出会い系サイトで確実に出会いが叶うのは、セックスレスの人妻でしょう。
僕は彼女達を狙い、今までに10人以上の人妻とセックスしてきました。
おばちゃんと言えるくらいの年の女性が多いのですが、確実に抱けるのです。

僕が出会い系に嵌まったきっかけも、そんなセックスレスのおばちゃんとの激しい体験でした。
それから僕は熟女好きとなりました。

先月も性欲を解消しようと出会い系の女性からの募集を見ていました。
その中で切ないくらいに男を欲しがっている人妻の書き込みが気になり、返事を出しました。
1時間後、彼女からのメールが・・・。
彼女のメールには本当に切ない気持ちが綴られていて、もう10年以上も夫婦の営みがなく、『いくら50歳になったとはいえ10年も抱いてくれないなんて・・・』と、ご主人への愚痴も混じってるほどです。

僕は、そんなに僕と会いたいのなら、雰囲気や身体のラインがわかるような写真を見せて欲しいとお願いしました。
まあ、こんな要望を出すことで相手の本気度がわかるからです。

しばらくして、彼女からのメールが・・・。
プロフィールを覗くと、そこにはキャミソール姿の彼女の写真が。
50歳にしてはスタイルも良く、お腹も出ていないし、くびれもちゃんとある。
ご主人は今出張中だからいつでも会える、というので今からでも会えるか聞いてみた。
会えるというので電話番号を交換。
そこから電話し、具体的な待ち合わせ場所を決めた。
電話からの声は、緊張してるのか、それとも我慢できないのか、時折息遣いが荒い。

僕は車で彼女を迎えに行った。
走ること20分。
指定されたコンビニに彼女は来ていた。
コンビニの灯に照らされた彼女は、長く美しい髪。
美人ではないが、清楚な雰囲気を醸し出している奥様という感じだった。

コンビニで酒や肴を買い込み、そのままホテルへと向かった。
助手席の彼女の瞳は潤み、いつでも押し倒してよさそうだ。
部屋に入り彼女に風呂の準備をさせた。
僕はテーブルに買い込んだものを並べ、まずは彼女の緊張を解そうと乾杯した。
(焦らす意味もある)

酒も入り、彼女の瞳はさらに潤い、しきりに唇を舐めるようになった。
いきなり抱き寄せ唇を奪った。
舌を差し込んでも服の上から愛撫しても抵抗はない。

スカートの中に手を入れ、秘部を弄る。
そこはお漏らししたように濡れ、よく見るとスカートにまで染みを作っていた。
服を脱がせた。
真新しい下着なのだろう、染み一つ無い白のパンティには、自らの身体から溢れ出した欲望の汁の染みだけが付いている。

僕の服を脱がせて欲しいとお願いしてみた。
ズボンを脱がせ、最後の一枚。
ブリーフを突き破らんばかりに勃起している。
布地を優しく脱がせた彼女は、目を丸くしてそそり立ったモノを見ている。

「大きい・・・」

小さく呟いた。
そっと肉棒を手に取る。

「大きい・・・硬い・・・」

「しゃぶっていいよ」

彼女はその一言で汚れた肉棒を口に含んだ。
激しく深く飲み込む。

「大きい、美味しい」

そう言いながらむしゃぶりついている。
このフェラテクが熟女や人妻の醍醐味である。

風呂が溜まった頃合いを見計らい、舐めさせるのを止めさせた。
入浴後はベッドで激しく求めあった。
むしろ彼女の方が上になり、積極的に僕の身体を貪っている。
清楚な雰囲気には似つかわしくない激しさだ。

僕は体を入れ替え、とどめの特技であるクンニで責めた。
あっという間に果てた彼女。

僕は間髪入れず潤った割れ目に挿入していった。
彼女の2度目の絶頂。
彼女は未だ生理があるにも関わらず、僕の精液を膣に出すことを許してくれた。
膣に放出した。
彼女と抱き合い余韻を楽しんだ。

彼女は浮気も、こんなに激しいセックスも初めての体験だったそうだ。
ぐったりしてる相手を再び激しく求め、僕は何度も中に射精を繰り返した。

容赦ないセックスが可能なおばちゃんとのセックスは病み付きになります。