小4の時にフェラしてくれた姉と・前編

この体験談は約 6 分で読めます。

小4の時に初めて姉貴にフェラされた。
当時はフェラとか知らなかったけど、気持ちいいとかじゃなくて、くすぐったい感じだった。
それでも勃起はしてた。

きっかけとかは覚えてないけど、たまたま両親が旅行かなにかでいない時だったと思う。
夏休みで冷房をつけて、2人で一緒の布団に入ってた時だったのは覚えてる。
なんかの拍子で姉貴が、「気持ちいいことしよっか?」みたいなことを言ってきた。

その時、俺が小4で姉貴が小6だった。
どうでもいい話だけど、小学生の時は近親相姦とか知らないから、それが悪いこととか思わなかった。
姉貴とは変な関係で、小2の時に電動マッサージ機でのオナニーを教わったりしてた。
そんなんだったせいもあって、「気持ちいいこと」とか言われたから、ちょっと期待してた。

その日は塾の夏期講習が11時くらいからあったから、それまでの暇潰し程度だった。
ズボンを脱いだらカチカチになってて、どうにかして欲しい気持ちがあったけど、頼むのも変な気分で。
そしたら姉貴に、「お母さんとかに言わない?」って聞かれた。
一度、電動マッサージ機でオナニーをしてた時に親父に見つかったことがあったんだけど、その時、「お姉ちゃんに教わった」とか言った経緯があったからだと思う。
よく考えると頭のおかしい姉弟だった。

「誰にも言わない」って約束したかどうかは覚えてないけど、ただただ気持ちいいことをして欲しかった。

そしたら姉貴は顔を股間に埋めてきた。
自分の視点からじゃ判らなかったけど、チンコがすごい温かくなってきた。
気持ちいいとかじゃなかった。
でもなんか変な気分でチンコはもっと大きくなってた。
ちょっと変な話だけど、その時フェラが気持ちよくなかった理由は、大人になってからわかった。
理由なんてほどのものでもないけど、包茎だったんですよ。
だからといったら変だけど、姉貴の拙いフェラはもどかしいだけだった。
気持ちいいんだけど絶頂できない感じが嫌だった。

それを姉貴も気がついたのか、「・・・気持ちよくない?」ってなんか申し訳なさそうな聞くものだから、「そんなことないよ」って言ってた。
30分くらいかもしれないし、もうちょっと長かったかもしれないけど、姉貴はずっと俺のを咥えてた。
エロゲーとかAVみたいに変な水音は聞こえなかったけど、頭が時々揺れてたり、包茎の皮の内側を舐めてたりしてくれてた。
そういう、なんていうか奉仕されてるっていう感じが、なんか幸せだった。

気がついたらもう夏期講習の時間が迫ってて、「もう行かなきゃ」って口にした。
そしたら姉貴は恐る恐る、「どうだった?」って聞いてきた。
そんなに気持ちよくなかったけど「気持ちよかったよ」って言ったら、姉貴は嬉しそうに「よかった」って言ってくれた。
なんか変な気分だった。

最初のフェラはそんな感じで不完全燃焼だったんだよ。
でも小学校の夏休みって結構時間があって暇だったから、ちょいちょいフェラをしてくれてた。
相変わらず気持ちよくなかったけど。
夏休みが終わって普段の生活に戻ったらそんな関係も終わるんだろうなぁ、ってなんとなく思ってたんだよ。

そこから話が一気に飛ぶんだけど、小学校5年生にあがったんですよ。
小5になったら本格的に塾に入るようになって、受験勉強をやってたんだよ。
その頃にはオナニーを覚えてたから、あんまり姉貴にフェラされることもなくなってた。
まぁ残念だったけど、そこまで気持ちよくないからしょうがないか、くらいに思ってた。

自分語りで申し訳ないけど、俺は特に社会が苦手で日本地図とかそういうのをまったく覚えられなかったんだよな。
そんな折りに姉貴が、「社会の勉強見てあげる」って言ってきてくれたんだよ。
まぁ姉貴も中学生にあがって、小学生よりかは勉強ができる自信があったんだろうな。
俺もあんまりにも社会が出来なかったから頼んだんだよ。
最初は普通に日本地図の勉強をしてたんだけど、途中から話が変な方向な進み始めたんだよ。

「お姉ちゃんが地図になってあげようか?」

アホの発言です、確実に。
正確には覚えてないし、確かそんなことを言ってた記憶がある。
どうするのかと思ってたら、姉貴が近くにあったベッドの上に座って、「こっちにおいで」って言ってくれた。
フェラをされる機会も減少してたから、久しぶりにエッチなことが出来るってものすごい期待をしたんだよ。

ベッドで2人で横になってどんな勉強するんだろうって思ってたら、「北海道ってどこにある?」って聞かれた。
それくらいわかってるけど、どうやって位置の説明をしたらいいか判らなかったから、「上の方??」って聞いた。
そしたら姉貴は、「じゃあ、ここら辺?」って言って口元を指した。
その時になってようやく、『私が地図』の意味がわかった。

「じゃあ青森は?」って聞かれて、俺は首を指した。

だんだんと勃起してきて、そのままオナニーしたくなってた。
今だったらセックスしたいとか思うのかもしれないけど、当時はオナニーが一番気持ちいいことだったから。

「よし。それくらいはわかるか・・・じゃあ秋田は?」

俺はそん時、結構悩んだ気がする。
おっぱいを指すべきなのか、どうなのか。
姉弟でフェラとかしてても、言って恥ずかしい思いをするのは嫌だったからな。
だから無言のまま押し黙ってたら、姉貴が、「わからないの?」って聞いてきた。
首を横にも縦にも振れないで、そのまま動けなくなってたら、「もっと見やすい方がいい?」ってTシャツを胸の方までズリ上げてくれた。
ブラジャーとかしてたかどうか覚えてないけど、乳首があった。
子どもの頃に見た姉貴の胸より大きくなってたし、すごい興奮した。

当時は乳首を弄るよりもおっぱいを揉む方が気持ちいいと思ってたから、すぐさま秋田を揉み始めた。
こう言うとかなりアホくさいが、当時の俺はそんなアホくさい設定がないと姉貴の胸を揉むことすら出来なかった。
姉弟だったし。

胸を揉んでる時は姉貴の顔を見れなかった。
変な罪悪感があったから。
あくまで社会の勉強。
あくまで姉貴が地図。
そんな設定のはずなのに胸を揉んでる自分が嫌だった。
なにより興奮したチンコをどうにかしたいと思ってる自分が嫌だった。

そんな気持ちを知ってかしらずか、姉貴は、「おっぱい気持ちいい」って言ってくれた。
俺に尋ねたのか、気持ちいいって喘いだのかわからないけど、俺は「うん」とだけ返答して胸を揉み続けた。

だんだんと話が変な方向に進むんだけど、2人の間の設定って意外と重要だった。
姉弟って事実が大きいからかどうかわからないんだけど、姉貴は設定のようなものにこだわってた気がする。
俺もそういう設定があったから、おっぱいを揉めてたと思う。

そんな風にして揉んでいたら姉貴は、「じゃあ隣の県は?」みたいに聞いてきた。
なんとなく俺は、(もっと揉んで欲しいんだろうなぁ)って勝手な解釈をした。
だから答えもしないで両方の胸を揉んでいた。
すごい興奮した。
けどやっぱりどうしていいかわからないってのが一番だった。
姉貴を気持ちよくしたいけど、どうしていいかも判らなかったし。
おっぱいを揉んでる間、俺はずっと不安だった。
気持ち良くできてるかな、俺はこうしていいのかな、みたいな。

そしたら姉貴がだんだんと、「・・・ぁっ・・・んっ・・・」みたいな声を出してきた。
だから俺はもっと一生懸命、頑張って胸を揉んだ。
なんとなく姉貴が気持ち良くないフェラをしてくれてた時、俺の反応を気にしてた理由がわかった。

なんていうか非常に申し訳ないんだけど、その時の終わりっていまいち覚えてないんですよ。
姉貴が気持ちよさそうにしてたことで基本的に頭がいっぱいだったのかも。
でも姉貴が地図になってくれたのはそれが最後だったかもしれない。
ただ姉貴も楽しんでくれてるって思ってから、俺の方のタガが外れたかもしれない。
だんだんとエッチな行為に2人とも徐々に罪悪感がなくなってきたんだよな。

2人のタガが外れてからは結構、酷かったと思う。
ペッティングなんて当たり前になって、クンニもし始めた。
塾の模試で良い点がとれたらご褒美としてエッチなことをしてくれたし、俺が探検隊になって姉貴の身体を探検したこともあったし。
他にもシックスナインもしたし。
でもだんだんとそれだけじゃ物足りなくなってきたのも事実だったんですよね。
だってオナニーを知ってるのにペッティングだけとか、ほとんど拷問だったし。
エッチなことをしても射精までは出来なかったから、毎度、終わった後はオナニーをしてた。

まぁ、中学生まではそうやって2人とも、“意識を持ちながら”エッチな行為に及んでいたわけですよ。
俺もその時にはすでにセックスって行為自体は知ってたし、そういう行為は気持ちのいいことだと思ってた。
でも、うちらはあくまで『設定』の中でエッチな行為をしてただけだから、「セックスしたい」って言えるわけでもないし、どういう設定ならセックスが出来るのか判らなかった。

<続く>