やっと撮れた憧れのOLのおしっこ姿

この体験談は約 6 分で読めます。

もう結婚して寿退社してしまいましたが、同じ会社の先輩O島さん(当時26歳ぐらい)を自宅で盗撮したことがあります。
その先輩は僕が入社したときに面倒を見てくれた人で、体は小柄でスタイルが特別に良いというわけではないけれど、好みのタイプの美人だったので密かに憧れていました。
ただ、すごく気は強くて物事をはっきりいうタイプの人だったので、男を寄せ付けない雰囲気を持っていました。
僕の仲のよい男性の先輩(K田さん、当時30歳ぐらい)も、しつこく遊びに誘っていたみたいですが、ことごとく断られていました。

2年近く経った頃、O島先輩は結婚することを会社に伝え、同時に退社することも僕達同僚に伝えました。
結婚の話を聞いてから数日後、僕はK田さんに自宅で飲もうと誘われました。
K田さんは、一見まじめな優等生の僕がすごいむっつりスケベだと知っており、普段から裏ビデオなどを僕のために用意してくれていました。
それでも自宅に招かれるのは初めてなので不思議に思っていました。

他愛のない話をして一通りお酒が入ったあと、自宅に僕を招いた理由を聞かされました。
要はO島先輩を盗撮しようというのです。
K田さんが言うには、会社のトイレは男女共用の個室がひとつあるだけで、僕が入社する以前に盗撮未遂があったらしく、女性は警戒してほとんど使ってないような状況。
K田さんは普段からしつこく言い寄っていたので、自分でも嫌われているのを自覚していて、自分が自宅に呼んでもまず来ない、仮に来たとしても警戒されて盗撮なんてまず無理。
つまり、僕の家で盗撮させて欲しい、というのです。

僕はそれまで自宅から通勤していたのですが、姉が結婚して旦那と同居し始めたので家に居づらくなり、引越しが決まっていました。
K田さんが言うには、世話になった後輩のお前が誘えば怪しまれないだろうと。
つまり、引越し祝いのときに盗撮しようと持ち掛けられたのです。

ちなみに僕はそれまで盗撮はおろか、覗きすらしたことがありませんでした。
普通に考えればいくら親しい先輩でも断っていたと思います。
ですが、「盗撮は俺がやる、ただお前はO島を誘ってくれればいい。別にお前は何も悪いことはしていない」という言葉と、憧れのO島先輩の痴態を見ることのできる最後のチャンスは、僕にとってあまりにも魅力的でした。

さすがに泊まりで引っ越し祝いというのは無理があったし、お風呂や脱衣所の盗撮は無理です。
すると、やはりトイレしかありません。
言い出しっぺのK田さんも盗撮は初めてでほとんど知識がなかったので、色々と2人で試行錯誤しました。
結局、盗撮でよく使われるという小さなカメラは手に入らず、小型の普通のビデオを使うことになりました。
2重底のボックスティッシュ(ぬいぐるみのクマがかぶせてあるやつ)をカモフラージュに使い、違和感をなくすために周りにも小物をたくさん置きました。
微かにビデオの電源の音が聞こえましたが、ウォシュレットを常につけておくことで十分誤魔化すことのできるレベルの音量でした。
この頃にはバレることへの恐怖心が麻痺し、ただ盗撮への興奮と期待だけで気持ちがいっぱいになっていました。

翌日、引越し祝いという名目で親しい同僚に声を掛けて回りました。
O島さんだけを誘うと怪しいし、それ以前に僕とK田さんと3人だけではOKがもらえないと思ったので、O島さんと仲のよい女性社員(30代前半ぐらい、既婚者)と、適当な男性社員1人(28歳ぐらい)の5人で企画しました。
O島さんは僕が誘うとあっさりとOKしてくれました。

全員の予定が合う日を決めて、そして当日・・・。
運命の日がやってきました。
休日の夕方5時すぎから集まって、用意しておいたお酒を飲みながら他愛のない話をしました。
(K田さんとは昼間から会っていましたが、みんなと同時に集まったように見せかけました)
O島先輩はお酒が強いのは知っていたので、たくさん飲めばトイレに行くだろうと思い、常にグラスにはお酒が注いであるように注意しました。

が、夜も7時を過ぎたというのに誰もトイレに行きません。
そのうち男性社員が近くにできたショッピングモールを見に行きたいと言い出しました。
僕とK田さんは反対しましたが女性陣の賛成もあり、結局行くことになりました。
閉館が近いこともあり滞在時間はほんの少しでしたが、恐れていたことが起きてしまいました。
僕とK田さんを除く全員が、そこのトイレに行ってしまったのです。

家に戻った時には9時近くになっていました。
また飲み直しましたが、男性社員や既婚者女性は何度かトイレに行くのですが、肝心のO島さんはトイレに行きません。
ただトイレから帰ってきた人たちはカメラに気づいた様子はなく、トイレに行きさえすればO島さんも痴態を晒すだろうと確信しました。

そうこうしているうちに11時を回り、電車で来ていた男性社員やK田さんは帰らなければならなくなりました。
O島さんは結局、僕の自宅ではトイレに一度も行かず、携帯に婚約者から迎えに行くとの連絡があり、女性の友人と一緒に婚約者の車で帰ることになりました。
K田さんも諦めた様子で、同僚の男性と帰っていきました。

みんなが帰って数分後、婚約者の男性が現れました。
簡単に挨拶を交わした後、その男性がとんでもなく嬉しいことを言ってくれました。

「2人共(O島さんと既婚者女性)、トイレ行くんなら今のうちに行っときや〈関西弁〉」

O島さんは一度もトイレに行ってない上に自宅(男性の家)が1時間近くかかるということもあり、僕にもう一度家にあげて欲しいと頼んできました。
もちろん断るはずがなく、部屋までO島さんと戻りました。
他の男性陣が帰ったことと婚約者の顔を見たことで緊張が解けたのでしょう、O島さんは急ぎ足にトイレに走っていきました。

しばらくして音消しに一度水の流れる音が聞こえました。
この時の僕は、今までに経験したことのないほど期待に胸と股間を膨らませ、心臓がバクバク鳴る音が聞こえるほど興奮していました。
今、憧れのO島さんが、下半身丸出しでカメラの前にいると思うと他のことは何も考えられませんでした。
トイレから出たO島さんはお礼を言い、婚約者とともに帰って行きました。
(正直このへんはよく覚えていません)

すぐにトイレに行き、ビデオを回収しました。
ビデオを再生するために操作する手がブルブルと震えます。
落ち着くよう自分に言い聞かせ、ビデオを再生します。
少し影が目立ちましたが画質も悪くありません。
男性社員の部分はすぐに早送りし、続いて入ってきた既婚者の女性もこの時は迷わず早送りしました、それほどO島さんで頭がいっぱいになっていたのです。

そしてついにその時は来ました。
ドアが開くと見慣れたO島さんの姿が映りました。
O島さんはカメラの存在にまったく気づく様子がありません。
僕がトイレのすぐ外で待っているので音消しの為に一度水を流します。
長いスカートに手がかかり、そのまま引き下ろしました。

下にはパンツ(下着ではない)のようなものを穿いていました。
僕は焦りました、このパンツを下ろすのに頭を下げて屈んだ形になったので肝心な部分が映っていないのです。
が、それもほんの数秒のこと、次の瞬間、僕の目に映ったのは、2年近く想像してオナニーしていたO島さんの下着姿でした。
今まで誰も、恐らく結婚の相手である彼氏にすら見せたことのない無防備な姿O島さんがそこにはいました。
会社ではもちろん、プライベートでさえ生の足さえ見せない(少なくても僕たち会社の人間には)彼女が、あろうことか愛する彼氏の一言により、僕の前にその痴態を晒すことになってしまったのです。

今、彼女の下半身には先ほどまで腰から下全体を覆っていたロングスカートも、その下に穿いているカーキ色のパンツもなく、ただ細くてきれいな足と黒い下着があるだけです。
そしてついに彼女はその下着に手をかけました。

彼女は僕にとって特別な存在でした。
O島さんだけはその他の人たちとは違い、カメラに気づくのではないか、彼女の直前でカメラが故障して撮影できないのではないか、彼女は、O島さんは特別なのだと、理想の人間はそのような姿を晒したりしないと、性欲とは別に変な期待がありました。
しかしO島さんは躊躇することもなく、拍子抜けするほどあっさりと下着を膝まで引き下ろし、その全てを僕の前に晒しました。

彼女の秘部は裏ビデオで観るような黒々とした陰毛が生えていました。
カメラがやや上から見下ろす形なので陰毛に隠れた秘部をはっきりと見ることはできません。
もちろん彼女の尿も直接目にすることはできませんでした。
しかしながら、日常の彼女を知っている僕にとって、彼女の放尿中の顔や、事が済んだあと、後始末のために腰を浮かせている映像は、すでに限界に達していた僕を射精に導くのに十分な興奮と刺激を与えてくれました。

翌日、僕は考えた結果、K田さんにこのことを話し、ビデオも渡しました。
K田さんは自分が帰った後、O島さんが僕の部屋に引き返したことをしりません。
つまり僕だけで独占することもできました。
ですが、僕以上に付き合いが長く、恐らく僕と同じかそれ以上にO島さんに執着していたK田さんにもO島さんの痴態を見せてあげたかったのです。

結局O島さんは、直接面倒を見ていたこともある後輩の僕と、しつこく言い寄られて嫌っていたと言っても過言ではないK田さんに、その秘部と排尿の痴態を見られてしまったのです。