便秘になった私が受けた恥ずかしい診察・中編

この体験談は約 6 分で読めます。

市販の軟膏(フミニミーナ軟膏)を買って、つけてみたんですがなかなか良くならなくて、気分が滅入っていました。
友人に相談しても「やっぱり病院で診てもらうしかないよ」と言われるし、でも産婦人科は絶対に嫌でした。
日に日に、あの産婦人科での診察で染されたんじゃないかと思うようになったからです。
内診台に再び上がるのも絶対嫌でした。

どこで診てもらえるだろうと色々悩んだ末、例の個人病院に行く決心をしました。
一番の理由はこの間、支払いも済ませずに病院を後にしてしまったことが心に引っ掛かっていたことです。
結局のところはあの先生に下痢も便秘も治していただいたわけだし、今回の症状もあの先生ならなんとかしてくれるだろうと思ったんです。
午前中に受け付けを済ませ、診察の順番を待ちました。

これまでになく患者さんがおり、私が呼ばれたのはもう昼休みに入ろうかという頃でした。

「今日はどうされました?お腹の調子は良くなりましたか?」

先生は思いのほか笑顔で迎えてくれ、ホッとしました。

「今日はお腹のことではないんです、別のことで相談したくて・・・」
「具体的にはどういったことですか?」

「痒みがあって」
「どこがですか?」

まともに質問に答えれることが出来たのもここまででした。
とても自分の口からは説明できませんでした。
顔が熱くなり、俯いて黙っていると、「どこが痒いのですか?」と再び聞かれ・・・。

「お腹の下の方なんですが・・・」

「じゃあ、お腹を診ますので上着を捲ってもらえますか」

椅子に座ったまま私は後ろから看護婦さんに上着を捲られました。

「お腹には別に湿疹もないようですが」

「もっと下の方なんです・・・」

「ちょっと立ってズボンを下へずらしてもらえますか」

私は立ち上がると、後ろから看護婦さんにシャツを捲り上げられた状態でベルトに手をかけました。
自分から脱ぐのがこんなに恥ずかしいなんて知りませんでした。
チャックを下ろして腰骨のあたりまでズボンとパンツをずらしました。
この状態だと恥骨の上の陰毛がパンツからはみ出て見えてしまいます。

先生は陰毛の生え際を触りながら、「ここが痒いところですか」と聞いてきました。

「はい・・・」

なぜか先生はそのとき大きく背伸びをされ・・・。

「陰毛の生えているところが痒いとなると、毛じらみの可能性もありますよ。もう少し下の方も見せてもらえますか」

結局、私は先生の目の前でパンツとズボンを太股のところまでずり下ろすことになりました。
先生は私の股間のすぐそばまで顔を近づけ、私の陰毛を触りはじめました。
その間、私は目を瞑って耐えるしかありませんでした。

「毛じらみそのものは見つかりませんが、毛じらみの卵みたいなのは否定できないですね。毛を剃らないとこの痒みは治らないでしょうね」

先生の言葉は信じられないものでしたが、前回の支払いを踏み倒したことへの後ろめたさもあり、今回に限っては何をされてもいい、そう覚悟を決めて来ました。

私は「お願いします」と頭を下げました。

ズボンとパンツを脱いでベッドに仰向けになると、看護婦さんがおへそのあたりから下へ向かって毛を剃りはじめました。
恥骨周囲の毛が剃り進められる感触は思いのほか爽快なものでした。
でも次からは同性による女性いじめでした。

「おしもの方も剃毛しますから、自分で膝を抱えてください」

私が両手を膝の下でしっかり握るようにして膝を胸に抱え込みました。
すると、「それじゃあ剃れないわ」といきなり膝を左右に大きく割られたのです。

「ずっとそのまま開いていて下さいよ」

そう言うと右の股の付け根のあたりから中心に向かって陰毛を剃りはじめられました。
そのとき大陰唇と小陰唇まで引っ張って剃刀をひだに滑らせるんです。
さらに陰部の上縁の毛を剃る際、クリトリスを意図的に人差し指と親指で掴んで引っ張るんです。
つねられたと言った方がいいかもしれません。
でも傷つけられるのがこわくて反抗することはできませんでした。

「あら、◯◯さんお尻の方まで毛が生えているのね。ここも剃ったほうがいいのかしら、ちょっと先生に聞いてきますね」

そう言って先生を呼びに行ったんです。
先生はすぐにやって来られ、看護婦さんに剃るように言われました。

「剃り残しがあると、そこからまた広がってしまいますから」

「ただこの姿勢だと下の方まで剃りづらいので、今度はうつ伏せになっていただけますか」

私は言われた通りうつ伏せになると、今度は先生が剃り始めたんです。
片方の殿部を外側に引っ張られ、肛門のふちにカミソリがあてがわれました。
でも少し剃っただけで手が止まりました。

「やっぱり、狭いところを剃るのは恐いなあ、◯◯さんは臀部が発達しているから。看護婦さん膝胸位にしてあげて」

私は看護婦さんに誘導されるがままに土下座の体位をとらされました。
私は今の状況を期待していたのかもしれません。
たまらなく変な気持ちになってしまうんです。
他人にお尻の穴を見られて、感じるのは変態なんでしょうか?
私は感じてしまいます。
でも恥じてはいません。
正直な心身の反応だと思うようになりました。
陰部が濡れているのが踵をつたわって感じられます。

土下座の体位から、看護婦さんに後ろから、両手でお尻を掴まれ、踵から持ち上げられ、お尻の割れ目を広げられるように保持されました。
先生は肛門のひだに直に指を這わせながら肛門の中心から外側へ剃り進めていきました。
私はこの時、お尻の穴が腟よりも、敏感で感じやすいことに気づきました。
先生が剃刀を肛門の襞に宛てがうたびに、無意識のうちに肛門がキュッと収縮し、仰け反るほどに全身に感じて鳥肌が立ってしまうんです。
先生は私の分泌物に気付きました。

「オリモノが多いようですが、こちらも診察しましょうか?ただ、うちは内科なので産婦人科の受診をお勧めしますが」

私はベッドに顔をうずめたまま、「すみません、診ていただけますか」とお願いしました。

「腟炎の可能性が高いと思います。ただ、うちは産婦人科用の器具や薬がないので十分な診察や治療ができるかどうか・・・。それでもよろしいですか」と先生が念をおされました。

その時の私はすでに放心状態でした。
仮に先生が、「私のペニスを舐めなさい」と命ぜられれば舐めていたかもしれません。

「はい」

私は頷きました。

お尻の剃毛が終わると、再び仰向けに寝かされ、看護に両膝を抱えこまれました。

「よく見えないなー。看護婦さん、お尻の下にまくらを敷いて、脚も持ってあげて」

お尻の下にまくらが敷かれ、看護婦さんにぐいっと両足首を持たれて頭の方へ引っ張られました。
両膝が両耳にくっつくぐらい本当にグニャと身体が曲がってしまい、お尻の穴が天井に向く格好になってしまいました。

「◯◯さんは身体がやらかいですねー、この姿勢が診察しやすいのでちょっと我慢してくださいね」

そう言うと先生は両陰唇を開いて指を腟の入り口に引っ掛けると、上下に引っ張って中を覗き込んだのです。

「腟のなかも赤いですね、黄色い帯下もあるし、やはり腟炎にもなってしまっていますね」

「・・・」

「中を洗いましょう、本当はクスコという腟を中を見る器具で腟の中を開けば十分に洗浄できるのですが」

「・・・」

看護婦さんは洗浄液の入ったボトルを持ってきました。
そしてそれを金属カップに注ぎ、注射器で吸って先生に手渡されました。

「ちょっと気持ち悪いかもしれませんが、我慢してくださいね」

そう言うと先生は注射器を腟に宛てがい、洗浄液を腟の中に注入したのです。
次々と注射器で腟の中に洗浄液が注入されました。
膣内が洗浄液で満たされ腟口から溢れてくるとようやく先生は手を止め・・・。

「じゃあこれから、中を洗いますので、気分が悪くなるようでしたらおっしゃってください」

そう言うと先生は手袋をつけ、私の腟の中に指を突っ込んだんです。

「あっ」

私はあまりのことに身をよじりましたが、看護婦さんに足首を掴まれ押さえ込まれているせいで動けません。
先生の指が子宮にコツコツあたり、腟の中を掻き回されました。
クリトリスのちょうど裏側の腟壁が擦られるとだめでした。
ビクン、ビクンと体が感じてしまうんです。

しばらくするとお尻の下に膿盆が敷かれ、上に向いていたお尻が下げられ腟から洗浄液が流れ出てきました。
同じことを繰り返し3回やられました。
3回目には洗浄液が膣内に残らないようにと、ベッドの上で膿盆の上にしゃがまされました。
腟からお尻をつたって洗浄液の残りが膿盆にたまった混濁した洗浄液の水面にポチャポチャとしたたり落ちました。

「とりあえず、今日は抗生剤の飲み薬を出しておきますので。あと今日はこちらで塗っておきますが、塗り薬を出しますので痒いところに塗ってみて下さい」

そう言うと、先生は白い軟膏を直接、指ですくって私の陰部の周りに塗りはじめました。
その手つきがなんだか変なんです。
外陰部のひだを摘んで伸ばされました。
ひだを人差し指と親指で摘んだまま、指を擦り合わせるように大陰唇に薬を塗るんです。
指が腟と肛門の間を滑ったとき、全身に鳥肌が立ってしまいました。
肛門のまわりにも塗られました。
そしてクリトリス周辺にも薬が塗られはじめました。

(もうどうなってもいい)

そう思いました。
ただきっかけが必要でした。
看護婦さんが腟を洗った膿盆を持って部屋を出ていくのと同時に私は自ら腰をくねらせてクリトリスを先生の指に擦りつけました。
先生の顔は恥ずかしくて見ることができませんでした。
私は目を瞑ったまま腰をくねらせ続けました・・・。

私はここ何ヶ月のうちに、経験したことを後悔していません。
恥じてもいません。
あの個人病院は今や、私にとっては特別な存在です。

最初に肛門に指を挿入されながらいかされた時の快感は衝撃でした。
自宅でもお尻の穴に最初はスティックのりを入れてオナニーしていました。
でも何故かだんだんもっと太いものを入れたくなってくるんです。
でもなかなか適当な物がなくて、一番大きな物は殻付きのゆで卵です。
こんなに大きく肛門が広がるのかと考えるとドキドキしてしまうんです。
マヨネーズをつけて何とか入れることができましたけれど、出すときに肛門が少し切れてしまって、それからは肛門を使ってのオナニーはしていません。

お尻の穴に手首が入るなんて想像できません。
そんなこと実際可能なんでしょうか?
本当なら興味はありますね。
(もっと情報がいただければ。どなたか教えてください)

<続く>