プールの時間にシコシコしてくれた若い女の先生

この体験談は約 3 分で読めます。

小学校3年か4年の夏。
プールの授業で水着に着替えてる時、水着の片方の紐を引っ張ったら、もう片方の紐が水着の紐を通す穴の中に引っ込んじゃったのさ。
分かるかな?
紐を通す穴に入って先端が出せなくなった状態。
で、担任の先生に、「こうなっちゃいました」って言ったら、「××室にいる◯◯先生のところに行って直してもらいなさい」って言われて行ったのさ。
担任、ちょっとキレ気味だったな。
“早くしろ”って感じで。

すでに授業時間が始まってガランとした校舎の廊下を、水着一丁で走って行ったよ。
片方の紐を垂らしたまま。
もう××室も◯◯先生も覚えていないけど、その時の光景は覚えてる。

ドアを開けると◯◯先生が部屋に1人でいた。
若い女の先生だった。
校舎の2階の職員室とは違う事務室のような部屋で、窓からはプールを間近に見下ろせた。
強い日差しがプールに反射して、部屋の中が妙に明るかった。
先生の白いブラウスも眩しくて、なんだか凄く、夏!だった。

訳を話したら、先生はニコニコして、俺の穿いてる水着のへそのところで色々やってくれるんだけど、なかなか紐が出てこない。
紐の先端を見つけようと、水着の腰周りを一生懸命に探すんだけど、その時に俺を抱き寄せるような格好になったりして、そうすると先生の胸が目の前だったりしてドキドキしてた。
その当時は自慰を覚えたてだったが、まだ女性と性的なものとは結びつかなくて、ただ淡い恋心のような嬉し恥ずかしさがあった。

でも、なかなか紐が出てこない。
そこで先生、いきなり俺の水着を膝まで下ろしたのさ。
当然ちんこ丸出し。
屈んだ先生の目の前がちんこだ。
先生は、その状態であれこれやってた。
ちょっと恥ずかしかったけど、でもなんか安心感もあって勃ちはしなかった。

何分か格闘して、やっと紐が出てきた。
(あーこれでプールに戻れる)と思ったその時、突然、先生が俺のちんこを握ったのだ。
握ると言うより、ちんこの下から優しく包み込むような感じで。

当然勃起!
当たり前だ。
しーかーもー、先生は2本の指でちんこを摘むと、ゆっくりとシコシコシコ・・・と擦り始めた。
自分で弄る時と同じやり方じゃん!
なんでこんな事を!

当時、自慰を覚えたての俺は家でTVを点けたままやったことがある。
その時、TVに映ってる人がじっとこちらを見ているような気がして、もしかしたらTVというものは双方から見られるものなのか?と考えたことがあった。
俺はNHK教育で夕方にやってる子供向け科学番組が好きでよく見てた。
もしかして先生は、俺が家でちんこ弄ってることをNHKを通して知っていたのか?
そして、「こんな事してるんじゃないぞ」と、戒めのつもりでやったのか?
などと小学生の俺の頭はクラクラしてたが、やがてそれは否定された。

先生は7、8回シコシコしただろうか。
その後すぐに水着を上まであげて、紐を綺麗な蝶結びにしてくれた。
そして俺をギュッと抱き締めてくれたのだ。
そして向き直ると俺の両肩に手をかけて、「絶対に言わないでね」と笑顔で言った。

俺は心臓バクバクさせながら、誰もいない廊下を全力で走った。
プールに戻るまでには悟った。

「絶対に言わないでね」は、先生が俺のちんこを弄ったことなんだな、と。

プールに戻ると授業は始まってた。
水しぶきが眩しかった。