従兄の奥さんと『青い体験』のように・・・。

この体験談は約 3 分で読めます。

中1のとき、年上の美人女性にセックスの手ほどきを受ける映画『青い体験』を見て、むちゃくちゃ興奮して、自分もあんな体験をしたいなと思いました。

中3のときに、チャンスは意外な形でやってきました。
かなり前に結婚した従兄が、我が家の近くに引っ越してきました。
従兄は僕より10歳以上の年上で、バリバリのサラリーマンでした。
従兄には美人でグラマーな奥さんがいて、挨拶したときに心ときめいたのを覚えています。

受験生なのに、我が家に冷房のない悲しさで、近くの図書館に毎日勉強に行っていました。
そこで従兄の奥さんにばったり会って、「冷房がないから、ここで勉強している」と言うと、本を借りにきていた奥さんは、「じゃあうちに来れば。冷房あるし、ついでに勉強も見てあげるよ」とにっこりと微笑みました。
車で来てた奥さんに同乗して従兄の家まで・・・。
もう期待マックスでした。

従兄の家では奥さんは着替えワンピース1枚で、ノーブラに見えました。
冷たいものでもと、ジュースが出てきました。
僕はわざと自分のズボンの股間の部分にジュースをこぼすという古典的な手口を実行しました。
案の定、優しい奥さんはきれいなタオルで僕の股間を拭いてくれました。
拭く前からギンギンの僕の息子は奥さんに擦られていると、瞬く間に発射してしまいました。
発射に気づいた奥さん、僕のズボンが中はザーメンで、外はジュースでベトベトになったことに、「シャワー浴びておいて、洗ってあげるから」と優しい言葉。
てっきり下着を洗ってくれるだけだと思ったら、下着を洗濯機に入れると、なんと奥さんが風呂場に入ってきました。
もちろんワンピース姿でしたが、「じゃあ(股間を)洗ってあげるわね」と・・・。
僕が恥ずかしがっていると・・・。

「恥ずかしがらずに、はいこっち・・・大きいね」

すでにビンビンでした。
奥さんのきれいな手で優しく洗ってもらうと、さっき出し足りなかったのか、僕の息子は奥さん目掛けてザーメンを大量に発射して、ワンピースや顔まで汚してしまいました。

「いっぱい出たね。汚れちゃったね」

そう言うと、奥さんまですっぽんぽんに・・・。
一緒にシャワー浴びました。
シャワー浴びてから、同じバスタオルでカラダを拭き合いました。
また息子はビンビンに・・・。

「◯◯クンは血液型は何型?」

「O型です」

「ダンナと一緒だ・・・」

僕が我慢できずに、すっぽんぽんのまま、すっぽんぽんの奥さんに抱きつくと、「慌てないの」と言い、熱い唇を重ねてきました。
ファーストキスでした。
舌を絡める大人のディープキスに頭がクラクラしました。
さすがに2回出しているのでビンビンの息子は落ち着いていましたが、そのままベッドに導かれ・・・。

「女の裸見るの初めて?」

僕が「うん」と答えると、おっぱいを揉ませてくれたり、吸わせてくれたりしました。
柔らかいなと思いました。

僕を寝かせると、奥さんが上になり、アソコが見える体勢(69)になりました。
僕はもう夢中であそこを舐め、奥さんは僕のモノをしゃぶってくれました。
3回目の発射でした。
必死に舐める僕に奥さんも声を出していました。
3回も出しましたが、この間わずか1時間くらいだったと思います。

「もちろん初めてよね?私でいいの?」

横に寝ている奥さんに何も言わずにキスをしました。
すると、またまた息子がビンビンに。
今度は正常位、僕が上で奥さんが下、導かれるままに挿入しました。
思い切り腰を動かすと奥さんが声を出して感じていました。
AVの通りにやりました。
生だったけど、そこで4度目の発射をしました。
奥さんの中に思い切り・・・。

そのまま夕方まで、奥さんと10回くらいしました。

「若いわね。すごい」

その日はすっきりして、乾いた服を着て帰りました。
すると奥さんから次の日電話があり、「勉強しにおいで」と・・・。
もう何の勉強かお分かりですよね。
こうして僕は、夏休みの間はずっと奥さんから、『青い体験』のように性の手ほどきを受けていました。