お持ち帰りされまくってるGカップのメガネ女子

この体験談は約 3 分で読めます。

オフ会でよく酔い潰れて色んな男にお持ち帰りされている女を喰いました。
AV女優の井上千尋に似ているちょっと釣り目のGカップのメガネ女で29歳。
本人曰く、赤坂とか六本木で、「女教師AVに出ない?」とスカウトされるらしい。

今回は俺が当番(持ち帰れる権利)だったので、知人の個室のある居酒屋を予約。
2時間程飲んでいたら彼女が寝始めたので、そのまま座敷に寝かせて宴会継続。
1時間後に会計して、彼女と俺だけ残って解散。
もちろん、店には延長使用許可済。

介抱するふりをしながら服の上から巨乳を揉み揉み。
ブラ越しなので少々硬い。
ブラウスのボタンを外すと、ゴワゴワしてガードの堅い濃紺の巨乳ブラが登場。
ブラからこぼれている脇乳を突くとすごく柔らかくてプニョプニョしている。
フロントホックを外すと、ブラに包まれていた巨乳がだらしなく左右に流れる。

前にヤった奴らの噂どおり、デカいけど全く張りがなく垂れ下がっている巨乳。
両手で鷲掴みにすると、指の間から肉がこぼれてくる。
しかし触り心地は良い。

乳首をクリクリしてやると、ビーンと硬く勃起してきて、「ううん」と喘いだ。
下半身に移動してミニスカを穿かせたままブラと同じ濃紺のパンツを下ろして、目が覚める前にハメようと思い、クンニしながら唾液をコーマンに吐き掛ける。
彼女の股の間に腰を埋め、唾で濡れたコーマンに正常位で挿入しピストン開始。
巨乳を強く揉みながらガンガン腰を突いていると、さすがに彼女も目を覚ました。

「えっヤダ。ヤダ、ちょっと何してんのよ、やめてよ、アッイヤッイヤ」

抵抗する女。
しかし俺は体重90キロあるので、女性はなかなか身動きが取れない。
そのまま腰を使って突いていたら、「しょうがないから早くイッて」と。

(ん?諦めた?)

諦めたと言うよりも感じてきたのか、ピストンの度にグチョグチョ音がしだした。
潮は吹かないようだが愛液はかなり多いようで、滑りが良くなり過ぎてしまい、亀頭に強い刺激が感じられなくなったので、腰を掴んで膣の奥に無理やり突っ込む。
ピストンのスピードを上げると、彼女の方も俺に手と足を絡めて腰を振り始める。
俺も我慢が出来なくなり、とりあえず一発目は中出しにて終了。
で、彼女に倒れ込んだ。

しばらく身体を預けていると、「もういいでしょう、どいてよ」と彼女が言う。
しかし抜かず、チンチンが再び大きくなるのを待ってピストン運動を再開した。

「もう、ちょっとやめて」

再び抵抗するが全く力なく、腰を抱えて強制騎乗位。
結局、それから店が閉店するまでの2時間、個室をラブホ代わりにGカップを堪能。
途中からは彼女も自らフェラをしてくれたりして、2人で色んな体位で楽しみました。
ちなみに彼女の一番好きな体位はクリが擦れて子宮に当たる松葉崩し。
俺は初体位だった。

その女、「ピル飲んでる」って言ったから、「どうして?」って聞いたら、ちょっと前まで中出し好きなイタリア男と付き合っていたらしい。
やってる時に気になったのは、そのイタリア男が長さ30センチ超で太さ5センチ弱で、「フニャチンだったけど松葉崩しで責められたらマンコが壊れそうで痛かった」って話。
ちなみに俺のは、長さ18センチ・太さ3.5センチぐらいで硬め。
彼女のマンコのサイズにはちょうど良いと言われて燃えた。