母を病院に連れて行ったときのこと

この体験談は約 2 分で読めます。

母は59歳、自分は30歳です。

母が数日前の朝、なかなか起きてこないので見に行きました。
聞いたところ、風邪気味で、最近お通じが無いのです。
病院へ連れて行くことにしました。

母が、受付で問診表を書き、内科の前で待ちました。
中から、看護婦さんが呼び、自分も診察室に入りました。
先生は、女性でした。

母が先生に症状を話し、上半身裸になりました。
母の乳房はピチピチしていて、59歳と思えませんでした。

問診が終わり、お腹の診察です。
先生が「下腹部見るから、スカート脱いでベッドに寝てください」と言いました。
母はパンティ1枚です。
白のデカパンです。染みも付いていました。

先生が「何日も出てないようね。苦しくありません?」

母「はい」

先生「そうですか。お尻見ますからね。パンティ下げて横向きになってください」

・・・・・

先生「お母さん、肛門に指入れるからね。我慢してね」

・・・・・

先生「はい、うん、硬いね。便が硬くなってるね。いいわ、服着ても」

母「どうなんでしょか」

先生「うん、浣腸しないと出ないね。200cc入れるけど、良いかな」

母「お願いします」

母は処置室へ行き、浣腸を受けることになりました。

母はお尻もピチピチしていて、浣腸している時の顔もなかなかのものでした。
片手にパンティを持って、トイレまで我慢しているのも楽しいものです。
それにトイレでの排便も、量も多くて、オナラも何発もでした。