私の複数プレイ願望を叶えてくれたメル友・中編

この体験談は約 8 分で読めます。

Aさんにアソコを舐められ喘ぎ声が出てしまう私のせいで、Bさんは電話しながら部屋の端っこの方へと移動しました。
Aさんは、「愛ちゃんの声が出ちゃうとまずいね(笑)。これで口塞がないとかな?」と笑いながら自分のアソコを私の顔の前に持ってきました。
私は思わずそれを口に含みました。
自然と69の形になって、仰向けで寝るAさんの顔の上を跨ぐように四つん這いになり、Aさんをフェラチオしました。
Aさんは私のアソコを舐め回し、溢れてくる愛液を音を立てて吸いました。

そんな状況の中、私も少し落ち着いてきたのか少し我に返ったのか、ヒデの存在が頭に浮かびました。
正直、ちょっとの間、ヒデのことが頭から離れていました。
しばらく男日照りだった私の体はヒデを忘れさせるくらいにエッチを求めていたんだと思いました。
そしてAさんのアソコをフェラチオしながら・・・。

(最初にヒデのオチンチンを見たかった、触りたかった、フェラチオしたかった。私のアソコは最初にヒデに見てもらいたかった、舐めて欲しかった)

そう頭で思っていました。
急に心が寂しくなってしまいました。
何してるんだろう?とも思いました。
それでも考えとは裏腹にAさんのアソコにしゃぶりつき、Aさんにアソコを舐められ腰を動かしてしまっていました。

69をしながら何気なく横に目を向けると、ヒデがタバコを吸いながらソファーに座って私たちの行為を見ていました。
知らないうちにシャワーから出てきてたのです。

(こんな姿をヒデに見られた!)

そう思った瞬間、体に電気が走りました。
きっと顔は真っ赤になってるだろうと思うくらいにどんどん熱くなってしまいました。
(嫌っ!)と思うほどに体は反応してしまい、喘ぎ声まで大きくなってしまってました。
そのうちBさんの電話も終わって、ヒデと一緒にソファーに座って私とAさんとの69を見られていました。
私はAさんへのフェラチオをやめて、こっちを見るヒデを見つめながらAさんの口でイカされました。
ぐったりとする私にヒデが寄ってきて、私を抱き上げて自分にもたれさせて頭を撫でながら、「気持ちよかった?イッちゃったね」と言いました。
私は恥ずかしさで顔が真っ赤になるのを隠すようにヒデに抱きつきキスをしました。
ヒデは舌を絡めながら私の両足に手をかけて大きく広げました。

「愛ちゃんの大切なところ、皆によく見てもらわないとね」

そう言って2人の方に身体を向かせるました。

「嫌、恥ずかしい」

そう言って私は手でアソコを隠しました。

「ダメだよ、ちゃんと見てもらわなくちゃ。手をよけて」

そうヒデに言われるとなぜか逆らえずに手をよけてしまいました。
Aさん、Bさんはすぐ近くにきて私のアソコを覗き込みます。

「濡れてテカテカだね」
「イッたばかりだから充血して赤くなってるね」

そんな恥ずかしいことを言ってきます。
恥ずかしさで心臓が飛び出そうな私に、ヒデは耳元で言いました。

「愛ちゃん、自分でオマンコ広げてよく見てもらいなさい。そして『愛のオマンコ見てください』と言いなさい」

私は催眠術にかかったように自分でアソコを広げて、「愛のオマンコ見てください」と言っていました。
AさんとBさんは歓声をあげながら・・・。

「クリトリス可愛いね」
「愛液でトロトロだね、お尻の穴まで垂れちゃってるよ」

などと、わざといやらしいことを言いました。

「今度は俺に味見させて」

Bさんが私のアソコに口を付けて舐めたり吸ったりしてきました。
ヒデは私とキスをしながらオッパイを揉み、乳首をAさんが吸ってきました。
私の尾てい骨あたりにヒデの硬くなったモノが当たっているのを感じました。
私は思わず、「ヒデの気持ち良くしてあげたい」と言って、AさんやBさんをそっちのけでヒデのアソコにむしゃぶりつきました。
ヒデは「愛ちゃん、激しい!」と笑いながら言いましたが、もう私はヒデのアソコに夢中でした。
大きさも太さもカリの高さも、何もかもが私の好みでした。
両足を広げて座っているヒデの股間に顔を埋めて、言われてもいないのに玉を口に含みしゃぶり、先の方へ舌を這わせ舐め上げました。
そうしてると先の方から透明な液が出てきて、それを舐めるとヌルヌルしていました。
手で搾り出すようにシコシコするとどんどん出てくるのでチュウチュウと音を立てて吸いました。
ヒデのアソコは血管がすごくて逞しく勃起していました。

AさんやBさんに身体を愛撫されながらヒデのアソコをしゃぶりました。
私としてはヒデに口でイッて欲しくて必死でした。
前にメールで『口内発射が好き』と聞いていたので、私の口の中で出して欲しかったのです。
私は一度も口内発射は経験ありませんでした。
今まで経験してきた男性にも何度も求められましたが、そんな気にはなれなかったのに不思議でした。

ヒデは、「俺ばかりじゃ悪いから、Aのもしてやって」と言いました。

そして私は仰向けに寝かされ、両手にヒデとAさんのを握り交互にフェラチオし、Bさんは私のアソコからアナルまで舐めたり触ったりしました。
その行為は、私がイクまでそのまま続けられました。
そして休む暇もなく、今度はヒデが私のアソコを舐めたり触ったりしました。
壊れてしまうかと思うくらいの快感でした。
イッたすぐ後ということもありましたが、ヒデが私のアソコを見てる触ってる舐めてくれてると思うとものすごく感じてしまいました。
そしてあっという間に3回目を迎えました。
喘ぎ過ぎた私はもう喋る元気もなかったです。

それでもお構いなしにBさんは私の口にアソコをくっつけてフェラチオを求めました。
私もボーッとしながらBさんのを咥えたり舐めたりしました。
その光景をヒデとAさんはソファーに座りタバコを吸いながら見ていました。
私が切なそうな目でヒデを見つめると、それに気がついてくれたのか、「少し休ませてあげないと」とヒデが言ってくれました。

そして私は開放されました。
しばらくグッタリとして寝ていましたが、飲み物をヒデが持ってきてくれました。
全てを見られた開放感からか、私は大胆になっていました。
ヒデに、「口移しで飲ませて」とおねだりをしちゃいました。
ヒデは「甘えん坊だな~」と言って口移しで飲ませてくれて、そのまま抱きつきヒデを求めました。

AさんとBさんが見ている中で私はヒデに身体を委ねました。
ヒデに後ろから抱き抱えられるようにM字に開脚をされアソコに指を入れられてグチュグチュといやらしい音をさせてGスポットを攻められました。
目の前ではAさんとBさんがじっくりと見ていました。
私は片手でヒデのアソコを握り締め、大きな喘ぎ声を上げて、「嫌!嫌!おかしくなっちゃう」と叫んでいました。

「すごいな!潮吹いてるぞ!初めて見たわ!」

Aさんが言うので(えっ!?)と思って自分のアソコを見ると、ヒデの指の動きに合わせてピューっと液が出ていました。

「愛ちゃんエッチだね」

ヒデが耳元で囁くと、ヒデの指の動きはさらに激しくなりました。
私は、「ああ~ん嫌、見ないで!嫌」と喘ぎながら大量に潮を噴き出していました。
もうベッドのシーツはビシャビシャになっていました。
ヒデが動かすのをやめてアソコから手を離し、私の目の前に手を見せてきました。
手はビシャビシャになっていました。
そしてヒデはその手の指を舐めて、「味しないなー、塩っぱいかと思ったんだけどな」と言いました。
私はとても恥ずかしかったけど、私のを舐めてくれたので嬉しかったです。

そして69の格好にさせられると、ヒデは潮でビシャビシャになった私のアソコに顔をうずめて舐めてくれました。
私もヒデの玉から先っぽまで丹念に舐めたり吸ったり口に咥えたりしました。
そのときヒデのアソコからは透明な液がたくさん出てて、嬉しくてキレイに舐めて吸ってあげました。
私はそのまま4回目のエクスタシーを迎えました。

するとAさんとBさんが、「俺たちのも頼むよ。見てたら興奮しちゃったよ」と言って私の顔のところに寄ってきました。
ヒデは69の体勢を崩して私の足元の方へ移動して、アソコを舐めたりクリトリスを吸いながら舌先で転がしてくれました。
吸われながら舌先で転がされるのが不思議な感じで、とても気持ちよくて思い切り仰け反ってしまったのを覚えています。
そのうちヒデは疲れたのかアソコを舐めるのをやめてしまいました。

私に差し出されたAさんとBさんの2本のアソコを私は交互に舐めたり咥えたりしました。
2人から「玉も舐めて欲しい」と言われたので口に含んで舐めてあげました。
手ではずっとヒデのアソコを握ってシコシコとしごいてあげてました。
やっぱりBさんのは一番太いけど短め、カリは高めで玉も大きめでした。
Aさんのはヒデと同じくらいの太さだったけど、ヒデほどの長さはなく、亀頭も玉も小さく思えました。
同時に男性器を味わったことのなかった私には新鮮でした。
こんなにも太さや長さ形が違うものだとは思いませんでした。

そして私のお気に入りはやっぱりヒデのと思いました。
硬さはダントツでした!
しかも太さも亀頭の大きさも私にはちょうど良かったです。
ただ長さが少し長いのか根元まで咥えることができませんでした。
無理にしようとするとオエッってなっちゃう感じでした。

Aさんのは根元まで問題なく咥えれました。
当然Bさんのも。
ただBさんのは太いので、口を大きく広げてやっとで顎が疲れちゃいます。
そして発見しちゃったのは、ヒデの玉は左のほうが大きかったことです。

そんなことを思いながら3人のアソコを口で味わいました。
ただAさんとBさんは透明な液をほとんど出してくれませんでした。
ヒデはあんなに沢山出すのになぁ~と思っていました。

「3本一緒に咥えてみる?」

いきなりBさんが言いました。

「え~!無理ですよ」

そう言いましたが、3人がアソコを差し出してきたので頑張ってみました。
でも無理でした。
頑張っても3人のアソコの先っぽだけを同時にペロペロ出来る程度でした。
すると当然3人のアソコはくっついてしまいます。

「おい!おい!チンコくっつけるなよ」

なんて3人が騒いでいると、3人ともみるみるアソコが小さくなってしまいました。

「チンコくっつけるから萎えた!」と言ってみんなでバカ笑いしました。

(今ならいけるかも!)

私はフニャフニャになった3人のアソコを口に同時に含み舐めました。
3人は「気持ちいいようなキモいような」と笑っていました。
私の口の中はヌルヌルになっていました。
ヌルヌルした液でいっぱいで誰のものか分からなかったけど、そのまま飲みました。
しばらくしゃぶっていましたが、3人とも全然大きくなりませんでした。

その後、ヒデは私を四つん這いにさせて、アナルのまわりを舐めながらアソコに指を入れてグチュグチュと動かしました。
私はまた気持ちよくなり、喘ぎながらお尻を振っていました。
クリトリスを刺激されたり穴に入れられたり、アナルまでも刺激されて気がおかしくなりそうでした。
その姿を見てAさんとBさんは大きくなったアソコを差し出し、私は必死にフェラチオしました。
あまりの快感に私はヒデを求めていました。

「ヒデ、入れて欲しいの・・・入れて!」

そう言いながらAさんのアソコを咥え、Bさんのアソコを握り締めて求めました。

「仕方ないな~もう入れちゃうの?」

少し笑った感じでヒデは言いました。
どうやらコンドームを付けてくれてるようでした。
私は早く欲しくてたまらなくて、自然とお尻を振っていました。
私のアソコの割れ目にオチンチンの先が沿うように擦られたかと思うと中にヒデのが入ってきました。

「あああぁ~ん」

思わず大きな声を漏らしてしまいました。
お尻の肉を掴まれ揉まれながらワンちゃんスタイルで突かれました。
口にはAさんのを咥えながら、Bさんは私の下に潜り込んでオッパイを吸われながらでした。
やっぱりヒデのは長いのか、奥にズンズンと当たり少し痛いくらいでしたが、そのうち痛気持ちよくなってきました。
ヒデがたまにお尻を掴んで広げアナルを露わにされると、恥ずかしいと思いながらも感じてしまいました。
そのうちAさんのアソコを咥えてる口からはだらしなくヨダレが垂れてきてましたが、気持ちよさと幸せな思いの方が強かったです。

ヒデは突きながら指でアナルも刺激してきました。
ヒデにアナルを刺激されながら突かれ、Bさんにオッパイを揉まれながら乳首を吸われ、Aさんのアソコを咥えながら耳を触られ、私はすぐにイッてしまいました。
そのまま崩れ落ちてしまった私の下から、Bさんは藻掻いて出てくると・・・。

「愛ちゃんのオッパイで窒息死しそうだった」と笑って言いました。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました