2等船室

この体験談は約 14 分で読めます。

事は先日妻と2人で北海道旅行へ行った時に起きました。

予約でいっぱいのフェリーに乗ったため、2等しか取れなかったのがそもそもの始まりでした。
夜に東京を出発した船はほとんど満員の状態です。
嫌がる妻を連れて船内に入りましたが、そこは寝る場所も無いほどの状態です。
とりあえず荷物の場所と2人で寝れるスペースを確保しましたが、夜半とはいえ船内はむんむんと暑苦しく、とても寝れる状態ではありません。
妻の提案で船内を散歩することにしました。

「あんなとこでザコ寝するの嫌よ、若い子とか一人で旅行してるような人ばかりじゃない」

「そんなこと言ったって予約しないで乗れたんだからラッキーだと思わなきゃ」

私はそうして妻をなだめ船室へ連れ戻しました。

時間は深夜1時を過ぎ、大半の客はすでに寝ています。
私達も狭いスペースながら寝ることにしました。
寝苦しさと起きている人の話し声が気になりましたが、疲れもあって寝つくまで時間はかかりませんでした。
夜中に目が醒めたのは暑さのせいでした。
掛けていたタオルケットも肌蹴て隣の妻が寝ています。
着替える訳にもいかなかったのでワンピースのまま寝ていたのですが、スカートが肌蹴て太股が露わになっています。

その時でした、妻の足の方に枕を置いている30歳半ばの3人組の男が妻のスカートの奥を覗き込んでいたのです。
あの角度ではおそらく妻のパンティは男達から丸見えになっているのではないでしょうか。
3人はなにやらひそひそと話をしながら嬉しそうに覗き込んでいます。
こんなことは初めてですが、私はなぜか嫉妬と興奮で体中が熱くなっていくのを感じました。

(妻が見られている、ヒップを覗き込まれて視姦されている)

そう思うと居ても立ってもいられませんでした。

しばらくそのままにしておいたのですが、妻が寝ているのをいいことに、男達は寝返りをうつふりをして妻のヒップのギリギリの場所まで接近して見ていました。
おそらく匂いも嗅いでいたのでしょうか、交代で妻のお尻に鼻を近づけうっとりとした顔をしていました。
私はドキドキして寝就けないまま一晩を明かしてしまいました。

翌日、フェリーのレストランで妻に話しました。

「昨日、R子の足元に寝ていた男達が君を見てたぞ」

「それがどうしたの?なんでかしら?」

「たぶんスカートが肌蹴て中が見えていたんじゃないかと思うんだ」

「ほんとに?」

「よく見えなかったけどたぶんそうだよ」

「いやだ、どうしよう戻れないじゃない」

「知らない顔をすればいいんだよ」

「そう・・・よね」

「でも、なんとなく興奮したな」

「えっ?」

「だって、R子もまだまだいけるんじゃないか?」

「どういうこと」

「気付かなかったけどまだ体の線も崩れてないし、男から見たら性対象になるんだよな」

「もう、34よ」

「そうかもしれないけど、ああしてお前に興味を持つ男もいるんだから」

「満更でもないのかな?」

「うん、そう思うよ」

「ふーん」

「ところで、色々考えたんだけど明朝港に着くだろう」

「うん」

「今晩、もう一度見せない?」

「なにを?まさか?」

「うん、R子の魅力を確認したいんだ」

「いやよ」

「お前、白い透けるTバックのパンティ持ってたろう?」

「・・・」

「あれ、今晩穿いて寝ろよ。もちろんスカートでさ」

「え?いやよ。あれはダメよ。ほんとに薄いのよ、中身まで丸見えになっちゃう」

「大股開きするわけじゃないよ。横になってるんだから、少しお尻が見えるだけだよ」

「見せたいの?」

「うん」

「いいの」

「うん」

「そう」

妻は素っ気なく答え、その後はそのまま食事を続けました。
その夜9時過ぎに浴場から戻ってきた妻は、タンクトップにフレアのミニスカート姿でした。

「どうなっても知らないよ」

妻は小声で私にそう言うと3人組を無視して本を読み始めました。
風呂上がりの妻は十分に色っぽく、その様子を3人組もじっと見ていますが、あえて気付かないふりをしているみたいでした。
12時近くまで本を読んだ妻は、そのまま横になりタオルケットを掛けて寝ついたみたいです。
私も横になりましたがとても寝つけません。

(妻はTバックのパンティを穿いているんだろうか?)

考えただけでも胸が熱くなります。
確認したい気持ちと男達の様子が気になってそのまま夜は更けていきました。

妻は起きているのか寝ているのか静かで動きません。
ただ、いつもの寝息が聞こえてこないのできっと起きているのではと思います。
男達も深夜のせいもあってビールをちびちびと飲みながらひそひそ話をしています。
退屈な船内でやることもなく昼間たっぷりと寝ていたみたいで、一向に寝る気配はありません。
他の乗客は早朝に着船するため早めの睡眠についているみたいで、昨日より話し声はしませんでした。

妻が寝ついてから1時間くらい経ったでしょうか、私はせりあがる興奮のせいで全く寝つけません。
チラリと妻のスカートを見るとタオルケットはしっかりと掛かったままで男達もあまり気にしていない様子です。

(このままでは男達が寝てしまう)

そう思うと居ても立ってもいられずに意を決して実行に移すことにしました。
妻には断ってあるし、寝る前の「知らないから」という言葉にも肯定の意味が取れるので大丈夫だ。

私は妻との関係がこれで壊れる事はないとの確信がありました。
それどころか、もし妻があの白いシースルーのTバックのパンティを穿いていることを望んでいるとも思えるではありませんか。

確認したい・・・。
私の妻が女として他の男達に肉体を見られるのを望んでいるのを確認したい。

その答えはパンティだけでした。
男達に気付かれないようにそっと妻の下半身に手を伸ばしました。

タオルケットに手を潜らせて、スカートの横に留めてあるボタンに手を掛け静かにひとつずつ外していきます。
3つくらい外すと手を入れるのに十分のスペースが出来ました。
男達が気付いていないのを確認してそっと手を入れました。
ウエストから手を忍ばせて妻のヒップに滑らせていきます。
ウエストラインから急に張り出す豊満なヒップを触っていくと口中には唾が溜まっていきます。
そしてパンティに触れ、ヒップの割れ目に指を滑らしていきました。
妻は穿いていました。
あのTバックパンティでした。
途端に私は鼓動が高くなり、その場で妻を犯してやりたくなりました。

(私に言われたとしても本当に穿いているなんて・・・)

期待はしていたけど現実に足元にいる男達にこれから妻の生のヒップを見せるかと思うと下半身が熱くなってきます。

(でも、本当に寝てるのかな?)

私は手を更に下に動かし妻の大事な部分にあてがいました。
そこはすでに熱く、かなり濡れていました。
起きている事を確信すると手を妻の胸に移しました。
そっと触れた胸はタンクトップの上からもブラジャーをしていないのが解ります。
そして肝心の乳首は固くなっていました。
指でそっとなぞると、半開きの唇から小さな息が漏れます。

それは男達に気付かれるほど大きな音ではありませんでしたが、私の頬には熱い息がかかりました。
しばらく乳首をシャツの上から摘んでいると、妻は自分で少しずつタオルケットを横にずらして下半身が露出するとこまでもっていきました。
もちろんスカートでヒップは隠されていますが、男達の注目を浴びるのにはこれで十分です。
上半身はタオルケットで隠されているため、私が妻に触れているのはきっと彼らからは解らないでしょう。
薄目を開けて男達を見ると、3人とも妻の下半身に注目しています。
ひそひそ話をしているところを見ると、きっと昨日の再現を期待してるのでしょう。

知らない男達が妻の体を見たがっている。
昨日は普通のパンティだったけど今日はヒップを生で見せてやる。
ついでにシースルーの上から大事なところも見せてやる・・・。

そう思うと妻の顔を見ているだけで興奮してしまうのでした。

肌蹴たスカートからは、すでに妻の太股が露わになっているのが見えますが、ヒップまではまだ距離があります。
このとき妻は寝返りをする振りをして私から離れ、海老のように身体を丸めました。
計算していたのでしょうか、スカートは片側が引っ張られ生地が妻のヒップのすぐ下まで捲れあがりました。
男達は話を止めて、寝てる振りをする妻を見ています。
きっと起きていればチラチラ見るだけなんでしょうが、相手が無防備なのをいいことにしているみたいです。
私は興奮し妻から手を離すと横になったまま、寝ぼけた振りをしながらタオルケットを手にしました。
次にタオルケット直す振りをして妻のスカートをこちら側に引っ張ったのです。

(わざとらしいかな)

そう思いましたが、妻のスカートは少し捲れあがりヒップの半分は露出していたと思います。

「おい」

一人の男の囁く声が聞こえてきました。
まるで、男達の唾を飲み込む音が聞こえてくるようです。
妻は眉間にしわをよせながらじっと期待しているようでした。
きっと無防備な下半身を曝け出す恐怖と自己顕示欲が入り混じり耐えられない興奮を呼んでいるのかもしれません。
男達は無遠慮に妻のヒップを鑑賞しています。
きっと色白の妻のヒップは薄暗い明かりに照らされて艶かしく光っているのではないでしょうか。
男達の囁く声が聞こえてきます。

「すごいなTバックだぜ」

「いいケツしてんなあ」

「寝てんのかな?」

「あたりまえだろ」

「それにしてもラッキーだな。昨日の今日だしな」

「お前期待してたろ」

「だって今日もスカートだったしな」

「起きててよかったな」

「あれって肛門の皺、見えてるんじゃないか」

「そうだな」

「毛だってはっきりわかるじゃないか」

「ビデオあったろ」

「あーそうか、待ってろ」

がさごそ音がするのは男の一人がビデオを取り出すみたいな音でした。
その間、他の男は妻の股間に10センチくらいの所まで近寄り妻のパンティ越しに確認作業を続けているみたいでした。
私は男達に気付かれないように囁きました。

「ビデオに撮るみたいだ・・・」

声に反応し妻の表情が変わりました。
更に妻は表情を固くしながらも、半開きの唇から出る呼吸は次第に荒くなっているようです。

その時妻がまた動きました。
出来るだけ自然に見えるように仰向けになり方膝を立て、もう片方の足を大きく拡げるようにしてしまいました。
スカートはすっかり捲れ上がり、パンティはすでに丸出しの状態でした。

「おーグッドタイミング」

「完全に透けてるよ。マンコ丸見えじゃん」

「すげえ、こんなの初めてだよ。超ラッキー」

「おい、あんまり近づいて起こすなよ」

「テープまだあるか?」

「おう、でもちょっと暗いな。お前ペンライト持ってたろ」

「あるよ。ちょっと待ってな」

なにやら荷物をゴソゴソと掻き回す音がして、再び男達が妻の股間の前に伏したのがわかりました。
カチリと小さな金属音がすると、妻の股間のあたりだけが唐突に明るくなりました。

「おおお」

「丸見えだよ。これじゃ何も穿いてないのと同じだ」

「すごい色してるな」

「毛もすごい。尻の穴の周りにまで生えてるよ」

「おい、マンコ濡れてないか?パンツから汁が滲みでてるぞ」

「スケベな夢でも見てるんじゃないの?」

もう、丸見えだ。
きっと男達はビデオに撮って後でオナニーに使うのかもしれない。

妻のオマンコを見ながら男達がしごくのか?
いっそのことここで犯ってくれないだろうか?
妻もきっと受け入れるのでは・・・。

でも、他の乗客は大丈夫か?
今はまだ遅いけどきっともう時期起き出す人間もいるのでは・・・。
そうすると妻のヒップは3人以外にも視姦されてしまうのか・・・。
そう考えていると妻の撮影が始まりました。

しばらく離れた位置からだんだんカメラは股間に近づいてきます。
撮影をしていない男は私の様子を窺いながら、妻の股間を凄い形相で見つめています。
きっと彼らも自分の物を妻のヒップに押し付けたいのでしょう。
そして最後には、それを突っ込み激しく腰を打ち付けたいに違いありません。

微かなカメラの音、押し殺した男達の気配、これだけで私が興奮するには十分でした。
私の下半身は熱くたぎり、ズボンの上からもその膨らみは察せられるに違いありません。
妻の興奮も手に取る様に感じられます。
微かではありますが呼吸の乱れも感じられ、それを男達に悟られないようにしている妻はいじらしくも思えました。

それにしてもこの男達の大胆さはどうでしょう。
乗合のフェリーの上で夜半とはいえ他の乗客もいるのに視姦のみならずビデオ撮影までするなんて・・・。
いやらしい男達の慰みものになってしまう私の妻・・・。
こうしている間にも妻の艶かしいオマンコはビデオに収められているのです。
きっとそのビデオは男達の間で貸し出されたり、部屋で酒を飲むときにバックグラウンドのようにテレビに流されっぱなしにされてしまうに違いありません。
もしかしたら、男達の息子達にも見られ若い性欲のはけ口に使われてしまうかも・・・。
妻のオマンコを見ながら多くの見知らぬ男達が白く濃い精液を吐き出すなんて・・・。
私の妄想の中で妻のオマンコは男達の精液にまみれていくようでした。
想像すればするほど興奮していきます。

もっと見て欲しい。
できればそこでオナニーしてR子に熱い精液をかけて欲しい・・・。
お前もかけてもらいたいんだろうR子、そして自分から私に男達の精液まみれのオマンコを見せて微笑んでおくれ・・・。
心で私はR子につぶやきました。

5分ほどするとビデオの回る音が止まりました。
男達は無言なので3人の状況はわかりません。
私もビデオ撮影以降は目を瞑ったままなので状況はわからないのです。
そういえばビデオ撮影以降、男達の会話は止まりました。
そういえば変だな?撮影に夢中になっていたのかな?それとも本当にオナニーをしているのでは・・・。
恐る恐る薄目を開けるとそこは信じられない光景でした。

妻が上半身うつ伏せのまま、ヒップだけ男達に高く突き上げていたのです。
まるで見てもらいたくてしょうがないといった光景でした。
男達は犬のようなポーズの妻を撮り続けていたのでした。
もうすべては丸見えに違いありません。
思いもよらない展開と行き過ぎにも思える状態に私は困惑しました。
今、男達は妻が本当に寝ているのか疑っているようです。

きっとヒップが突き出されて疑惑の念を強くしたのでしょう。
怖くなってビデオを止めたのかもしれません。
なぜなら横に亭主である私が寝ているのですから・・・。
ただ、私に気付かれなければ妻に突っ込むことができるかもしれないと思っているのかもしれません。
きっと3人で考えているのでしょう。
その間も妻は私とのセックスの時のバックスタイルのまま、男達3人にヒップを見せ続けています。
その姿はあまりにも無防備でした。

シースルーTバックの薄い生地だけが妻を守るガードになっていますが、その心細いガードも男達の無骨な指先ですぐにでもずらされて・・・。
きっと黒々とした3本のペニスが真っ白い豊満な妻のヒップに突っ込まれ、最後に濃い精液を吐き出すまで出し入れされてしまうのでしょう・・・。

それにしても本当に妻のヒップを見ているのは男達だけでしょうか?
高々と突き上げられたヒップはこのフロアーで起きていれば、きっとどの位置からでも丸見えでしょう。

(33歳にもなってこんな状態を見られてしまうなんて・・・)

もう妻には興奮のあまりそこまで考える余力は残っていないみたいです。
きっと妻の股間は男達に視姦され、溢れ出てくる愛液がTバックのパンティを濡らして薄明かりに照らされ光っているのでしょう。
見慣れた私ですらぶち込みたい衝動を押さえるのに必死でした。

男達は妻が起きているのを確信したようです。
妻の表情を確認しようとしているのが手に取る様にわかります。
ただ、私がいるので躊躇しているのでしょう。
私に気付かれないで妻を連れ出す方法を考えているのかもしれません。
おそらく時間は3時を回っているでしょう。
6時頃着船予定の筈ですので、あと1時間もすればかなりの人が起きてくるのではないのでしょうか?
男達はきっとその1時間以内で妻の肉体を楽しもうとしているのではないでしょうか。
男達には残された時間は無いのです。

再びビデオの回る音が聞こえてきたのは、腰を突き上げた妻の裸体を撮影しても大丈夫との確認が出来たせいでしょう。
ただ、聞き取れないほどひそひそと話し合う声は、撮影だけの話題ではありませんでした。
妻に聞こえているかどうか、それは妻を今後どのように扱うかの相談のように聞こえました。
今の妻は触られてこそいないだけで、体はすっかり男達の視線に舐め回され覗きこまれています。
おそらく男達は妻のアナルの皺ですら、数を聞かれれば答えられるくらいでしょう。
見ず知らずの中年の男達に・・・。
妻の肌に男達の手を触れさせたい。
しかし、それを阻むのが何を隠そう私自身の存在なんて・・・。
私がのこのこ起き出して彼らに4Pを依頼するのは間抜けな感じもしますし、もっともプライドを傷つけられた妻自身も受諾はしないでしょう。
ごく自然にここを離れることができれば、男達は妻に話しかけ6本の手で弄り回してくれるに違いありません。

意を決した私は、わざと大きくあくびをするとゆっくり体を起こしました。
慌てて彼らはビデオをおろし息を潜めましたが、私は妻や彼らを出来るだけ見ないようにしてそこを離れることにしました。
きっとその間も妻の腰は突き上げられたままだったでしょう。
きっとまだ覗かれていると思っているのかもしれません。
ひょっとすると更に進んだ事を期待しているのでは・・・。
仮にこのまま犯されても強姦罪にもならない状態です。
ふしだらな妻・・・。
それは私が望んでいた妻の姿でした・・・。
私はふらふらと寝ぼける振りをしながら部屋を出ました。
階段を昇りデッキに出ると夏だというのに涼しげな風が吹いています。
きっと北海道は近いのでしょう。
デッキでは1等船室の乗客らしいアベックが、楽しそうに肩を組み合って話していました。
こうしていると階下の状況が嘘のようでした。
空も薄っすら白みかけてきています。

今頃、妻はどうしているのか・・・。
きっと今頃、男達が話し掛けているのでしょう。
その言葉に目を瞑ったままゆっくり頷く妻、そして男達は待ってましたとばかりにTバックの下着を剥ぎ取り、下半身を弄りまわし、胸を揉み、唇には舌とペニスが入れられているのかもしれません。
状況次第では私の妻の股間と唇に、男達の黒々した一物が咥えさせられているのでしょう。
きっと、妻は回りに気遣いながら声を押し殺しピストン運動に耐えるしかないのでしょう。
妻のヒップを手の跡が付くほど鷲掴みにして、嘲笑混じりに妻のヒップを見下ろしている男達の姿・・・。
小さくうめきながら発射される3人分の精液を受け止める私の妻。
確認に戻りたいのですが、今戻ればすぐ終わってしまうであろう彼らの行為が残念で10分ほどデッキにいました。
既に時計は4時を回っていたようです。

船室の入り口の窓で確認しましたが、死角に入り妻たちの様子はよく見えません。
ゆっくりドアを開け歩いていく時間がどんなに長く感じられていたでしょう。
妻のもとへたどり着くと、妻にはタオルケットが掛けられており男達も横になっていました。
それは取り繕うようにその状態になったのではなく、もう数分前からその状態であったかのようでした。
そして、寝顔の妻は本当に寝ているようでした。

(夢だったのか・・・)

ありもしない事を思ってしまうほどそれは呆気ない光景だったのです。
妻の隣に滑り込み横になった私は状況が全く理解できませんでした。
ただ、期待した展開が外れた落胆と不思議な安堵感がそこにはありました。

5時近くなると人が起き出しました。
私は結局一睡も出来ませんでした。
妻もあくびをすると起きてきました。

私の顔を見て微笑むと「おはよう」と言って顔を洗いに行きました。

男達は私の顔を見るとバツが悪そうに目をそむけて荷作りを続けています。
男達の荷物の中には、あのビデオカメラもありました。
暗い船室でR子の体を舐め回したビデオカメラです。
あの中には私の妻のヒップが保存されている。
私はビデオカメラにすら嫉妬を感じていました。

15分もすると化粧も済ませた妻が横に座りました。
男達は私達夫婦を遠巻きにするように荷物を持つと、車室に向かって歩いて行きました。
妻も気にしてないように知らぬ顔を装っていました。
室外に彼らが去るのを確認すると、回りに気を使いながら妻に話しかけました。

「お前、あいつらに見られたの?」

「えっ??」

「見られてたろう」

「気づいてたでしょう」

「あたりまえだろう」

「だって、見せたいって言ってたじゃない」

「そうだけど」

「だったら願ったり叶ったりじゃない」

「うん、そうだけどさ」

「でも、ドキドキしたよね、まあ、もう会うこともないだろうし忘れちゃうでしょ」

妻はビデオには気づいていなかったのでしょうか。

「そうだね」

「だったら、いいじゃない」

「うん、でも・・・」

「なに?」

「あのさ、俺がトイレに行ったじゃない、あの後どうなったのかなあと思って・・・」

「ふーん、知りたいんだ」

「うん」

「ひどいよねー、置き去りなんて、何かあったらどうするのよ」

「えっ」

「だって、下着見られてるのに置き去りなんてさ、知ってたでしょ・・・」

「いやー、人もたくさんいるし何も無いってわかってたから、それにトイレも近かったせいもあるしさ」

「ふーん、そうなの、じゃあいいじゃない」

「そうだな、なんだ考え過ぎか、そうだよな、よかった何も無くてさ、まさか何かあったらされたらこうして話してられないよなあ」

とりあえずの作り笑いでバツの悪さを誤魔化しました。
妻に『犯されてしまえばよかったのに・・・』なんてとても言えませんでした。

荷物をまとめ、煮え切らないまま車室へ行き車に乗りこむと妻に言いました。

「変なこと言ってごめんな、お前を見せたいなんてさ・・・」

「いいって言ってるじゃない」

「そうか、よかった。あのさ・・・」

「なに?」

「俺にもパンティ見せてよ」

「いやよー、なんでまたー」

「いいじゃないか、あいつらにも見せたんだからさ。興奮しちゃってさ、R子のパンティが見たいんだよ、見るだけでいいんだから」

その時の私は本心で男達の視線に汚されたTバックのパンティが見たくて仕方ありませんでした。

「いやだって言ってるでしょ・・・」

笑いながら抵抗する妻に、私はふざけるふりをして妻のスカートに手を掛け、一気に捲り上げました。
妻のスカートは助手席で肌蹴て腰のあたりまで露出しました。

その時私は唖然としました。
そこにはTバックのパンティは無く、艶かしい妻の裸体があるだけでした。
何も付けていない妻の下半身・・・。
嫉妬の思いで再び下半身が熱くなりました。
どうしてパンティを穿いていないのでしょう。
もしかして・・・。
私は夜の出来事をすべて聞き出したかったのですが、妻に対して何も言えませんでした。
スカートを直した妻は一瞬表情を固くしましたが、すぐに元の表情に戻り微笑みながら助手席の窓から外を見ています。

「しらないーっと」

スカートを押さえて意地悪そうに笑う妻は、パンティを男達に渡してしまったのでしょうか?
それが意味するのは、ビデオの中にすべて曝け出した生の妻の下半身?それとも妻に挿入された3本のペニス?
それとも最後にヒップにぶちまけた3人分の精液?そして、その後の記念品代わりに男達のバッグに納まる妻のTバックのパンティ・・・。
あの荷作りの時、男達がバックにビデオカメラを収めるのを思い出しました。
きっとあの時、妻のパンティもあのバッグに・・・。
隠すスカート中の妻のヒップの割れ目には、男達の精液がべっとりついているのかも知れません。

(確認したい・・・)

妄想が私の頭の中を巡ります。
それにしても、あんな短時間で・・・。

(まさか・・・)

「お前・・・」

その時の私は喉が乾いてこう呟くのが精一杯でした。

北海道到着後の旅行は楽しく、旅館での夜のセックスも激しいものになりました。
また、セックス中にビデオの存在を妻に明らかにしたときの乱れ様はすごいものでした。
きっとAV代わりに使われる自分の裸体を想像してしまったのでしょう。

「いやだ・・・」と呟きながら目をつぶり激しく腰を動かす妻は、心の中で男達との擬似セックスを楽しんでいたに違いありません。

今は妻の休みも終わり今まで通り会社に通勤してしています。
変わらない笑顔の妻を見ているとあの日のことが遠い夢のようです。
旅先で見せた妻の意外な一面は、その後も封印されたままです。
それにしても、やはり妻は犯られてしまったのでしょうか?未だに答えはわかりません。

その後、セックスの最中に妻にあの時のことを聞くと必ず「やられちゃったの・・・入れられちゃった・・・」と言って激しく乱れます。

今は事実を無理に明かそうとは思わなくなりました。
それよりも、あの夜の経験で妻の魅力の再確認したことが、今の私にとってはとても嬉しいのです。