中学時代の親友がホモビッチになっていた

この体験談は約 5 分で読めます。

別の高校に行ったAから久しぶりに電話があって、土日に両親が旅行だからみんなで一晩中騒ごうという話だった。
同じく高校で離れた親友のTも来るということで即OK。
卒業以来、みんなと会うのは久しぶりだった。

夕方頃にAの家に行くと、T以外の3人が集まっていた。
しばらくするとチャイムが鳴った。
出迎えたAと一緒に部屋に入ってきたのは、可愛い女の子だった。
タンクトップに薄手のパーカーに短パン。
足も細くて絶対領域を舐め回したかった。

女の子も呼んだのか。
それにしても可愛いな。
あれ?一晩中騒ぐって、やばくないか?
そっか誰かの彼女か・・・クソうらましい!

みたいなこと考えてたら、その女の子が俺を見て、ニコッて笑って会釈した。
すごく可愛かった。

「さ、みんな揃ったし、はじめるか」

お菓子とかコーラとか、Aの親が用意してくれた料理もあった。

「あれ?Tは?」

俺が聞くとAが指差した。
さっきの女の子だ。

(え?まさか・・・)

よく見ると、そんな気もする。
でも、Tはもっとぼっちゃりしてたし、髪も刈ってた。
目の前の女の子は痩せ気味だし、ショートカットとは言え・・・。
ああ、確かに面影がある。
色も白くてモチモチしてた。
なんか訳が分からなかった。

「え?T?」

「うん」

可愛い声だった・・・というか、可愛く聞こえた。
パーカーを脱ぐと華奢なカラダがっていうか、胸がある・・・。
どうして?
つか、なんかエロいんだけど。
色々考えてたらTが言った。

T「どうするの?いつも通りでいい?」

A「そうだな」

Tはタンクトップをくびれたウエストまで捲りあげるとショートパンツを脱ぎだした。

(え?みんなとパーティーは?なんでパンティ穿いてるの?)

そのパンティから男のシンボルが半分以上見えていた。
AはTを後ろ手にして手錠をすると、「やっぱりいつも通りじゃなくて、俺くんの前で恥ずかしいことしようか」と言った。

いや、今のこの格好だって恥ずかしくないか?
タンクトップの裾を捲ってお腹から下はパンティだけだし・・・。

T「え?嫌かも・・・」

か細い声でTが言った。
AがTの股間を強く握ると、Tは悲鳴をあげた。

T「ひっ、いたっ、やだ、言うこと聞くから」

Tは俺の正面に座った。
友人AとBの間だ。
そして何事もなかったように談笑がはじまった。
ただTだけは後ろ手に手錠をかけられてたから、飲んだり食べたりはしてない。
気まずそうにしてる。

俺はたまらず口を開いた。

「あのさ、なんで手錠?てか、よく事情が・・・。それに可哀想じゃないか?」

するとAが、「これはお前のせいでもあるんだぞ」と言った。
他の2人も頷いてる。
そしてTは顔を真っ赤にして俯いている。

(可愛い・・・)

俺「え?どういうこと?」

そう言うと、ABCそれぞれが交互に語り始めた。
とは言っても飲んだり食べたり和やかな空気ではあった。
ただ、BがTの肩に手を回して、TがBに体重を預けるように座っているのが気になる。
しかもAとBはTの身体をいやらしく撫で回しながらなのが、もっと気になる。
俺は、「嫌がってないか?やめようよ」と言おうとしたが、身体を撫で回されているTが懐く猫のような感じに見えたし、Tの股間からパンティに収まりきれなくなったシンボルがそそり立っていたので言うのをやめた。

簡単に言うと、Tは俺に気があったらしい。
もちろん俺はその気がないから想像もしてない。
男の親友として仲良くしてたし、言いたいことを言ってた。
それが結果的にTを傷つけていたらしい。

「んっ・・・」

そこまで聞いていたらTの可愛い声が漏れた。
話をしながらTのタンクトップの中に潜らせた2人の手がいやらしく動いている。
Tはうっとりとした表情をしながらされるがままになっている。
今まで話していたBがTの耳の穴に舌を入れると、AとCが説明を続けた。
俺が1人だけ偏差値の高い高校に行くのをきっかけに、Tは俺に気に入られるように、痩せたり髪を伸ばしたり色々したらしい。

そうしてる間にもTの息遣いが荒くなってきている。
Tはもともと二重でパッチリした目だったし、鼻も口も整っていた。
でも頭は刈ってたし、ぽっちゃりしてたし、そもそも男じゃん!
まあ、言われてみればそんな素振りはあった。
俺は、「キモい」とか「考えられない」しか言ってなかった。
可愛い女の子にしか興味がないって、はっきり言った。
その時のTは確かに様子がおかしかった。

今、そのTが可愛い女の子のようになって目の前にいる。
しかもエロい格好をして、いやらしい声を出して、パッチリした目を半開きにして。
ただ、勃起した立派なチンコが付いている・・・。

高校に入って少しずつ変化していくTの姿を見て、もともと女の子が3人しかいない工業高校の奴らに狙われないことはなかったらしい。
そんなわけでこんな淫乱なビッチになったらしい。
タンクトップはすでに胸の上まで捲られて乳が露出していた。
小ぶりだけど、ちゃんと乳房もある。
チンコがなければ完全な美少女だ。

AとBが左右の乳首をチューチュー音を立てて吸いはじめると、Tの息遣いが荒くなってきた。
息をするたびに動く腹部。
そのたびに形を変えるへその形。
驚くほど華奢で、くびれたウエスト。
ビクンとするたびに揺れる小さな乳房。
どれをとってもたまらなかった。
勃起したペニスの先からは透明な汁がダラダラと出ていた。
エロいと思った。
舐め回したかった。

するとTが小さい声で言った。

「お腹空いた・・・」

すると隣にいたCが立ち上がった。

「もう我慢できない」

そう言うとCは勃起したペニスをTに近づけた。
するとTがすごく幸せそうな顔をしてそれを咥えた。
舌を這わせたり唇で擦ったり・・・。
その口元だけでもオカズにできるくらいエロかった。
そして俺のチンコもあり得ないくらい勃起してた。
もうTがたまらなく可愛くて、犯したくてたまらなくなった。

3人にいいように身体をおもちゃにされて喜んでいるTは、俺の知っている親友ではなく、ただの肉玩具だった。

「お前も一緒にやろうぜ」

聞き慣れた声が聞こえた。
俺の知っているTの声だ。
内気でいつも1人になりがちだった俺にいつも同じ言葉をかけてくれていた。
この言葉に何度も俺は救われた。

「T?」

俺はTを見た。
3人に体を弄ばれながら押し付けられるペニスを避けて、俺をまっすぐに見つめるTがいた。
・・・可愛かった。
俺が3人に混ざると、Tは泣きながら俺のペニスをしゃぶり始めた。

「やっと夢が叶った」

そうTは言った。

一通り終わると別室にTは移動した。
この後は、Tとやりたい奴が交互に部屋に入って犯しまくるらしい。
それもいつものことらしかった。
もうTは親友じゃなくてみんなの肉玩具なんだって自分に言い聞かせて、俺は自分の番を待つことにした。

その後、社会人になった今でもTは肉玩具で、俺もよく呼びつけて遊ばせてもらっていた。
休みの日はずっと部屋でオナニーをさせて鑑賞したり、友達を呼んで見せたりした。
今、俺は彼女もいて、ノーマルな恋愛をしている。

「彼女できた」ってTに言ったら驚いた顔をして、下を向いて「さよなら」って帰っていった。

それっきりTとは会っていない。

タイトルとURLをコピーしました