ペンキ屋の嫁と2人の若い衆

この体験談は約 7 分で読めます。

独立して15年。
ペンキ屋の一人親方の私も48歳になりました。
20歳になる娘も若い大工と同棲を始めて、今はまた嫁と2人暮らしに戻りました。
嫁の沙織(43歳)も6年程前から自分の道具を持って現場で手伝っています。

楽しい時代もありました。
沙織の、喉の奥まで呑みこんで舌を絡ませる強烈なフェラチオは最高でした。
新婚時代には酔った勢いで数回、寝取られ(3P)の経験もありました。
でも長女が生まれ、あっという間の慌ただしい20年が流れ、今では単調な毎日を過ごしています。
2人共これと言った趣味もなく、夫婦の会話もめっきり減りました。
若くて美人の『ドラマチックな寝取られ話』ではないので、あんまり期待せずに読んでください。

若い頃は仲間からも羨ましがられた嫁の沙織も、今では化粧っ気も無く、地味な長袖と作業用パンツはペンキだらけです。
本人も女を捨てている雰囲気で、若い衆2人を顎で使い、言葉も荒い母親のようです。
もうこの数年で2人の職人に辞められ、それなりに入って来る仕事をこなすには大事な戦力の『蓮』と『純也』。
金髪のヒョロッとしたお人好しの蓮は今年で20歳。
彼女なし。
がっちり体型の無口なあごひげ君、純也は23歳。
彼女いない歴3年。

片付けの遅い蓮には、「こら蓮、ボーっとしてないで、チャッチャッとやりな!」。

定食屋で漫画に夢中な純也には、「純也!飯食う時はマンガ読まない!!」。

男勝りな口調で叱り飛ばす割に、若い衆も素直に嫁の言う事を聞きます。
休憩に缶コーヒーを買ってきてスマホを弄る沙織は、地味だけどまだまだイケる女。
俺の様なつまらない男と一緒になって楽しかっただろうか?
何かいい思い出や悦びを与えてやっただろうか?
無口になった沙織が今でも愛しく思えてならないこの頃でした。

ろくにボーナスも出せず、たまにみんなに昼飯を奢ってやるだけの私。

「急に辞められないようにサービスくらいしてやれよ」などと言いながら手コキの真似をして見せる私を、沙織は「ばっかじゃないの?」と、これ以上ないくらいの冷たい目で睨むのでした。

冗談半分、期待半分の手コキポーズを何度も繰り返した記憶があります。

若い頃の他人棒経験はお互いの心の中に眠ってはいたものの、月に数回、私の性欲を満たすだけの事務的なセックスにその効果はありません。
週末の夜、以前にも増してマグロ状態で私に身を任せる沙織にちょっとした疑いを持った私が取った行動がその始まりでした。
心のどこかに何か期待する部分もあったと思います。

自宅横に建てた事務所兼作業スペースには発注請求、経理もこなす沙織の机。
機器もパソコンも電話ファクスもソファも冷蔵庫も揃った事務所です。
事務所からも外の引き戸からも出入り出来る材料置き場の倉庫部屋の棚にはペンキ缶が並んでいます。
娘が小さい頃に使った勉強机もちょっとした作業台や小物入れに使っています。
倉庫の裏側にある部屋には足場関係の脚立やはしごを入れる小部屋もあります。

仕事終わりで一服しながら打ち合わせをした後、私が自宅に入った後もしばらく2人のバイクと車が動かず、帰る様子も無いこと。
近所で一杯ひっかけて帰った時も純也の車があったこと。
私がちょっと長居して話した時、その場の空気がぎこちなく流れた事や用も無いのに事務所に出入りしてそわそわする蓮。

(ン?・・・ひょっとしたら・・・嫁となんかあるのか?)

自宅の裏から出て、はしご置き場に入り、薄い壁から中の様子を窺った日。
材料倉庫の中に人の気配。
事務所窓のブラインドも閉まっていました。
なんか変だという確信で久々に心臓がドキドキしたのです。

大工を手伝った経験から、はしご置き場のドアの音の軽減や、二ヶ所の覗き穴なども自然に見える形と、ばれない細工を完全に施しました。
覚悟を決めて初めて覗きを敢行した日。
事務所のソファで純也が携帯を弄っているのは確認しました。
沙織と蓮はどこでしょう。
はしご置き場に入り、そっとドアを閉め、細工しておいた穴を覗きましたが、物音はするものの事務所からのドアと棚しか見えません。

しかし、もう一つの穴を覗くと凄い光景が丸見えになりました。
机の前に立った蓮のズボンとパンツは膝まで下され、勃起したチンポを跪いてフェラチオする沙織がいました。

「おお」って思わず声が出そうになる程、堪らなくエロい光景でした。

喉の奥まで呑みこむ絶品のフェラチオをされている金髪の蓮はアホみたいに口を開け、天井を見る目もトロンとしています。
蓮が頭を撫でようとする手を面倒臭そうに振り払う沙織、どこか事務的な作業のようです。
咥えながら根本の手コキを始めると、床に置いたティッシュボックスから沙織は数枚のティッシュを引き出します。

「うお・・・ああ・・・おお・・・」

腰をピクピクさせた蓮は沙織の口の中に出したようです。
ティッシュの中に精液を吐き出している沙織の横で蓮は急ぐようにパンツやズボンを穿きます。
その後、沙織に「遅刻すんなよ」とポンッと腰を叩かれ、蓮は事務所に入って行きました。
入れ替わりに純也が入ってきます。
まるで『はい、次の方』って感じでしょうか。
手早くズボンを下ろした純也のブリーフをチンポに引っ掛けながら下ろす沙織。
まるで排泄を手伝う看護婦さんのようです。

ビールケースに座り、パンツを下ろしてそれを覗きながらオナニーする私はなぜか悦びに溢れ、ハアハアする息を抑えきれない状態でした。
蓮のバイクのエンジン音が遠ざかって行きます。

170cmの蓮に比べ185cmの純也の腰の位置は高く、何より太くそそり立ったそのチンポは私の興奮をさらに煽ったのです。
153cmと小柄の沙織は、被さるように目いっぱい上からそれをしゃぶり、大きな口を開けて飲み込みますが、その大きさに苦労している感じです。
ゴムでまとめていた髪を自分でパラりと外すと、肩までの黒髪がペンキ屋のおばさんのイメージを一気に“女”に変えます。
深く呑み込んでもまだ余る根本に手を添えて音を立ててしゃぶります。
目を閉じて無心にデカチンをしゃぶる沙織、興奮しているのでしょうか。
純也が髪を弄っても、今度は振り払う事もせず献身的にしゃぶり続けます。
たまりません。
沙織のフェラチオは3Pをした友人達にも大好評だったのです。
頭に白いタオルを巻いたままの純也の顔が耐えるように歪んでいます。
そして数分後、「あ・・・沙織さん・・・あ、出る!」とつぶやいた純也は沙織の頭を持って腰を振り、ドクドクと放出しました。

「ウーーっ・・・もう・・・」

ティッシュを引き出しながら口を押さえ、溢れそうな大量の精液を吐き出しました。
沙織から差し出されたティッシュで自分のチンポを拭き、ズボンを穿く純也の尻を叩きながら「明日、早いからねっ」と送り出す沙織。
何もなかったかのようにティッシュやゴミを片付けます。
私もこちら側で純也と同じタイミングで射精したティッシュを握り締めながら隠れて自宅に戻ったのです。

「手コキでもしてやれ」と言っていた私の期待以上のフェラチオのサービスを2人に施していたという驚きもありましたが、覗いて見つめた、そのあまりにも事務的なその行為に、沙織本人はどう感じているのか・・・。
そこに悦びはあるのか・・・。
聞くにも聞けないもどかしさがありました。

普通に夕食を作り、テレビを観てクスリと笑い、さっさと風呂に入り床に就く沙織・・・。
夕方2人にしたフェラチオの光景がダブって、もう一度風呂場でオナニーしてしまう私でした。

何もせず、帰ってしまう時もありましたが、ほとんど決まって残業サービスはありました。
彼女のいない蓮にとって、職場で一緒に働く奥さんのフェラチオってどんな感じなんだろう。
イケメン風なのになかなか決まった相手の見つからない純也は、沙織にどんな感情を抱いているんだろう。

どちらにしても、私のこれ以上無い楽しみが始まった週末。
天気の具合や仕事の都合で、やっと明日が休みという夕方でした。
変化があるのが面白いと言えば面白いのですが、その日はフェラチオされている蓮が髪を撫でつけてもそのままでした。
それどころか蓮は前屈みになって沙織のTシャツの胸元から手を入れ、オッパイを揉んでいます。
それでも表情一つ変えずに黙々とチンポを呑みこみ、キツツキのように顔を前後させてジュポジュポとしゃぶる沙織。
やがて堪えきれずに蓮は小さく奇声を上げて射精したようです。

「反則!」と言いながらティッシュに精液を吐き出す沙織の前で照れ臭そうに身支度を整えた蓮は、「お疲れしたー」と帰って行きます。

交代で入って来た純也は、すでに下半身は裸になっています。
太くて長いそそり立ったチンポを相変わらず無表情でしゃぶり始める沙織。
髪をまとめたゴムを今日は純也がほどき、沙織のフェラ顔を眺めながら耳や頬を撫でます。
すると、どうでしょう。
立ち上がった沙織が机に手をつき、バックスタイルで尻を突き出しました!
総ゴムのジャージーパンツだったのはこのためだったのでしょう。
引き下ろされたジャージのパンツの中からフルバックの艶のある白いパンティーに包まれた丸い尻が現れました。
後ろにしゃがんだ純也は沙織の股間に顔を埋め、匂いを嗅いでいます。
顔の向きで沙織の表情はわかりません。
ゆっくりとパンティーを引き下ろした純也が両手で尻を割り裂き、丸出しになった沙織のアナルとマンコにむしゃぶりつきました。

「あ・・・だめ・・・こらこら!・・・純也・・・汚いって・・ストップ!」

言うこと聞かない純也はハアハア言いながら眺めたりしゃぶったりしていますが、これ以上膨らまないくらい勃起させたチンポが股間でピクンピクンしています。
いきなり立ち上がった純也がたっぷり濡れているであろう沙織のマンコにゆっくりと慎重に出し入れを始めます。

「あ・・・フ~ッ!・・・純也ゆっくりだよ・・・ああ・・・ウウゥー」

純也はTシャツの裾から手を入れてブラジャーを外し、形の良い丸いオッパイを両手で揉んでいます。
ズッポリと入ったチンポにも沙織は声を荒げず、されるがままにしています。
オッパイを生で揉まれ、そそり立ったデかちんをバックでぶち込まれる沙織の姿に私の我慢汁も垂れ落ちるほどでした。
出し入れのスピードと深さが増していく時の沙織の声と、こちらを向いて見せた表情は今思い出しても勃起してしまう最高の記憶です。

「あ・・・あ・・・こら・・・純也・・ちょっと速い・・・。強すぎ!・・もっとゆっくり・・・ちがうよ・・あ・・・あ・・そう・・・。ううう・・・もう・・・ああ・・あああ・・・ああああ・・・。ああ・・・キツイよキツイ・・・うわ・・・ハァ・・ハァ・・・。こら強すぎ!・・・あ・・だから・・速すぎるし・・・ああもう・・・あ・・・もう・・・あ・・・ぁ・・・ヤバい!・・。もう・・いい加減早く・・出しなよ・・・怒るよもう・・・ああもう終わり!・・。早く・・・純也!キツイ!・・・ハァ・・ハァ・・・ああ・・・あっ!・・あッ!もーダメ・・・ヤバい・・・いいよ!・・・あ・・気持ちイイッ!!・・・もっと!奥!・・・アアア・・・デッかい!!・・そう!もっと激しく!まだよ!・・まだ・・・強くして・・・イイイイ・・凄いチンポ・・・。ああ・・そうそう・・・そうよ・・・イイよ・・・奥!・・もっと奥まで・・・。純也イッてもいいよ・・中に出しな・・・あああ・・あああ・・・。ハーーーーッ!・・・ダメ!もうダメ!!ああああ・・。やだ!・・・あーやだ!・・・やだよ!・・あ・・あ・・純也もうダメ!イクッ!・・・イク・・・イクイクイクイクイク~~~ッ!!!!!!」

ズッポリと抜き出したチンポの先からダラーッと白い精子と沙織のマン汁が垂れ、マンコからはとろーりと精子が出てきます。
白い尻と太ももがピクンピクンと痙攣していました。

休日前にはこういう事になるんだと初めて知った日でした。
沙織も女の悦びを味わってくれていてホッとしたと同時に、休日前の形式的なセックスの時、沙織がマグロになる謎が解けたのでした。

仕事のことでも何かと世話をして可愛がってくれる会社の社長さんが沙織に気があるのは解っていたし、沙織さえよければ営業的にサービスさせてもいいかなと思っていたら慰安旅行へのお誘い。
何年か前に奥様をガンで失くした還暦の社長。
もう、とっくに可愛がられているのかも知れませんが・・・。
私は急に体調を崩して沙織だけ行かせるつもりでいます。

地味な話ですみませんでした。