水泳教室のデカちん小学生

この体験談は約 3 分で読めます。

私は水泳教室で子供に水泳を教えています。
そこにきてる男の子なんですが、ある日スクールが終わった後、べそをかいてました。

「どうしたの」って聞くと、
「なんでもない」って言います。

「先生誰にも言わないからいってごらん」と言うと、やっと、「みんなが僕のちんちん気色悪いっていうの」

「どうして?」
「でかちんぽマン。でかちんぽマンって言うの」
「おちんちん、そんなに大きいの?」
「うん
「大きいことは恥ずかしいことじゃないのよ」
「でもみんなが馬鹿にするもん」
「先生はね、大きいほうが好きよ」
「ほんと?」
「ほんとよ。もしよかったら先生に見せて。見てあげるから」
「恥ずかしい」
「いいから」
「恥ずかしい」

「よーし、じゃあー先生も一緒に脱ぐから、いいわね。せーの・・・」って言うとしぶしぶ水着をおろしました。
(インストラクター用の更衣室です)

確かに大きいんです。
普通の子の倍ぐらいありそう。
その後でした、問題は。
男の子のちんちんが大きくなり始めたんです。

(やだこのこったら、私の裸に興奮してるの?小学生よ)

私は思いました。
口にはだしてませんが。
男の子は自分のものが大きくなったのに気付き手で隠しました。

「隠したら見れないよ」
「いや」
「隠さなくてもいいのよ」

私は手をどけました。
信じられない光景でした。
大きいのにも限度があるわって思いました。
その子は6年生なんですが、立った状態は主人のよりもふたまわりぐらい大きいんです。
15~16cmはありました。
小さな体に不釣合いな長大、極太でした。
私はつい、そのちんちんを握っていました。

「大きいわね。男の子はね。大きいほうがいいのよ。みんなひがんでるのよ」

大人しい子でそういう感覚はないみたいです。

「でもどうしてこんなに大きくなっちゃったの?」
「先生のおっぱい見たらなっちゃったの」
「そうなの?」

(もっとじっくり見てみたい)

そう思いました。

「先生ね、お話があるから先生の家にこない?お菓子とかあるよ」

男の子はついてきました。
そして・・・。

「もう一度先生に見せて」
「えーっ」
「先生も見せてあげるから」

子供なのに女の裸に興味はあるようでした。
戸惑いながらも裸になりました。
そして私も脱ぐとまた大きくなりました。

(すごい大きい)

「ねえ、さわりっこしよ」

私は男の子のちんちん。
男の子は私のおっぱいをさわりました。

「大きい。先生大きいの好きよ。皆にいってやりなさい。みんなはまだ子供だから小さいんだって。君はみんなより大人なの。だからみんなより早く大きくなったのよ」

男の子はだんだん心を開いてきました。

興味本位だった私は魔が差してしまいました。
私は男の子のちんちんを咥えました。

(大人と変わらない。こんなに大きくなるの?この年で)

そう思いました。

私はスカートも脱いでました。
そして・・・。

「先生がいいことしてあげる」と言って男の子のちんちんの上に跨がりました。

そしてそれを私の中に納めました。

「先生何してるの?」
「いいことよ」

私は腰を上下にふりました。

(あ、ナニは一人前だわ)

そう思ってたら。

「先生、僕変な気持ち」
「えっ?」

私は慌てて離れると、勢いよく白い液が飛び出しました。
もう始まってるんだと思いました。
焦った私ですが、私のあそこから白い液が垂れてきました。
1発目が体内に射精されたみたいです。
私は慌ててお風呂場に行きました。
でも2発目、3発目を見た限りでは1発目は相当出たかもしれないです。
私は不安になりながらも、「どうだった」と聞くと、「気持ちよかった」って言ってました。

その日はそれで帰らせました。

その次のとき、男の子は・・・。

「みんなに言ってやったよ。みんな何も言わなくなったよ」
「みんな自分たちのが小さいから何もいえないのよ」

男の子は明るくなりました。

問題は、またセックスをしたいと言うようになったことです。
よっぽど良かったみたいです。
自分で射精したことがないらしく、私がしてあげないと射精出来ないみたいです。
私はこんなこといけないと思うのでうまく断ってます。
自分でするのを教えてあげたほうがいのかなと。

でもあの大きなモノにも魅かれている私です。
私、もともと小さい子が好きな反面、大きなちんちんにもすごく興味があるんです。
・・・っていうか、憧れるんです。

タイトルとURLをコピーしました