綺麗な叔母のアソコは毛むくじゃら

この体験談は約 6 分で読めます。

今から、だいぶ昔のことをお話しします。
私が小学校5年生の時に受けた、叔母との経験です。

その当時、叔母は、田中美佐子似の綺麗な人で、子供ながらに綺麗な人だなと思っていました。
その当時、確か25歳くらいだったと思います。
ただ小学校5年生ですから、特に異性に対する気持ちなどはなく、単に叔母と甥の関係でしかありませんでした。

母親とは小6まで結局風呂に入っていましたので、小5の時点では、叔母とお風呂に入るのは抵抗はありませんでした。
むしろ母親と妹と体がどのように違うのか、非常に興味を持っていたのを覚えています。

叔母と一緒にお風呂に入ったのは、家族で親戚の家に遊びに行ったことがきっかけです。
なぜかその時に叔母が母親に、「あきちゃんをお風呂に入れてあげるよ」と言って、母親も、「助かるからお願い」というやり取りがありました。

私が先にお風呂に入っていると、何も隠さない叔母が入ってきました。
母親と同じくあそこに毛が生えていたので、大人は同じなんだなーと妙に感心してしまいました。
その後、叔母が、「体を洗ってあげるよ」と言ってくれたのでお願いしました。

しばらくすると叔母が、「あきちゃんのちんちん見せて」と言いました。

そして、「あきちゃんはまだ子供だね」と言いました。

「どうして?」と聞くと、「皮被りだから」と言われました。

そしたら叔母さんが、「みんなに内緒にしてくれたら、叔母さんが大人にしてあげる」と言い、私はお願いしました。

叔母がゆっくりと皮を剥いていきながら、「痛いかもしれないけど我慢してね」と言いました。
確かに、かなり痛かったような気がします。
その後、先っぽが出てきましたが、まだ表面が赤っぽく、白い汚れがかなり付いていました。
それを石鹸水で叔母が手で洗い流そうとした時、激痛が走り、思わず「痛い!」と言ってしまいました。

「ごめんごめん」と言いながら、お湯を掛けて石鹸水だけ落としました。

お湯を掛けられるだけでも、腰を引いてしまうぐらいの刺激でしたが、その後、「仕方ないなー」と言いながら、突然口でおちんちんを咥えられ、舌で汚れを舐め落とされました。
ホントびっくりして、その時は叔母が怖く感じがしましたが、大人になる為だと自分に言い聞かせ、我慢しました。
その時は、気持ちがいいとかは全く無く、ただ少し痛だけでした。
しばらくその状態が続きましたが、舐めながら叔母が、「すぐには大人になれないね」と言い、「なるべく毎日家に来て」と言われました。
叔母はその当時、花嫁修業中で、家に毎日いるとのことでした。
ちょっと怖かったけど、「いいよ」と言いました。
その日は、お風呂から出て家族で親戚の家でみんなでご飯を食べて家に帰りました。

次の日から、私は叔母の家に学校帰りに立ち寄りました。
叔母の部屋はちょうど離れになっていて、誰が来ているかは他の親戚の家の人にはわからない状態でした。
まして商店を経営していたこともあって、みんなお店に出て行っているので、昼間は叔母一人でした。

叔母に会うと早速、「始めようか?」と言われ、全部服を脱ぐように言われました。
私が、お風呂でもないところで裸になるのは恥ずかしいと言うと、「しょうがないね~、お姉ちゃんも裸になれば恥ずかしくない?」と叔母は笑いました。
私がどっちでもいいと言うと、「まったく~」と言いながら少し怒った様子で、扉に鍵を掛けに行きました。

その後、服を脱ぎ始め全裸になり、すでに裸の私の前に座ると、昨日と同じようにちんちんの皮を剥き、なぜかウチワで扇ぎ始めました。

「何するの?」と聞くと、「表面が少し湿っているから」と言って、仰向けになるように指示されました。

不思議に思っていると、扇ぐのをやめた叔母が湿ったガーゼを持ってきました。
そして、ちんちんの表面を軽く撫でました。
その時は痛いような気持ちがいいような不思議な感じでした。

しばらくそれを続けられて、叔母に「ちんちんが大きくなってきたね」と言われました。

初めて自分が勃起状態になっていることに気が付きました。
それに気が付くと私は、「やっぱりやめようよ」と言ってしまいました。
そしたら、「これこそが大人になる為だから」と叔母は言い、撲はそうなんだと思いながら、少しの痛みと気持ちよさの中で我慢してました。
しばらくして叔母は、「今日は終わりにしましょう」と服を着始め、「また明日も来なよ」と言われました。
しばらくそんな感じで学校帰りに1時間ぐらい、叔母のところに寄っていました。

2週間ぐらい経った頃だと思いますが、叔母がちんちんを手で触ってきた時がありました。
その時は痛みがほとんどなくなったような感じでした。

「そろそろかな?」と叔母が言いました。

「今まではガーゼだったけど、今度は手でするからね」と、裸で仰向けの私に言ってきました。

叔母もいつも裸でしたが、股間が毛で隠れていて、妹のように割れ目が確認できませんでした。
手で触られ始め、気持ちよさが先行し早くも勃起状態になると、急に叔母が速く擦り始めました。

初めての感覚にびっくりして、「お姉ちゃんやめて、変な感じ」と言いましたが、「それでいいのよ」と言いながら、叔母は手を動かしていました。

その後、言葉にならない声が自然と出てきて、叔母に口を手で塞がれました。
そしたら、なんだか空中に浮いていく感じがしたと思ったら、体が急にピーンと伸びてすごい快感が襲ってきました。
精通はしていない時なので射精感はなく、ただ気持ちいいだけで体がピクピクしました。

「どうしたの?イッた?」

叔母はそう聞きましたが、言葉の意味がわからず、「わからない」と答えました。

すると叔母は再度激しく上下に擦り始め、また快感に体を反応させていました。
叔母は手を止め、「わかった・・・、子供だから出ないんだ」と言いました。
すると僕のちんちんを手に掴んだままで、毛の生えている叔母の股間に宛てがい、ぬるっとした感覚で、叔母のあそこに入りました。
ふ~とため息混じりに「合格だね」と言われ、何のことかわからないけど、とにかくちんちんが温かく、なんとも言えない気持ちよさでした。

叔母は騎乗位で腰を動かし始めました。
すごく気持ちよくなり、またすごい快感に襲われましたが、叔母は上で腰を振りながら少し「あん、あん」と言っていたような気がしました。
ただ、手で擦るのとは違いなかなかやめてくれず、怖くなり、死ぬかもしれないと思いながらも快感で声が出ず、なんとか首を横に振ってやめて欲しいことを訴えました。

「まだまだ、私を気持ちよくさせて」

叔母がそう言ったのを鮮明に覚えています。
その後、私はいつの間にか気絶してたみたいで、気が付いた時には叔母は服を着て、お茶を飲んでいました。
僕もいつの間にか服を着せられていました。

「気持ちよかったでしょう?でもまだまだ子供だね。大人は途中で眠らずに我慢するんだよ」

「でも辛かった?」と聞かれた時に涙が出てきました。

本当にびっくりで、あの時の叔母が怖かったのです。
そのまま走って家に帰ってしまいましたが、寝る時に初めてオナニーをしてしまいました。
やはり快感が忘れられずにいたようです。

それから1週間後、私は叔母の家の玄関の前に立っていました。
やはり快感が忘れられずにいました。
叔母は快く迎えてくれましたが、普通に話をしてお茶を飲むだけでした。
僕は勇気を出して、「またしたい」と言いました。

「何が?」と叔母は意地悪そうな顔で笑いながら言った後、玄関の鍵を締めました。

「私の言うことを聞いてくれたらね」と言われ、「何でも言うことを聞く」と私が言うと、叔母はパンティーを脱ぎ、スカートをたくし上げ、「お姉ちゃんのここ、いっぱい舐めてくれたらしてあげる」と言いました。
正直、おしっこやうんちの出るところで、まして毛が生えていて嫌でしたが、あの快感が忘れられずにOKしました。
すると叔母は足を広げ、両手であそこを広げて見せてくれました。

初めて見る女性のあそこを見てびっくりしました。
妹のような割れ目はあるけど、割れ目を広げると真っ赤で、なんだか気持ち悪いと思いました。

「さあ、早く」と言われ、気が進みませんでしたが恐る恐る顔を近づけると、頭を手で股間に押し付けられました。
毛が鼻や口に入り、なんだ変な匂いに我慢できずに、「やめて!」と叫んでしまいました。
そしたら叔母は少し怒り気味に「ひどいね~」と言い、「でも望んだのはあきだからね」と言って私の体にのしかかってきました。

そして69状態になりました。
叔母にちんちんを舐めてもらうのはとても気持ちよかったのですが、毛むくじゃらのあそこを顔に押し付けて、「早く舐めて!」と言われたのには困りました。
結局舐められずにいると、「もう、いい」と言われ、勃起しているちんちんを無理やりあそこに入れ、腰を激しく振ってきました。

また、あの快感です。
凄すぎて苦しいけど、待ち侘びた快感です。
結局私は、また失神したようで、ほとんど覚えてません。
気が付くと叔母はすでに着替えており、「もう来なくていいからね」と言われ、帰りました。

叔母とはその後、正月などで年に数回会いますが、当然今も誰にも話していません。
もう大人になったので叔母を満足させてあげられると思いますが、どうしても毛深いあそこは苦手になり、今まで付き合った女性には、全員パイパンにさせてもらっています。
叔母との経験を話すと、みんな同情してくれ、毛を剃ってくれます。