僕の大好きなマイコ 2

この体験談は約 5 分で読めます。

昨日マイコが尋ねてくるのを朝から楽しみに待っていました。

朝からソワソワしながら家の中をウロウロしてしまった。
シーツの上に、大きなバスタオルを敷いてみたり、前にホテルで仕入れたローションを探したり・・・。

昼になってもまだ現れない。

14時を過ぎた頃、マイコに電話を掛けてみたが電源が入っていないらしい。
15時・・・電源が・・・16時・・・17時・・・。

結局この日はマイコは現れなかった。

何かあったのか?親にでもバレタのか?・・・。
朝のルンルン気分が一転して奈落の底に落とされた気分だ。

20時・・・電話が鳴った。
マイコからだった。

「どうした?何かあったの?」

電話の向こうでマイコが泣いていた。
話を聞くと、別れた父親が尋ねてきて、母親と揉めて、父親が母親を階段から突き落としてしまい、警察沙汰になってしまったそうだ。

警察で取調べを受け、母親の病院に付き添っていたらしい。
おまけに、複雑な話になり夏休みの間祖母の家に預けられるかもとの事で、マイコはとっさに友達がお兄ちゃんと二人暮しをしていて、その友達が家にしばらく泊まって良いよと言ってくれているからと嘘をついてしまったらしい。
俺に会いたくて気転を利かせて、実際に地方から出てきて兄の家に同居している友達が居るので直ぐに連絡を取り、俺のことを話したらしい。
彼氏の所なら良いんじゃない?との事で口裏を合わせてくれるそうだ。
そこで、今からその友達と一緒に病院に来てほしいと言う。

俺は、それはかなりまずいのでは?と言うが、母親は膝と足首を骨折し一ヶ月くらいは退院出来ないらしい。
その間、俺はマイコと二人きりで生活する事になる。
考えただけでもたまらなくなり、いそいそと病院に向かった。

メールするとマイコが駐車場に現れた。
車の中で、マイコの友人を待つことにした。
時間も時間なので、駐車場には人気が殆ど無いので、マイコと後ろのシートに腰掛て、肩を抱き寄せながら抱き締めた。
そのままキスをしながらスカートの中に手を這わせていくと、マイコが俺の手首をギュッと掴み、「ここじゃ嫌!」と言って拒んだ。
今夜はお母さんに付き添って泊まるし、明日の夜にはお兄ちゃんの家に行けるからそれまで我慢して欲しいと言われた。

すぐにマイコの友達が現れた。
名前はユキ、賞学性みたいに小さくて、かなり幼い顔をしている。
幼いロリ加減にちょっとムラッとしてしまった。

色々口裏を合わせ、病室に行き、母親に挨拶をした。
わざとにユキと手を繋いだり肩に手を回しながら、仲の良い兄弟を演じた。
マイコに、明日はユキが御飯当番だから楽しみにしていてねなどと、適当に母親を安心させるような会話をし、病室を出た。

外に出ても、ユキは手を握ったままだった。

「今日はありがとね。お家は何処?送っていくよ」
「いえ・・・あのぉ、お兄さんの家に泊めてもらえませんか?」
「エッ!」
「マイコが大変だから今夜は泊まるって言って来たんです」
「いやぁ~、でもまずくない?」
「マイコから色々聞いています。それに・・・」
「色々って?それに・・・何?」
「さっき車の中でキスしてたの見ちゃったんです」
「ははは・・・見られちゃったの?ユキちゃんはキスしたことある?」
「ハイ、少しだけ」
「へえ~、じゃあエッチは?」
「あります・・・でも同級生としたけど、年上の人の方が気持ち良いって皆が言うから」
「じゃあ、試してみる?」
「泊まっても良いんですか?」
「マイコには内緒だよ」
「大丈夫です!絶対に言いません!」

俺はそのままユキを乗せて、家まで車を走らせた。
家に着くと、風呂の準備をし、ユキの隣に座りキスをした。
服を脱がし、ソファーの上で足をM字にして座らせた。
いきなり割れ目に吸い付き、舌を這わせると、足を閉じようとして俺の顔を締め付けてきた。
息を荒くし、腰が自然と動き出す。
匂いを嗅いでみたら少し石鹸の匂いがした。
シャワーを浴びてきたらしい。

俺は、ユキの割れ目を両手で思いっきり開いて奥まで観察した。
入り口はイソギンチャクのように処女膜が捲れ上がっている。
中はピンクで、肉壁がザラザラしている感じで奥までしっかり広がっていた。
舌をねじ込みながら、たっぷり味わいクリに吸い付いた。
舌先を勢い良く震わせると、ユキは足をガクガクさせて小さな喘ぎ声を上げ始めた。
身体が自然と逃げようとするが、しっかりと押さえつけて舐め続けた。
息が荒くなり、喘ぎ声が更に大きくなり、震えが一瞬止まった瞬間、ガクッと崩れ落ちるように力が抜けた。
ユキの顔を見上げると紅潮しながらあごを上向きにし、口元から息が漏れ、その姿は大人の喘ぎ顔よりはるかに美しく輝いていた。

「こんなに気持ち良いのは初めてだよ。気持ち良くて、苦しくて、訳が解からなくなっちゃった」
「言う事をちゃんと聞いてくれたら、今よりもっともっと感じるようにしてあげるよ」
「えぇ~~今ので充分だよ~、もっと気持ち良くなるって、どんなのかなあ」
「今度はお風呂場で大人と同じことして遊ぼうよ」

一緒に風呂に入り、その間もずっとクリを責めまくった。
一度目より早く昇り詰めるようになった。
イカせる感覚をだんだん早くしていき、身体に記憶させていく。
シャワーを使い、下からクリを捲ってシャワーを集中的に当てながら刺激した。
面白いように反応する。

それから身体を洗い合い、ユキの舌先だけで身体の隅々まで奉仕させた。
アナルに指を入れさせ、前立腺マッサージをさせながらFさせた。
頭をしっかりと押さえつけ、激しく腰を振りながら一気に放出させた。
同時に鼻をつまみ喉の奥に流し込み、全てを飲み干させた。

ベッドに入ると俺はゆっくりとユキの身体に舌を這わせた。
既に敏感になっている体をくねらせ、太ももの間に顔を埋める頃には、自分から俺の髪を鷲掴みにして腰を押し付けてくるまでになっていた。

お互いに舌を這わせ合い、ユキが昇り詰めてきたところで一気に、ねじ込んだ。
激しく突き上げていくとユキが次第に息を荒くし始めた。

身体の隙間から手を潜り込ませ、クリを刺激しながら腰を振り続けた。
ユキがたまらずに必死にしがみ付いてくる。
すぐに体中に力が入り、穴の中が収縮してきた。
激しく喘ぎながらガクッと力が抜けて崩れ落ちていった。

同時に俺もたまらずにユキの奥で果てた。

愛液まみれのモノを口で綺麗にするように命じると、ユキは舌先で丁寧に舐め、命じてもいないのに、玉やアナルにまで舌を這わせてくれた。
その後、騎乗位を教えると、自分でクリを刺激し、器用に腰を絡めながら、続けて3度もイクようになり、肉壁も絡みつくように動き出すようになった。

たっぷりと堪能して、深い眠りに就いた。

タイトルとURLをコピーしました