男女10人に開発された中学生の私・第2話

この体験談は約 8 分で読めます。

翌日、また体育倉庫に呼び出された。
が、その日は行かなかった。
翌々日、帰りに捕まって、「昨日来なかったな。覚悟しろよ」とAに言われ、連れて行かれたのは、誰かの自宅の音楽スタジオになってる地下室だった。
今日は男Aも含めて、男女10人そこらいる。

「脱ぎなよ」と女に言われる。

もじもじしていると、「脱がされたいの?」と、セーラーの脇のチャックに手をかけられる。

「いやだ!」と言うと取り押さえられてあちこち外されて、あっという間に全裸にされた。
男達は歓声をあげる。

こういう時は、女の方が気が大きく残酷。
ソファにドンッと押され腰掛けると、後ろから頭の上で手を捕られる。

「そのままおっぱい揉んで!」

男からリクエストがかかると、十人近くもの視線に晒されながら女に胸を揉みしだかれる。
乳首をキュッと摘まれ、「アッ」と小さく声が漏れると、歓声があがる。

「M字開脚!」

男から次のリクエストがかかる。
ソファの上に脚を持ち上げられ、押さえつけられる。

「もうやだ!もうやだ!」と叫ぶ私にお構いなしに、私のオマンコに男がしゃぶりつく。
こんな状況下でも気持ちいいと感じてしまったら、すぐに濡れてきた。

男「お、濡れてきた!」

女「やっぱこいつ淫乱なんじゃん?(笑)」

女「今日も気持ち良くしてあげるからねー(笑)」

男「面白エロビデオ撮ろうぜ」

ビデオを固定して、「誰の舌テクに一番いい声出したか後で検証!女らもな!一人一分!」と、みんなで笑う。

次々に私の開かれた脚の前に座り、みんながオマンコを舐め出した。
途中で脚を押さえてるのが面倒という理由で、家主がビニールの括り紐を持ってきて、器用に私の脚が閉じないように、手で覆わない様に縛った。
気持ちよくて、私は恥ずかしくて、嫌だと思いながらも喘ぎ声が止まらなかった。

一通り舐められ終わり、私のオマンコは唾液と私から出た液体でビショビショだった。
男がカメラを手に持ち近付き、「『私の恥ずかしいオマンコを見てください』って言って!」と言う。
無視したら女に頭をはたかれ、乳首をギュッとつねられた。
私は諦めて、「私の恥ずかしいオマンコを見てください」と言った。
男たちからは「おーたまんねー」と、女達はげらげらと笑い声が響く。

そのままの格好で、男に入れられる。
悔しいのに気持ちがいい。
声が漏れる。
男が出し入れをする中・・・。

男「おいA、言ってたヤツ持ってきたのかよ?」

A「じゃーん!」

手にこないだの卑猥な玩具を持ってみんなに見せびらかした。
男が果て、すかさずAが私を玩具で攻める。
クリトリスを攻められながら、男が指を入れる。

「おー!キュッキュッて締まってる」と言って指を動かすと、すぐに私が果てた。

「っはぁ・・・だめ、っああ!・・・クリトリス、きもち、だめ、っはぁ、っっ・・・い、んっ・・・イクっ、イクっっ!!」

そのすぐ後に男が入ってくるので、今度は中が激しく感じて、男が果てる前にまたイッてしまった。

「おー!すげぇ!我慢できねーよ」と男も果てる。

脚の紐がほどかれ、家主がソファーを倒してベッドにすると、またすぐに今度は後ろから入れられた。
そして前に男が立ちはだかり、口の中にあそこを入れてきた。
生まれて初めてのフェラ。
息苦しくてガッと口を開けると歯が当たったらしく、「歯を当てるなよ!」と言われる。
前と後ろで激しく動かれながら、私がイキそうになると、中に入ってる男が先に果てた。
そしてすぐ後に口に入れてた男が私の口の中で果てた。

「うえーっ」と吐き出す。

うつ伏せのままぐったりとしていると、「俺、ネットで買った媚薬使ってみたいんだけど」と言うのが聞こえた。

気持ち良さと疲労で逆らう気にもなれない。
仰向けにされ、乳首に何かザラザラした軟膏みたいなのを塗りこまれる。
散々の行為で、それすら感じてしまう。
みんなが黙って見守る。
すぐに乳首がジンジンと熱くなってきた。
悟られぬよう努める。
脚を開かれ、クリトリスにも塗られる。
感じてしまう。
すぐにこちらもジンジンと熱くなってきた。
悟られぬよう努める。

得も言われぬ感覚に、疼くと言うのか、息が荒くなってきて、その時Aがマッサージ機のスイッチを入れ、私のクリトリスに当てた。
だらしなく口を開け感じてしまう。
そして男がオマンコの中にもそれを塗ってきた。
塗りながら、「うわー、どんどん濡れてくる!」とみんなに告げる。
お尻の穴にも塗られた。
マッサージ機の快感にいやらしい声が止まらない中、男がそのまま入れてきた。
どっちも気持ちよすぎて私は叫び声の様な声を発する。
マッサージ機の方でイクと、男もすぐにイッてしまった。

「なんかヒリヒリする」と男が言う。

私は興奮が冷めなくて悶える。
次の男が入ってきた。
入れられてすぐにイッてしまった。

「もっとやっちゃいなよ」と女が囃し立てる。

男が私のオマンコに指を入れ、激しく感じる場所を刺激する。
そこに女がローターでクリトリスを攻める。

「いやぁ、クリがやらしいっ!おまんこイッちゃう、いっぱいイッちゃうっ!」

あまりの刺激に私はお漏らしをしてしまった。

「おー!潮じゃね?」と歓声があがる。

女の誰かが、「あんた、あちこちで漏らしまくりじゃん。最低!」と笑う。

女が私のお尻の穴にローターを押しつけてきた。
お尻に異物感を覚え、体を引くと、前から肩を女に押さえられる。

「やだー!」と久々に抵抗する。

グッと押しつけられるけど、当然お尻の穴には入らない。
家主が興奮しながら、「なんかクリームみたいなの探してくる!」と言って出て行った。

(ホントにお尻に入れるつもり!?)

不安に思っていると、また、ローターや手で、おまんこを攻められる。
ちょっとヒリヒリとしてきてた。
上から男のモノが口に入ってきたり、お腹に跨がられて胸に男のモノを挟まれたりする。
私はまた声が出る。

そんな中、家主が、「いいのがあった!」と戻ってきた。
家主が手に持っていたのはワセリンだった。

「お前、やる気十分だな」とみんなが笑う。

四つん這いにされて、何人かに押さえ付けられ、塗られ、男にお尻に指を一本入れられた。
なんとも言えぬ感触で気持ち悪い。
指をグリグリ動かされた。
指を引き抜かれ、うんちがついてないか確認される。

「AVと違って出てこないんだな」と興味津々に話す。

私は格別お通じがいいせいだと思う。
指が二本入れられ、「痛い!」と叫んだけど、無視された。
どんどんワセリンを塗られて、二本の指をグリグリ動かされる。
奥の方まで入れられる。

「やだー!やだー!」と叫んでいると、「まーまー!気持ち良くしてあげるから!」と言って、もう一つのローターをオマンコに入れられ、マッサージ機をクリトリスに当てられた。

お尻では嫌悪を感じてるのに、気持ちいい声が出てしまう。

そのうちに、お尻の中で異変が起きた。
おまんこの中で小刻みに震えるモノと、皮膚を隔てたお尻の指が密接した時、お尻の中が気持ち良く感じる。
気持ちいいのを悟られないようにしようという気力すらなくなるくらい気持ち良く感じてきて、私はイッてしまいました。

「あんっ!ダメッ!またイッちゃう!あっ!あっ!イクッ!イッちゃう~あ~!」

果てて倒れ込むとお尻から指が抜けた。
指にはちょっとうんちがついてきたみたいで、「やっぱうんこついてきたー、きったねー」と叫ばれ、女から「こいつ、漏らしまくりでウケるんだけどー」と辱めを受ける。

「けつに入るかなー!」と誰かが言う。

「まずはローターだな!」と、またワセリンをいっぱい塗られてローターをグイッと押し込まれた。

こそばゆいというか、背筋がザワッとする感触が気持ちいい気がする。
指と違って出し入れできるものではないので、お尻からローターの紐だけが出ている。
仰向けにされ、あそこに指を入れられ、動かされると、やっぱりお尻が気持ちいいのだと再確認してしまった。
我慢できなくて声を上げる私。

「おー!指が締めつけられる!電マも当ててみ!」

クリトリスにマッサージ機を当てられる。
あまりの快感に私はまた漏らしながらイッてしまった。
今にも口からよだれを垂らしかねない私のオマンコに、すぐに男が入ってくる。
痺れながらも、指より太いアレが入ってきて、お尻もすごく気持ちいい。

「ケツのローターが震えてんのと、すっげー締めつけで、動かさなくてもいきそう!」

男はホントにすぐ果てた。
別の男がすぐに入ってきて、私を乗せて仰向けに寝ると、お尻のローターが引き抜かれた。
おまんこに入ってる男は動かず、お尻に指を出し入れされると、私はお尻の刺激に声を出してしまう。

「お前、ケツで感じてるんだな?」と言われ、答えずにいると、おまんこに入ってる男に、「正直に言わないと、中出しするよ?」と言われ、私はうっかり、「気持ちいいです」と答えてしまった。

この時はまだ、中出しするといつでも妊娠するのだと思ってました。
みんながげらげら笑う。

男がお尻に指を出し入れしながら、せっせとワセリンを塗る。
おまんこに入っていた男が「イク!」と言って素早く私をどけると、後ろから腰をしっかり掴まれ、男が私のお尻に入れようとした。
なかなか入らない。
私は黙ったままでいる。
なんとかお尻に入ってたけど、痛がってすぐに引き抜かれた。
「今度色々買ってからまたやろうぜ!」と誰かが言った。
男たちが談笑していると、女が私のオマンコに指を入れたり、マッサージ機を入れたりして、さらに私を何度もイカせた。

何日か経った土曜日の夕方、またAの家に呼び出された。
中間テスト週間だった。
Aに言われて親に「今日はA先輩の家に泊まる」と電話を入れさせられ、親と偽った恐い兄が丁寧に親にあいさつをした。
Aの両親は留守。
恐い兄は当然、家には留まらない。
今日は男達はいない。

当然のように裸にされる。
Aは、恐い兄に頼んで怪しいモノをいっぱい仕入れたと言って、でっかい袋を出した。
女達もやらしい事に関心が尽きないようで(実験台みたいな)楽しそうにしてる。

女が私の両乳首をローターで攻める。
私の体は意志以上に開発されたのか、行為を拒まなかった。
しばらく両乳首を攻められたところで、濡れたかどうかを確認されたりした。
濡れたのを確認し、笑い声が上がると、Aがクリトリスを舐めてきた。
びっくりするほど気持ちよくて、声を上げてしまう私。

「なんかエロいねー」と、女たちがはしゃぐ。

そして、ディルドとかいうブヨブヨした男のアレみたいなので攻められ、マッサージ機をクリトリスに当てられて感じていると、Bがパンツを脱いで、「舐めて!」と、私の顔に跨がってきた。

(舐めろって言われたって・・・)と心の中で思う。

周りにいた女が、「舐めなよ」と言って、髪を引っ張る。
目を瞑り、ペロペロと舐めてみた。
変な味がする。

「気持ちよくする気あんの?」

私の顔の上の女が怒る。

(あるわけがない)

私のオマンコに入ってるディルドの動きが激しくなり、私はイッてしまった。
入れたままうつ伏せならされ、私の顔の上の女を前から舐めさせられる。

「あぅっ、気持ちいい」と女が言う。

「イクまで舐めな。途中でやめるとひどいことするよ!」とAが言い、私は必死で舐めた。

懸命に舐めても、なかなかイカない。

「もういいよ!下手くそ」と、女は私を突き飛ばした。

「途中でやめたから罰だね!オナニーしなよ!」

躊躇してるとお腹を蹴られた。
仕方なく、私はクリトリスに手を伸ばす。

「ちょっと待って!」と止める声がかかった。

(助かった?)と思っていたら、前に地下で塗られた媚薬を、乳首、クリトリス、オマンコ、そしてお尻にも塗られた。

すぐにまたジンジンしてきて、体がもじもじしてしまった。
気づかれた様で「ビデオ回そ!」と録画を始めた。
女が微弱のローターを焦らすように私のクリトリスに当てては離し、を繰り返した。
たまらず私はクリトリスを押さえて我慢した。

そこへ、「これ飲みな!」と錠剤とペットボトルを渡してきた。

躊躇してると、「あたし達も飲むから!」と飲んだのを見て、不安ながらも飲んだ。

少し経って、くらーっと来て、まったりとした感覚に襲われた。
押さえているオマンコがもっとジンジンしてきて、触りたかった。

「クリ、触ってないのにっ、はぁっ・・・気持ち、っああきもち、っああ、はううっ!だ、だめぇっ!おまんこ、おまんこが溶けちゃうっ!ひいっ!あうっ!イッちゃう、おまんこ気持ちいいっ!イッちゃうぅ!いっくぅっ!!」

この後のことは、実際にはあまり覚えていません。
たぶん記憶を失くすくらいの強烈な快感で、失神していたようです。

<続く>