私を犯すペニスに泣きながら避妊具を装着した彼氏

この体験談は約 6 分で読めます。

私は20歳のOLで、名前を恵美と言います。
高校時代から付き合っていた彼氏がいて、健二と言うのですが、健二は仕事に就かず、フリーター生活をもう2年もしていることが私の悩みでした。

ある日、健二からアパートに遊びに来るようにメールがあったので、金曜の晩だったので、そのまま会社から健二のアパートに向かいました。
私は、てっきりアパートには健二だけかと思っていたのですが、行くと健二の他に男の人が3人いました。
私は、「忙しいんだったら帰ろうか?」と健二に聞いたのですが、「かまわないから入って」と言われました。

少し迷いましたが中に入ってしまいました。
と言うのも、健二と一緒にいた男の人がとてもガラの悪そうな人達だったからです。
その内の1人に見覚えがありました。
確か健二が今行っているバイト先の先輩で、以前健二が、「短気で気性の荒い人だ」と言っていたのを思い出したからです。

部屋に入ると、お酒とかお摘みとかが沢山用意されていて、健二達は少し先に飲み始めていたようでした。

「おっ、来た来た。健二の彼女、やっぱり可愛いよなぁ~。前に一度会ったよね。俺のこと覚えてる?」

「確か・・・小林さん、でしたよね?」

「嬉しいなぁ~。名前まで覚えてくれていたんだ!とりあえずビールからでいい?」

そう言って、私の返事など待たずに缶ビールの栓を開けて渡してきました。
私もお酒は嫌いな方ではなかったのと、金曜日の夜ということもあり、素直に受け取って飲み始めました。
話しだしてみると、見た目は怖い3人でしたが、話が上手でとても面白い人達でした。
気がつけば私はかなりのペースでお酒を飲んでいました。
なぜかいつになく健二も私にお酒を勧めてきました。

私が健二のアパートに着いて1時間ほどした頃でしょうか。
健二が、「王様ゲームをしよう」と言い出したのです。
私は耳を疑いました。

(この状況で?)

でも、私が意見を言う前に他の男の人達は割り箸でゲームの準備を始めてしまってます。

健二「いいじゃん、恵美。面白くなければやめればいいじゃん?とりあえず小林さんも用意してくれたし、やってみようぜ」

嫌々ながらも私はゲームに参加することになりました。
小林さん達は、「そうこなくっちゃ!」とニヤニヤと笑っていました。

「王様だーれだっ!?」

何度かゲームの中で、男の人同士が体をくすぐりあったり、お酒をイッキさせられたりしていました。
私も1度イッキしました。
そして、やはりというか、王様の命令は予想通りの方向に向かっていきました。

小林さんが王様の時、「2番が王様とキス!!」と言い出しました。

2番の番号の割り箸を持っているのは私でした。
男の人達からは歓声があがりました。
私は思わず健二の方を見ましたが、健二は「まぁ、・・・仕方ないかっ?」とだけ言いました。
結局、小林さんとキスをさせられました。
小林さんは強引に舌を入れてきましたが、それは拒否しました。
健二以外の人とはキスをしたことがなかったのですが、その事よりも私には、さっきの健二の言葉の方がショックでした。

私はもう帰りたいと言ったのですが、全然話を聞いてもらえませんでした。
それどころか、これ以降、王様は必ずと言っていいほど私を指名してきました。
胸を触られ、スカートの中を皆に見られました。
その間、一度も健二は私を助けてはくれませんでした。

そして、とうとう私は王様のおちんちんを舐めることになりました。
私はその場に泣き崩れてしまいました。

私「どうして、どうして助けてくれないのよ、健二・・・もうこの人達に帰ってもらってよ」

すると小林さんはニヤニヤとしながら・・・。

小林「それは無理だなぁ。恵美ちゃん、健二はよぉ、俺達に大きな借金があるんだよ。3ヶ月ほど前から麻雀の負けが立て込んでてさ、俺達に50万円の借りがあるのさ。そんな大金、フリーターの健二に返せるわけがねぇから、彼女の恵美ちゃんの体で払ってもらうってことでもう話がついているんだ」

顔から血の気が引くのがわかりました。
健二の方を見ると、「・・・悪いな・・・」とだけ言いました。

小林の仲間「せっかく、このまま楽しくヤッてやろうと思ったのによぉ、どうすんだぁ?姉ちゃん、大人しく股開くのか?それとも痛い目に遭いながら結局ヤラれちまうのとどっちがいいんだ?あぁ?結局、姉ちゃんが俺達にヤラれちまうのには変わりがねぇんだ。痛い思いをするだけ損とは思はねぇか?」

健二「・・・恵美・・・頼むよ、言う通りに・・・してくれよ・・・」

私はこの時、もう小林達よりも健二の方が憎くおぞましく思えました。

最初の男はやはり小林でした。
健二と小林達との間で、コンドームは付けることだけ約束は取り交わされていたようでした。
私が小林のおちんちんをフェラチオしている間に、健二は近くのコンビニにコンドームを買いに行かされていました。

(いったい健二はどんな気持ちでコンドームを買いに行ったんだろう?)

私は他人事のように、小林のモノを口に含みながら思っていました。
やがて健二がコンドームの箱を5箱も買って戻って来ました。
コンドームを受け取った小林は、自分で付けるでもなく、私に付けさせるでもなく、なんと健二に付けるように命令しました。
健二は先程まで私が口に含んでいた小林のペニスを手に取り、コンドームを被せていきました。

(あぁ、今からこれが私の中に入ってくるんだ)

すでに私は自分自身を突き放したようにクールな心境でした。
正気の沙汰ではとてもいられないというか、現実をまともに見たら気が狂いそうだったんです。

(自分の彼氏が、これから私を犯すペニスに避妊具を装着している・・・)

周りで見ていた他の男達が健二をちゃかします。

「おいっ、健二、ちゃんと付けないと、お前の彼女、小林のガキを孕むことになるんだぜっ!!」

「なぁ、健二、小林の次は俺の番だから、俺にもちゃんと付けてくれるよな」

健二は目に涙を浮かべながら苦笑いをして、「う、うん、わ、わかってるよ・・・」と言いました。

小林は最初、正常位で挿入してきました。
気持ちとは裏腹に小林の愛撫でしっとりと濡れていた私のおまんこに、ヌルりと小林のペニスが入ってきました。
健二のより少し大きいくらい・・・。
彼氏以外のペニスが出し入れされても、私のおまんこは健二とする時と同じように愛液を垂れ流し、小林のペニスがよりスムーズに出し入れ出来るようになりました。

「はぁ・・・はぁっ・・・くんっ、はぁぁぁああ~~」

小林のペニスが出入りするたびに子宮の奥がビリビリと熱くなります。
声を抑えようと思っても、つい熱い吐息が漏れてしまうんです。
そんな私を見て・・・。

小林「どうだぁ、恵美、俺様のチンポの味はよぉ?健二なんか屁みたいなもんだろうが?」

その言葉を聞いた時、私は健二に当てつけるかのように叫びました。

私「あぁぁああん、いい、凄い、イイ、小林さんのすごいぃ・・・」

小林「へっへっ、そうだろうが、あんな根性無しじゃ、お前を満足させられねぇよなぁ?」

私「はぁあああぁああ~~、そう、そうよ、駄目っ・・・だめっ、健二なんかじゃ駄目ぇ!!小林さん、もっと、もっと私を突いて・・・あっ、んふぅ、そこ、そこがいい~!」

私は小林の首に手を回し、小林の顔を引き寄せて濃厚なディープキスをしながら、さらに両足を小林の腰に絡ませてより深い結合を求めました。
その光景を見ていた男の1人が・・・。

仲間「もう駄目だ、順番なんか待ってられねぇ、小林、上の口を使わせてもらうぞっ!!」

そう言って私にフェラを強要してきました。
男のペニスを咥えるために顔の向きを変えたとき、健二の顔が目に入りました。
健二は泣いていました。

私は健二に聞こえるように・・・。

私「あん、このおちんちんも健二のより大きいぃ、これも欲しい、これもちょうだい、お口にちょうだいっ・・・」

私は、おまんこでは小林を受け入れ、口ではまた別の男の物を頬張りました。
今までの健二とのセックスでは感じたことのない快感が体中を駆け巡ります。
体の全てがドロドロに溶けていくような、そんな感じがしました。
もう1人の男も私の胸にむしゃぶりつき、もう片方の胸を荒々しく揉みまくってきました。
少しして胸を攻めていた男とフェラチオをしていた男が入れ替わりました。

仲間「あぁ、凄ぇなこの女、自分からむしゃぶりついてきやがる」

私「うふぅ・・・あぁ・・・今度のも・・・美味しいぃ・・・、健二のより凄く美味しいぃ・・・あっ、ふぅうん、小林さんも素敵よ、もっと突いて、私のおまんこ、めちゃくちゃにしてぇ・・・」

小林「あぁああ、駄目だ、もうイッちまうっ!!くっ!!出すぞ恵美!!」

小林が叫びました。

私「あぁああん、出して、出して、私の中にいっぱい出してっ!!!」

ドクッドクッ!

小林が射精をしている感覚がおまんこの中に伝わります。
もちろんコンドームはしていますが、ビクッビクッと脈打つ小林のペニスから、大量の精子が出ていることが伝わってきました。

小林「おいっ、北口、待たせたなぁ、空いたぞ。健二、北口にもコンドーム付けてやれ」

健二は泣きながら、北口と呼ばれた男のペニスにコンドームを被せていました。
そして次のペニスが私の中に入ってきました・・・。

こうして男達は私を一晩中、犯し続けました。
そして翌朝になると健二に朝御飯を買いに行かせ、私は小林のペニスをおまんこに挿入された状態でパンを食べさせられました。

結局、土曜日の夜中に小林達は帰って行きました。
私は24時間以上、3人の男達に犯され続けたんです。
麻痺しておまんこの感覚がありません。
おまんこから3人のがブレンドされた精液がゴポッゴポと逆流してきました。

健二は疲れて眠っていました。
私は重い体を引きずりながら健二の側まで行き、健二のズボンとパンツを引き下ろして、ペニスをしゃぶりました。
健二は目を覚ましません。
でも健二の体は眠ていても反応を現し、勃起状態になりました。
私は健二の上に跨がり、小林達の精液でドロドロのおまんこで健二のペニスを咥えました。

ズチュッ、ズボッウ、ゴポッ、ゴボボォ・・・。

健二のペニスが出入りするたびに小林達の精液が私のおまんこから出てきました。
私は体も洗わずに自分の下着で体中の汚れを拭き、服を着て健二の部屋を後にしました。

タイトルとURLをコピーしました