大学OB男に美巨乳を揉まれながら手コキしてた彼女

この体験談は約 4 分で読めます。

彼女がカラオケで浮気したことを白状した。
実話だから大して話的には面白くないと思うけど、リアルに状況描写だけは語れると思うw
高校1年~大学時代に付き合ってた彼女の体験です。
彼女の名前は真由、俺はKとしといてくれ。

真由は身長165cmくらいで色白で結構美人な女の子だった。
巨乳好きの俺には最高のオッパイの持ち主。
E~Fカップ(痩せ具合で変動する)で、とにかくキレイな色・形をしてた。
まさに美巨乳って感じの。
K大だから頭も割りと良いし、面白い子だけど根は真面目。

彼女とは高校時代は同じ学校だったけど、大学が違ったので大学に入ってからは週1、2のペースで会ってエッチしてた。
まぁ本当に体を見てるだけでも気持ちいいんだけど、大学に入ってからは高校時代ちょっと硬めだった胸も柔らかくなって、さらに気持ちよかった記憶が残ってる。

が、ある日、エッチしてる最中に真由が、「Kってあんま胸舐めないよね?」と何気なくつぶやいた。
明らかに誰かと比べた発言だったので、かなり焦って、いや寝取られ願望があった俺は半分興奮して、「え?誰と比べてんだよ」としつこく問い詰めた。
真由はしばらくは、「いや、何となく(笑)」とか誤魔化してたんだけど、俺が激しく手マンしながら(真由はとにかく手マンが超好き)、「白状してみ。白状したら今回は許してやるから。で、誰に舐められたの!?」などと俺も心臓バクバクで訊いてると、真由もかなり喘ぎ声出して息も荒くなってきて、「本当?言っても別れるって言わない?」と聞いてきた。

「うん、許してやるから言ってごらん」と激しく手マンを続けると真由は、「やっぱ無理」と言って喘ぎ続ける。

「じゃあ」と俺は手マンをやめて彼女に1つ提案。

「浮気暴露大会をしよう」と。

俺が先に浮気を暴露して、その後に彼女も暴露して許し合おうと。

「えぇ??・・・わかった。じゃあKから」と微妙な表情で真由が言う。

裸でベッドに向かい合うように横になってエロトークモードに入る。
まあ俺も真由と違う大学行ってて合コンとかも行って2、3の浮気はしてたのでw
本当にやった浮気を暴露するか、話を作るか悩んだけど、面倒くさいので合コン行って女子大の子と一晩限りの関係を持ったことを正直に告白した。
真由はちょっと驚いた顔して黙って聞いてたんだが、「サイテー」とかゴニョゴニョ言い出したので、「はい、次、真由の番!」と無理やり話の方向を持っていった。

「言っても別れない?言っても嫌いにならない?」

何度も何度も真由が言うので指切りをして、絶対に嫌いにならないし別れないと約束した。
NTR属性の俺は内心、嫌いになるどころか興奮して愛情が増しそうな感じだったけどw
で、真由はちょっと早口気味に話し始めた。

真由はK大の商学部で3年なのでゼミに入ってたんだけど、OB・OGつまりそのゼミの卒業生らとの親睦会みたいのがあって、それに参加したそうな。
で、酒飲みながら色々ガヤガヤ話したりしてたら、あるOBの商社マン(Sとします)が結構真由のことを気に入ったらしく、隣に座ってきてかなり話が弾んだとのこと。
ちなみに真由にはそのゼミに景子というタメの友達がいるんだけど、こちらはCカップw
俺も何回か会ったことがあるこの子も結構可愛い子で、別のOBにかなり気に入られて、酒も入って話が盛り上がったそうだ。

で、真由、景子と彼女らを気に入ったOB男2人の計4人で飲み会の後、カラオケに行くことになった。
真由はカラオケ好きで、俺がカラオケ嫌いなので、いつも「カラオケ行こうよぉ」って腕引っ張ってくるけど俺は断ってた。
だから真由も弾けて歌いまくったらしい。
途中で景子とOB男が帰ると言い出したので、真由も帰ろうとしたんだけどSが、「もうちょっと歌ってこうよ。タクシー代出してあげるから」と引き留めてきた。
彼女も歌い足りなかったのでしばらく2人でカラオケを続けることにした。

ちょっと話が逸れるけど、景子について。
真由によると、景子にはタメの彼氏がいるんだけど、そのOBの家にその日以降何回か遊びに行って毎回ヤラれてたらしい。
タメの彼氏はエッチの相性がいまいちというか、やっぱ若いからあんま上手くないので、年上のOBとのエッチにはまってセフレ状態をしばらく続けてたとか。

で、真由とSは2人でしばらく歌ってたんだけど、梅雨明けくらいの結構蒸し暑い時期なので、キャミソールの上にカーディガンみたいな格好してた真由は暑くてしょうがなくなって、とりあえずカーディガンを脱いじゃった。
そうするとSが胸を見て興奮してきたらしく、歌っていると肩を抱かれたりだんだんエロい雰囲気になってきた。
彼女はヤバいと思って、Sが歌っている時はちょっと離れたりしてたんだけど、真由が歌っている時、ついにキャミの上からおっぱいをSが揉んできた。
真由は歌に集中していて何となく抵抗できずに、まいっかという感じで揉まれながらドリカムの歌を歌い続けてたらしいw

当然Sはスイッチが入っちゃって、ブラの中に手を突っ込んであの美巨乳な生乳を揉み出したんだけど、「凄い、凄い」を連発してたそうな。
Sは巨乳好きなのに、それまで巨乳と縁がなくて嬉しくてしょうがなかった模様。
真由が歌い終わって気づくと、ブラもいつの間にか外されてて、ディープキスしながら生乳を揉まれまくった。
まだこの時点では舐めはしなかったらしいが。

Sは調子に乗って、自分のファスナーを下ろしてパンツの上からあれを真由に握らせて、「フェラして」と言いやがった。
さすがに真由は俺に悪いしダメだと思ったらしく「それは無理」と断った。
そうするとSは、「じゃあ上半身だけ自由にさせて」と言うので彼女も了承w
そこからキャミソールも脱がされて、おっぱいを30分くらい舐めたり吸われたり弄ばれまくった。
何度も太ももに手を伸ばしてきたけど、それは絶対に拒んで、その日は帰ったとのこと。

彼女は『それ以来“2人では”会ってない』と言うが、今思うと絶対に怪しいと思ってますw
もう別れちゃって真相はわからんけど、景子と同じようにやられてたんちゃうんかと。
それを白状させてから3年くらい付き合ったけど、お互い就職して最後は何となく疎遠になって自然消滅で別れました。

終わり。

あ、胸舐められてる時、パンツの上からチンコは手コキでしごいてあげたと。
たったこれだけの事だが、俺は物凄い興奮してしまったw
どうやら俺は重度のNTR属性らしいwww