なんでも言うことを聞くドM熟女

この体験談は約 5 分で読めます。

50過ぎた綺麗な熟女を性欲処理女にすることに成功しました。
むっちりした体つきで、50過ぎてるのに膝上のタイトスカートを穿き、薄化粧で爪も綺麗に手入れしてセクシーでおしゃれな熟女です。
毎朝通勤で顔を合わせるのですが、最初声かけた時は警戒されたものの、50過ぎて女として見られるのが嬉しかったのと、ドMな性格だったせいで、意外に呆気なく堕ちました。

年齢は54歳、子供は二人いて、二人とももう就職して家を出たとのこと。
旦那は来年定年だとか、もう愛情だとかそんなのはもう今さら無いとか。
だからよほど嬉しかったようで、本当にもう好きなように扱っています。
熟女の方も、この年になってセックスの楽しさを分かりだしたと言ってました。
何せドMだから、雑で好き勝手な扱いをされるのが嬉しいようです。

毎朝駅で会うので、朝からムラムラしてどうしようもない時は駅のトイレの個室に連れ込んでセックスします。
ディープキスしながら豊満な胸を揉み、便器に手をつかせてから、慌ただしく垂れ気味の巨尻を丸出しにしてやると、もう濡れ濡れでスタンバイOK。
そのまま立ちバックでぶち込み、むちゃくちゃに腰を振って膣内にぶちまけ、そのまま下着を戻して精液を膣内に蓄えたまま電車に乗らせて出勤させます。

そんなことを繰り返していたらM開花してしまったようです。
それも段々と大胆になり、バックでハメたまま個室から出て洗面台まで移動して、そこでバコバコしたりもしてました。
誰か入って来たら終わりです。
それをわかっていた熟女はいつもより激しく、床に滴るくらいに濡らし、びっくんびっくんしながら絶頂していました。

全裸にしてやったこともあります。
恥ずかしがりつつもやたら激しく喘ぐので、熟女の下着を口に突っ込んでヤリました。
早朝の田舎駅とはいえ、よく人に見られなかったと思います。

去年の夏ですが、二人で沖縄の離島に旅行しました。
今回も俺を喜ばすために頑張ってくれました。

夏の南国と言えばもちろんビーチ、水着です。
50半ばの女が着るのも恥ずかしいビキニを着用させました。
面積の小さいやつです。
色白肌で豊満な胸と尻は小さな水着で辛うじて隠され、俺好みに程よくくたびれたお腹が丸出しの水着姿を見ていると、すぐに勃起してしまいました。
有名ではない離島なので海水浴場と言っても人は少ないですが、居ることは居ます。
熟女は恥ずかしがりますが、もちろん隠すことは許しません。

「還暦近い女が、はしたない水着姿を晒しやがって」

そう言ってやると、ドMな熟女は早くも恍惚の表情を浮かべます。
そんな熟女を海に連れ出し、肩ぐらいの深さのところで浮き輪に掴まらせて後ろから身体中を触りまくってやりました。
浜にいる人は少ないですが、海に入っている人はもっと少ないので気付く人はいないと思いますが、それでも人が居る状況というのに二人とも興奮が高まりました。

少ないけど人がちらほら居る状況で、水着をずらして後ろから勃起を挿入してやりました。
人が見たら恐らくイチャイチャしてるだけのように見えると思いますが、海中ではバッチリ挿入し、豊満なおっぱいも水着をずらして乳首をひねりながら揉みまくりです。
熟女は口を押さえて必死に声を我慢していましたが、「ん、ん」と僅かに漏れてたので、近くに来たらバレる状況だったと思います。

このまま射精してしまうのは勿体なかったので、挿入を一旦抜いて、泳ぎ(歩き?)ながらビーチの端の、またその先にある岩場の向こう側まで移動し、岩場に上がり、全く人が居ない場所でお互い全裸になりセックスしました。
人が来ないと思っていたのですが、驚いたことに立ちバックでパンパンしながら何気に周りを見ると、2挺のシーカヤックが近くにいて、乗ってる男の人が二人こちらを見ていたのです。
マズいと思ったのですが、射精間近で高ぶっていたし、熟女も気付いていなかったので、(もういいや、見せつけてやれ!)と自棄気味にラストスパートし、熟女がイッたのを見ながら、俺は熟女の中にビュルビュルと大量にぶちまけました。
男たちにはフィニッシュを最後までしっかり見られました。
挿入したまま余韻に浸ってる間にカヤックは居なくなっていましたけど・・・。

旅行ではヤリまくるのが目的だったので、夜もホテルに戻ってたっぷり楽しみました。
とはいえ、ベッドでするのも普通で面白くないのでベッド以外でドMの熟女を苛めてあげました。
夕食前にシャワーを浴び、ガウン姿のままベランダに出て、リゾートチェアに座りビールを飲みながら海の景色を楽しみつつ、熟女にガウンを脱がせ全裸でいるよう命令します。
海岸沿いは遊歩道になっているので、人が歩いていると見られる可能性もあり、「お願い、ガウン着させて」と懇願されますが、もちろん無視。
しばらくすると熟女は腰のあたりをモジモジさせ始め、顔が明らかに上気しています。
何もせずとも、この状況で濡らしていました。

「なに濡らしてんだ、この変態!」

そう言ってやると熟女はチェアから立ち上がり、「あぁ・・・もう、お願い・・・」と言いながら俺のガウンの前を開き、勃起にむしゃぶりついて来るのです。
ドM熟女は猛烈なフェラで俺の勃起を濡らすと、リゾートチェアに座る俺に自ら跨がり、勃起を掴んで腰を落としました。
海岸から見たらセックスしてるのが丸見えのはず。

(恥ずかしくないのかこのドMは!)

そう思いつつ、じゅぽじゅぽといやらしい音を立てながら勝手に腰を振る熟女を見ながら悠々とビールを飲んでいたら、熟女はものの数分で絶頂してしまいました。

「なに勝手に挿れて勝手にイッてんだよ」

「ハア、ハア、ご、ごめんなさい・・・」

ちょうど尿意を催していたので、ドMに相応しい罰を与えることにしました。

「ションベンしたくなったから、トイレまで行くのめんどくせーし、飲めよ」

「ああ・・・はい・・・」

熟女は俺の勃起を咥えたので、そもまま思う存分小便を放出してやりました。
ビールを飲んでいたのでかなりの量が出ましたが、熟女は少しこぼしながら、ほとんど飲んでいました。

尿道に残っている小便を絞り出させたり、自分でつけた淫汁を綺麗に舐め取らせてたら、そろそろ夕食時間が来たので、ホテル内のレストランに向かいました。
レストランに向かうときは、キャミソールにミニスカートという、これまた50を遥かに越えた女にはこの上なく恥ずかしい服装をさせました。
キャミソールを押し上げる豊満な胸は谷間がくっきり目立ち、ミニスカートからはムッチリした脚が上の方まで丸出しで、これだけでも勃起ものです。
50過ぎとはいえキレイな女だから、これだけこんな服装が似合う熟女はそうはいないと思えるのです。
すれ違うオヤジどもにも、良い目の保養になったのではないでしょうか。

そして、リモコンバイブはドMな熟女を苛める必須アイテムです。
もちろん挿入済みでレストランに向かいます。
途中、人とすれ違う時に、スイッチONしてやると身体をビクンとさせ、ヨロヨロと変な歩き方に変わるのが楽しく、すれ違う人も「?」な目で熟女を見ていました。
熟女が小声で、「やめてぇ・・・」と言ってましたが、目や表情は明らかにチンポをぶち込まれた時の欲情したメスの顔になっていたし、こんな楽しい事をやめるわけありません。

食事はバイキング形式で、一旦席について、熟女に一人で食べ物を取りに行かせ、俺はビールを飲みながらリモコンを弄り、食べ物を取りながら身体をビクビクさせる熟女の反応を楽しんでいました。
席に戻って来た熟女の顔は紅く、明らかに上気していて、食事よりも今すぐセックスしたいと顔に出ていました。
しかし俺は腹が減っていたし、散々焦らしてやろうと思っていたので、欲情した熟女を無視して自分の食べ物を取りに行き、飲食しながら時々リモコンを弄っていました。
熟は性欲が支配していたためか、あまり食事が進んでない様子。

「食べないと、体が持たないぞ。後でさんざん可愛がってやるから食えよ」

そう言ってやると、ようやく箸を進め出しました。
可哀想なので一旦リモコン遊びは中止です。

このあと、宣言通り、たっぷり熟女で遊んでやりました。